東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

〈清水健さんの子育て日記〉10・息子よ、どこで覚えたのか「実況中継」

  (2019年3月8日付 東京新聞朝刊)

清水健さんの子育て日記

写真

ランニングの格好をして息子と2人準備運動

 朝の5時、布団の中でゴソゴソと。これは起きてるな。わかっているんだけど、ごめん、もうちょっと寝かせて。30分ぐらいかな、息子はもう限界、「パパ!」と耳元で、元気な声で。僕にとってはあっという間でも、息子にとっては長い時間だったんだろう。布団から出てリビングに。「まだお外は暗くない?」のパパの言葉に、「見てて、もう少ししたら明るくなってくるから」。その通りです。

 早寝早起き、いいことなんですが。仕事先に「寝たよ」と僕の留守中、息子を見てくれている母親から連絡が入る。「えっ、まだ夕方の6時だよ」。となると翌朝はまた5時だ。このサイクルが今の息子の生活リズム。いいことなんです(笑)。息子の元気さについていかなくちゃ。

 一応、僕はフルマラソンを3回完走していますが、今は完全に運動不足。体を動かそう。でも、一人じゃ続かないから、息子に「一緒に走ろう」って言ったら、あまりその意味がわからなかったと思うけど「うん、パパ、一緒に走ろう」。うれしいじゃないか(涙)。息子とランニング、こんな時がくるなんて。

 「靴を買いに行こうか」。格好から入るのは、パパお得意の準備体操。地面に靴がつくとその振動で光る靴。青の模様に虹色のライトが点滅する。「かっこいいぞ!」。その言葉に4歳の息子は大喜び。2人でさっそうと街へ飛び出す。

 するとどこで覚えたのか、走りながら息子が「今、パパは僕の前を走っています」「今度は、パパが遅れました」。えっ、実況付き。まだ語彙(ごい)は少ないけど、見たものそのままをしゃべる。これってアナウンサー新人時代に練習したことだ。「風がいつもより大きな音で聞こえます、なぜなんでしょう」「影が僕たちの前を走っています」。うんうん、そこにあるものを伝える。実況練習でパパがなかなかできなかったこと。伝えるってこういうことかって妙に納得。親子でフルマラソン。まだ先だけど、そんな日がくるんかな。ゴールしたら泣きます。間違いなく。

 6年前になるのかな、沿道でフルマラソンを走る僕を応援してくれたよね。もしその時がきたら、今度心配するのは、息子なのか、パパなのか、どっちだー。息子の手を握って、今日のランニングは終了。汗ばむ小さな手。「パパ、明日も走ろうね」、うん…、パパはちょっと筋肉痛だけど。(フリーアナウンサー)

しみず・けん 

1976年、堺市生まれ。2001年、読売テレビ入社。13年5月に結婚し、14年に長男誕生。約4カ月後に妻を亡くす。17年1月に退社、現在は主に講演活動を中心に活躍する。著書に「112日間のママ」(小学館)、「笑顔のママと僕と息子の973日」(同)。