〈古泉智浩さんの子育て日記〉7・延々続くやりとりは大変だけど…会話のリズムは完璧!

(2019年9月27日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

写真

写真

「にいにい」の背中を見つめるぽんこちゃん

「にいにい、おいで~」と手をグーパー

 1歳半のぽんこちゃんは里子です。養子で5歳の兄・うーちゃんのことを「にいにい」と呼びます。「にいにい、おいで~」と、兄に向かって手をグーパーします。手招きをしているのです。「おいで~おいで~」。そう言って、長座布団に寝転んで自分の隣のスペースを手でたたきます。うーちゃんが応じることは、あまりありません。


〈前回はこちら〉6・誕生日に贈った傑作映画のラインナップは?


 うちのおもちゃは男の子用ばかり。ぽんこちゃんもジープやバスのおもちゃを床に走らせて遊んでいます。元々誰かからのお下がりで、部品がなかったり汚れていたりしたのが、うーちゃんが乱暴に遊んだことでさらに壊れてしまいました。ぽんこちゃんが楽しそうに遊ぶので捨てられずにいます。

「あかちゃんは?」「持ってるでしょ」

 先日行った親戚の家は、女の子の2人きょうだい。ぽんこちゃんは、アンパンマンのキャラクター「あかちゃんまん」の縫いぐるみをとても気に入り、「あかちゃん」と呼んでいとおしそうに抱えて離しません。もう遊ばなくなったからいいよと、もらってしまいました。カレーパンマンの人形は「きいろ」と呼んでいますが、断然あかちゃんまんがお気に入りで、僕に「あかちゃんは?」と聞きます。

 「ぽんこちゃんが手に持ってるでしょ」

 「きいろは?」

 「床にあるよ」

 「アンパンマンは?」

 「パパの部屋だよ」

 「あかちゃんは?」

 「手に持ってるでしょ」

 「あ! あかちゃんだ」

 ずっと持っていたし、さっきから指摘しているのに、今初めて気付いたかのようです。こんなやりとりが延々と続きます。非常に面倒くさいのですが、受け答えすることで言葉を覚え、会話のやりとりの練習になるのだと思うとむげにできません。

1歳半の女子でも「ときめく」とは!

 ぽんこちゃんは、会話のリズムが最初から完璧です。うーちゃんに「玄米フレーク食べる?」と聞くと、うーちゃんは無視しているのに、ぽんこちゃんが完璧なタイミングで「うん」と答えます。ただ、それが本当かどうかは別問題で、用意しても全然食べないこともあります。

 この間、デパートの子ども用品フロアの休憩コーナーで、ぽんこちゃんのオムツを交換することにしました。フロアに到着した途端、僕の手を振り払って、かわいらしい子ども服の前に走っていきました。女の子の心をときめかせる場所であることが1歳半にして瞬時に分かることに驚愕(きょうがく)しました。(漫画家)

あなたへのおすすめ

PageTopへ