孤立する子どもたちへ「ブックバス」が無料で本を贈ります 立川で24日に頒布会

岡本太 (2022年12月22日付 東京新聞朝刊)
blank

12月24日に配布会を開く移動式本屋「ブックバス」=バリューブックス提供

 不登校や引きこもり、ニートなどで孤立する子どもや若者に社会とつながるきっかけをつくってもらおうと、移動式本屋「ブックバス」による無料の本の配布会が24日、東京都立川市で開かれる。小説、エッセー、絵本など子どもや若者向けに選ばれた書籍約2000冊の中から好きな本を持ち帰ることができる。

絵本や小説など2000冊

 長野県上田市の古本買い取り販売「バリューブックス」が、プログラムの趣旨に賛同して本を売ってくれる人を募集したところ、572人が協力。立川市で若者支援などに取り組むNPO法人「育て上げネット」と連携し、配布会を開くことになった。当日はブックバスに2000冊の書籍が積み込まれ、子どもや若者に届けられる。

 配布会は午前10時~午後3時、立川市高松町2の駐車場「システムパーク立川高松町2丁目」で。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年12月22日

0

なるほど!

2

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

あなたへのおすすめ

PageTopへ