悩んでいる子どもたち、LINEで相談してね! 弁護士有志が相談窓口を開設

子育て世代がつながる
 休校や外出自粛が続く中、勉強や経済面の不安を感じたり、親からの虐待に苦しむ子どもの相談に応じようと、弁護士有志がLINEの相談窓口を開設した。6日まで毎日実施する。

 対応するのは第二東京弁護士会・子どもの権利に関する委員会に所属する弁護士21人。家庭に居場所がない子にとって逃げ場である学校や友人関係が失われている現状に危機感を持ち、子どもが利用しやすいLINEで気軽に相談してもらおうと開設した。

 これまで、親に怒られて苦しんでいるという悩みや、学校が休校となって心配だなどの相談などが寄せられたという。対象は主に10代の子どもを想定しているが、子ども関連であれば保護者からの相談にも応じる。

 相談できるのは毎日午後4時から7時。LINEのアカウント名「弁護士子どもLINE相談@TokyoⅡ」かID「@154irqux」で検索し、友だち追加すると質問を送れる。無料で、匿名での相談も可。急ぐ場合には24時間対応の子どもSOSダイヤル=(0120)078310=へ。

あなたへのおすすめ

PageTopへ