コーチも保護者もいない「子どもだけで運営するサッカー大会」それは大人も学ぶ場だった

吉岡潤 (2024年4月11日付 東京新聞朝刊)
写真

作戦ボードを見ながらメンバーやフォーメーションを話し合う子どもたち(写真は吉岡潤撮影)=いずれも神奈川県伊勢原市で

 「子どもたちの 子どもたちによる 子どもたちのための」とうたうサッカー大会が1~3月、神奈川県伊勢原市で開かれた。子どもたちが出場メンバーを決め、審判を務め、会場の設営や開閉会式の進行を担う。主眼は子どもたちの主体性を育むことにあるが、「大人も学ぶ場」と参加クラブの指導者らは声をそろえた。

伊勢原FCフォレストが主催、5回目

 5回目となる「FOREST SDGs CUP」を主催したのは、幼児から中学生が在籍する伊勢原市のクラブ「伊勢原FCフォレスト」。小学3~6年の学年別に対戦が組まれ、5年生大会は悪天候で中止になったものの、他の学年は別々の日に神奈川県内外のチームが集い、ボールを追った。

写真

試合をする選手も副審も、みんな子ども

 3月20日の4年生大会には、フォレストをはじめ、横浜市や相模原市などの神奈川県勢7チームと埼玉県草加市の草加遊馬(あすま)キッカーズが参加。開会式でフォレストのメンバーが試合の進め方を説明し、実戦に入った。

先発メンバーも交代も選手が決める

 ベンチにコーチは座らない。選手が先発メンバーを決め、戦い方や交代のタイミングを確認。「自分たちで決めるのは難しくもあるけど、みんなで考えるのは楽しい」と鶴ヶ峰サッカークラブ(横浜市)の金澤久基さん(大会時は同市立本宿小4年)。保護者はピッチから離れた場所で応援する。試合中はベンチで仲間を励まし、指示を送る子どもたちの声がよく響く。

 試合は3ピリオド制で、第2ピリオドが終わると双方の選手全員がピッチ中央に集合。審判を務めるフォレストのメンバーが進行役となり、互いに相手の良さと改善が必要な点を発言し合う。

写真

手を挙げて互いに相手チームの良さを発言し合う合同ミーティング

 「攻守の切り替えが速い」とほめたり、「もっと声を出した方がいい」とアドバイスしたり。フォレストの一場哲宏代表(51)は合同ミーティングを「サッカー仲間として高め合うため」と意義づける。

目先の勝利より、未来からの逆算を

 一場さんは大学時代、ドイツに留学し、サッカーの指導法を学んだ。湘南ベルマーレの巡回指導などで子どもたちを教え、2019年にフォレストを設立。「目の前の勝利より未来から逆算して今を考える。自分で考えて行動し、人生を切り開く力をサッカーを通じて身につけてほしい」と説く。

 フォレストでは日替わりのキャプテンが練習メニューを選び、練習後に子どもたちがその日に見つけた仲間の良さを発表する。大会は同じ理念の線上にある。

写真

表彰式で子どもたちの頑張りをたたえる一場さん

 毎回参加している鶴ヶ峰サッカークラブの本田晃仁(てるひと)副代表(51)は「子どもたちの発言を聞くと、成長に気付かされる。主体的な姿勢が引き出されている」と共鳴。自分たちの招待大会でも合同ミーティングを取り入れたという。

 草加遊馬キッカーズの水野寛之代表(35)も「子どもたちがどう考えているのか、仲間をどう見ているのかが分かる。子どもたちは僕の目を見ずに行動する。僕らも変化し、成長できる」と大会を評する。

保護者も実感「あれこれ言うより…」

 保護者にも発見が。相模原市の清新サッカースポーツ少年団の応援で訪れた北條めぐみさん(41)は「子どもたちの意外な面を知り、普段はよかれと思ってあれこれ言ってしまうけれど、見守ることも大事だと感じた」とうなずいた。

 「子どもは誰もが素晴らしい可能性を持っている。芽をつまず、伸ばしてあげることが大切」。一場さんはそう語り、ほほ笑んだ。

写真

開会式も子どもだけ。フォレストの選手たちが進行役を務めた

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2024年4月11日]

1

なるほど!

3

グッときた

0

もやもや...

1

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ