ママはおならしたことないってほんと?〈お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2022年5月6日付 東京新聞朝刊)

blank

お父ちゃんやってます!加瀬健太郎

 「ママは、おならしたことないっていうんだけど、女の人だってするよね?」。日曜日の朝6時から、次男と三男がくだらないことを聞いてくる。

 「いや、しないんとちゃうか」と妻の手前答えた。すると次男が、「まえしてたじゃん? パパも聞いたでしょ?」といってくるので、「あれか? あれは『へ』じゃない。『ぺ』や」といった。「『ぺ』ってなに?」と次男。この熱心さで勉強してほしい。

 「『ぺ』は『へ』より少しいいもんや」と適当に答えると、「なにがいいの?」としつこい。「そりゃ、においがいい。あと、音もかわいい。それが『ぺ』や」といったけど、2人とも疑った目で僕を見ていた。

blank

 そんな小さなうそをつく妻を愛してやまないのが三男。四男という強力なライバルを得てから、ママを自分だけのものにしようと、必死になっている姿がいじらしい。

 このまえも、三男はおもちゃの剣を持って、妻の周りをぐるぐる回りながら、「お姫様をまもらなくては」といった。お姫様が妻だということに気づくのに、妻も僕も時間がかかった。

blank

 またある時は、妻の肘の皮を引っ張って、「ママがおばさんになってしまう」と悲しんでいた。妻が笑って「ママはもうおばさんだよ」というと、「じゃあ、ママ、おばあさんになって、しぬの?」ともっと悲しんでいた。

 先日、久しぶりに家族で静岡県の伊東温泉まででかけた。チェックインを済ませてエレベーターに乗ると、安心したのか妻が不意に「ぺ」をした。次男は妻のそれのことを「おぺぺ」とよんでいる。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。最新刊は「お父さん、まだだいじょうぶ?日記」(リトルモア)。このほか著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(同)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。11歳、9歳、5歳、1歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

2

なるほど!

15

グッときた

1

もやもや...

1

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ