男の子を「男らしさの呪い」から解放する育て方とは? 弁護士・太田啓子さんが書いた「これからの男の子たちへ」が反響

子育て世代がつながる

写真「これからの男の子たちへ」

 性差別や性暴力に詳しい太田啓子弁護士(44)が、男の子を育てながら感じたことをつづったエッセイ「これからの男の子たちへ 『男らしさ』から自由になるためのレッスン」を出版した。男の子は乱暴なことをしても「やんちゃ」と言われるくらいで深刻な問題だと認識されないまま、「有害な男らしさ」に染まり、性差別的な社会を再生産しているとして「性差別をなくすために、男の子の育て方こそが大事」と語る。

▶太田啓子さんインタビューはこちら

「男なら耐えろ」世にあふれる性差別を自覚するために

 太田さんは弁護士としてDVの離婚事件やセクハラ問題などに取り組みつつ、職場や学校、家庭など日本社会のあらゆる場面に存在する性差別や性暴力に関心を寄せてきた。一方、私生活で小学生の男の子2人を育てる中で、人気アニメに「男なら耐えろ」といった性差別的な表現がさらっと使われるなど、よちよち歩きのころから男の子が性差別的な価値観にさらされていると痛感した。

イラスト

「これからの男の子たちへ」の挿絵(イラスト:マシモユウ)

 社会から性差別をなくすには、男の子を性差別に自覚的な男性に育てることが必要だと考えた太田さん。性差別に気付かせるため息子にどんなふうに声を掛けているかや、男の子に知ってほしい性の知識などをエッセイ「これからの男の子たちへ」にまとめた。

対等なコミュニケーションには「感情の言語化」が必要

 男の子が少しくらい乱暴でもまあいいか―。「これからの男の子たちへ」では、その積み重ねによって男の子は力がものをいう人間関係のつくり方を身に付け、弱音を吐けなかったり女性より上のポジションでなければ気が済まなかったりといった「有害な男らしさ」につながると指摘する。

イラスト

「これからの男の子たちへ」の挿絵(イラスト:マシモユウ)

 そこから自由になるための鍵として「感情の言語化」に着目。恐怖や不安などの気持ちを言葉で表現することは、他人に共感する力につながり、女性を含めて他者と対等な立場でコミュニケーションするためには不可欠と考えるからだ。太田さんは息子が少しでも気持ちを言葉にしたら、「分かるー!」と共感していることを大げさにアピールし、言語化を促していると明かす。

「自分はレイプしない」ではなく、性差別の構造を知る

 メディアの性表現の読み解き方や、セックスをする前に男子に知ってほしいこと、セクハラをどう教えるかなど、男の子の子育てに必要な情報がぎっしり。SNSでは、子育てに悩む世代を中心に「モヤモヤしていた部分が整理できた」などと反響が相次ぐ。

 ただ、一番読んでほしいのは、中高生の男の子たちという。「男らしさの呪いから自由に生きてほしい。そして『自分はレイプしないからいい』ではなく、性差別構造の中でマジョリティー(多数派)の特権を持っていることを自覚し、性差別や性暴力にあらがってほしい」とエールを送る。大月書店、税別1600円。

〈関連記事〉「男子ってバカだよね」の積み重ねが性差別社会をつくる 10代に読んでほしい「これからの男の子たちへ」太田啓子さんインタビュー

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ