次男が朝から漫画に夢中 遅刻するで…〈お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2021年5月7日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

お父ちゃんやってます!加瀬健太郎

写真 笑顔の四男

 生後6カ月の四男が「ずりばい」をはじめた。知らない間にはってきた四男が、僕の足をかんでこっちを見て笑っている。最高にかわいい。

 この春から小学3年生になった次男は近頃、ご飯の時以外はだいたい漫画を読んでいて、声をかけても返事もしない。

 今朝もベッドでくすくす笑って「天才バカボン」を読んでいた。「学校に行く準備してから読めば?」と言って漫画を取り上げると、すねてトイレに入ったまま出てこない。

写真 漫画を読む次男

 そおっと様子をのぞいてみると、便器に座って「ドラえもん」を読んでいた。「遅刻するで」と注意すると、急にきばったふりをして、「今、トイレしてんの」と生意気に言い返してくる。

 どうにか着替えを済ませた次男が、やっと食卓に着いたと思ったら、「宇宙の最初って、どんなだったのかな?」とスケールのでかいことを言ったり、食卓のバナナを見て、「大きなバナナの皮があったら、スキーみたいにすべれるかな?」と言ったり。

 しまいには、「どうして恐竜は小さい方が賢いのかな?」と言って箸を放り出し、恐竜の図鑑を読みだす始末。いいかげん次男の相手に疲れた僕がうなだれていると、「あんたもあんな感じやで」と妻が言った。

写真 手前から次男、長男、三男

 長男はさっさと準備して、とっくに小学校に行ったのに、次男は朝ごはんを食べながら、「バカ田大学の後輩がよくバカボンのパパの家に来るけど、先輩も来たの知ってる?」とうれしそうに聞いてきた。

 どんな先輩かすごく興味はあるけど、そろそろ学校に行ってください。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。最新刊は「お父さん、まだだいじょうぶ?日記」(リトルモア)。このほか著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(同)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。10歳、8歳、3歳、0歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ