トランスジェンダーのわが子を守るため「ちばLGBTQフレンズ」を設立した母親の思い 親の理解が子どもの安心の土台

鈴木みのり ( 2022年5月12日付 東京新聞朝刊)
写真

設立5年目を迎えた団体「ちばLGBTQフレンズ」の沼倉智美代表=千葉市で

 LGBTQ(性的少数者)の子どもやその家族を支える団体「ちばLGBTQフレンズ」(千葉市若葉区)が設立から1月で5年目を迎えた。自身もトランスジェンダーの子どもを持つ沼倉智美代表(45)は「誰もが性別にとらわれず、自分らしく生きてほしい」と願う。社会の理解も深めるため、最近は活動の幅を広げ始めた。

学ラン着用、2年かけて交渉

 「自分は男の子。女の格好は嫌だ」。沼倉さんの高校1年の子ども(15)は女性として生まれたが、2歳の時に性への違和感を訴え始めた。当初、沼倉さんは受け入れられず、嫌がる子どもに女の子用の洋服を着せていた。「いじめられるのではないかと不安で、体の性別に戻ってほしいという気持ちがあった」と振り返る。

 だが、子どもが周囲から「男なの、女なの」と戸惑いの目にさらされるのを見た時、「子どもを守らなければ」と思い直した。中学校に入学する際は、学校側と2年かけて交渉し、学ラン着用を認めてもらった。

 「性に違和感を持つ子どもが困った時、当事者同士で助け合いたい」と、2018年1月には団体を設立。2、3カ月に1回開く交流会には、毎回約30人が参加し、本人や家族が悩みを語り合う。

困り事の事例集を作りたい

 最近は、当事者だけでなく、LGBTQが抱える問題に理解のある人「アライ」の参加も受け入れるようになった。昨年8、9月には、当事者らが彩色したTシャツの展示を行い、延べ約50人が訪れた。現在は、本人が抱える困り事をまとめた事例集の作成を検討中だ。

 沼倉さんは「親がLGBTQについて理解することが子どもの安心の土台になる。子どもも親も楽しく生きてほしい」と話す。次回の交流会は6月12日午前10時から、同区で行われる。問い合わせや参加申し込みは沼倉さん=電話090(4171)0500=へ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年5月12日

0

なるほど!

2

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ