『「3+1=5」にマルをつけた数学者』に反響 「算数だけの話ではない」「長い目で子どもの成長を信じている」

(2021年7月9日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
図解 子どもの誤答、どう考えたの? 谷口隆さんの娘が小学2年生の頃の実例から 「250mm=70cm」と答えた娘に 「どうやって考えたの?」 「250を200と50に分けたの」 「それで?」 「200mmは20cmでしょ?」 「うん」 「だから、20+50で70cm!」 なるほど、50mmの方は5cmに直さずに足してしまったのか ↓ 考え方の道筋は正しかったこと、どの部分で間違えたかが分かる ↓ 適切なヒントを出せる

谷口さんと娘のやりとり。誤答でもよく聞くと『へ~、そんなことを考えていたのか』と感心することも多いという

 『「3+1=5」にマルをつけた数学者が語る、子どもの算数の見守り方』という記事を先月公開しました。誤答に○を付けることの是非も含め、投稿欄やツイッターで議論が活発化しています。

 取材した神戸大大学院教授の谷口隆さん(44)は2児の父。「間違いのプロセスを子どもから丁寧に聞き取ることが大事」という姿勢に、「親も子も忙しく、早く早くと焦るように勉強してしまいがちな今、大事な視点」と反響がありました。

 算数でつまずき文系に進んだという読者は、「『ここまでは分かってる』の助言があればやる気が出せた。子ども時代にそのサポートがあれば違ったのかも」と振り返ります。

 保護者からは、「どんなふうに考えたの?と聞くと、子どもは一生懸命、得意げに説明してくれる」との投稿も。中には「算数だけの話・問題だけではない」と、子育て全般に広げて考えてくれた方もいました。「子どもの考えを最後まで聴くこと。ジャッジではなく、『こういうことかな?』と子どもの思考や思いをわかろうとするスタンスが、自分の考えを持ち、さまざまな感情を親や周りの人に伝えられる子育てにつながる」とつづります。

 22歳の読者は教育全般の視点から、「目の前のことを0か1か(正解か不正解か)で判断せず、長い目で見て子どもの成長を信じている姿勢がとてもすてきです。このような思慮深い教育はAI(人工知能)には難しいのでは」と指摘。人間である親や先生だからこそ交わせるやりとりを、大切に楽しみたいと感じました。 

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ