発達障害「グレーゾーン」の子にも効果 心の問題への対処法を学ぶ学校プログラムに注目

長田真由美 (2021年11月26日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

「楽しいことを探す」授業の導入に使われる漫画 ©Shin-ichi Ishikawa&Yoko Kamio

 発達障害の特性は認められるのに、医学的な診断がつかず、適切な支援を受けにくい子たちがいる。「グレーゾーン」といわれる状態で、生きづらさを感じる場合も多い。そうした中、専門医らが考えた、心の問題への対処法を学ぶ学校プログラム「こころあっぷタイム」が注目を集める。グレーゾーンの子を含め、全ての子がストレスに適応する力「レジリエンス」を身につける効果があるとされる。

通常学級の6.5%に発達障害の可能性

 発達障害は、生まれつき脳の発達に偏りがある状態だ。対人関係が苦手、こだわりが強いなどの自閉スペクトラム症(ASD)、落ち着きがないといった注意欠陥多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)などがあり、それぞれに診断基準が設けられている。

 発達障害クリニック(東京)院長の神尾陽子さんによると、こうした診断がつかないのが、グレーゾーンだ。発達障害の特性がいくつかあっても基準を満たさないためで、本人は生きづらさを、保護者は子育ての悩みを抱えることも多い。文部科学省の2012年の調査によると、発達障害の可能性のある子は通常学級に推定6.5%。実際にはもっと多いとされる。

小学4~6年「ストレス軽減」を学ぶ

 発達障害の特性の現れ方は非常に多様だ。神尾さんによると、グレーゾーンの子も同様だが、診断がついておらず、医療で手助けすることは難しいため「教育や福祉の分野で支援をするのが理想」と話す。

 そこで注目したのが、学校だ。神尾さんらと「こころあっぷタイム」を開発した同志社大教授の石川信一さん(42)によると、主に小学4~6年が対象で計12こま。現在心の問題を抱えているグレーゾーンの子ども、今後抱えるかもしれない子どもが一緒になって、困難に直面した際にストレスを軽くするスキルを学ぶ。

 基になっているのは、うつ病や不安障害などの治療で用いられる認知行動療法だ。例えば「楽しいことを探す」の授業。子どもが興味を持ちやすいよう、まずは浮かない顔の少年が出てくる漫画を見せ、「ちょっぴりウキウキを探そう」と教師が呼び掛ける。タブレット端末で好きな曲を聴く、声を出して歌う―など答えは何でもいい。友達と自由に考えを言い合いながら、何をしたら自分の心が元気になるかを知っておくことで、いざ落ち込んだときに対処できるというわけだ。

導入した学校で「自信が高まった」

 2016年度に導入した京都、岐阜、埼玉の8小学校、24通常学級の子どもに対し、石川さんらは「小さな失敗について、くよくよ考える方だ」「やりたくないことでも一生懸命やる」など18項目の調査を実施。「はい」から「いいえ」までの4段階で答えてもらったところ、授業前より自信が高まった子が増えていた。別の25問からなる調査からは、情緒面や行動面などで落ち着きが増す傾向もうかがえた。

 「こころあっぷタイム」は本年度、京都府や滋賀県などの38校が取り入れた。神尾さんは「一生で一度もメンタルヘルスの問題を経験しない人はいない」と活用を促す。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    すてき。発達障害児に限らず、人間みんな嬉しいこと、楽しいことよりもネガティブなことに注目してしまいがちな生き物。意識して嬉しいこと楽しいことを探すのは良いですね。認知療法的効果もありそう。

あなたへのおすすめ

PageTopへ