〈古泉智浩さんの子育て日記〉9・2人のベッド狂騒曲 シーツはめちゃくちゃ、さらに事件が…

(2019年12月13日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

写真

写真

僕のベッドで騒ぐ、うーちゃん(左)とぽんこちゃん

『となりのトトロ』に大ハマリ

 もうすぐ2歳になる里子の女の子・ぽんこちゃんは映画『となりのトトロ』に大ハマリ中です。「トトロみる」と言って毎日繰り返し僕の部屋でブルーレイで見ています。

 一人だとおとなしく画面を眺めているのですが、5歳の養子の男の子・うーちゃんがやってくると興奮して映画どころではありません。一緒にベッドに上っては、跳びはねるお兄ちゃんの横で、まだその場でジャンプができずに足をジタバタさせています。


〈前回はこちら〉8・「ジャンパー着ると寒い」 5歳児の理不尽さに困ってます


 お兄ちゃんがベッドから床に敷いている布団にジャンプすると、ぽんこちゃんもベッドから床に下りようとして、大股で階段を下りるように落ちて転びます。特に受け身を取るわけでなく、ハラハラしますが、痛がるでも泣くでもなく起き上がって笑ってまたベッドに上がります。ベッドの横に掛け布団を丸めてクッションにしています。

『ポンポコリン』デタラメ熱唱

 ひとしきりベッドでの大騒ぎが終わると、ママを大声で呼びます。うーちゃんとぽんこちゃんが布団に隠れているとママがやってきて「あれ? うーちゃんもぽんこちゃんもいない。どこに行ったんだろう?」ととぼけます。布団の中からは2人のクスクスする笑い声が漏れています。

 「わー!」と勢いよく布団をはね上げてうーちゃんとぽんこちゃんが現れると、ママが「あーびっくりした。そこにいたのか~」と小芝居をします。それを見た、うーちゃんはベッドに上がってアニメちびまる子ちゃんの主題歌『おどるポンポコリン』をデタラメな歌詞で「じーただびーただ、だっだぱらかー」と両手を振って絶叫しながらぴょんぴょん跳ねます。

急に立ち止まったうーちゃんが…

 ベッドのシーツがめちゃくちゃになるのでいいかげんにしてほしいのですが、その日は騒いでいるうーちゃんが急に立ち止まって口に手を当てたかと思うと、夕食で食べたものが口から出てきました。足元のシーツにボタボタと垂れるので、慌てて近くにあったバスタオルを重ねて、そこに出すように言いました。興奮しすぎて戻したようです。

 その後、おばあちゃんとお風呂に入る時間だったので、そのままお風呂に行くように言いました。いつもは「今は戦いをしているからダメだ」とか理屈をこねてなかなか入らないのに、お風呂場に一直線に向かい、脱衣場でパパッと服を脱いで、おばあちゃんが来る前にもう湯船につかっていました。やればできる子です。あまりにいい子で驚きましたが、よっぽど恥ずかしかったようです。(漫画家)

あなたへのおすすめ

PageTopへ