大人は口出し禁止「ミニカワサキ」子どもが主役のまちづくりイベント 市長に選ばれた12歳「女の子でもやれる」

安藤恭子 (2022年10月13日付 東京新聞朝刊)
blank

即席の麺を作って提供する子どもたちのお店=川崎市高津区で

 「ミニカワサキ」と名付けられた「こどものまち」をつくって楽しむイベントが9、10両日、川崎市高津区子母口の橘公園で開かれた。2日間で延べ500人を超える子どもたちが参加し、独自通貨を使ったお店の運営やまちでの買い物を楽しんだ。

3年ぶりリアル開催 独自通貨で店を運営

 ミニカワサキは、子どもたち自らまちを運営するドイツ・ミュンヘン発祥の「こどものまち」プログラムにならい「大人は口出し禁止」がルール。横浜市内の実践を参考に川崎では2018年に始まり、新型コロナウイルスの影響で過去2年はオンラインで実施。3年ぶりのリアル開催となった。

 参加者は入り口で500円を支払い、ミニカワサキの「市民」に。店番や商品づくり、会場清掃、小さい子の案内係など好きな仕事を選んで独自通貨「ミニK」を獲得。まちの中の駄菓子屋やアクセサリー屋での買い物、ゲームやスライム作りを楽しんだ。

 射的屋の店長を務めた東住吉小4年の川口岳さん(10)=中原区=は「自分でやりたいと思って、他の子と一緒にお店を考えた。楽しんでもらえてうれしい」と話した。

「男女の昔からのイメージを変えたい」

 4人が立候補した市長選挙も実施。投票の結果、宮崎中1年の三田光莉(ひかり)さん(12)=宮前区=がミニカワサキ市長に選ばれ、「市長イベント」としてビンゴ大会を仕切った。「女の子は専業主婦、男の子は仕事という昔からのイメージを変え、女の子でもやれると示したかった。来年も来てもらえるようなまちにしたい」と意気込んでいた。

 実行委員会の菱倉英一副代表(50)=中原区=は「親から言われてやるのと違って、したい経験を子どもが自分でつかめる機会。子どもの『やってみたい』につながれば」と話していた。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年10月13日

1

なるほど!

0

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ