歌手・俳優 森崎ウィンさん おばあちゃんは涙を見せずに「日本で頑張りなさい」と…

(2022年7月17日付 東京新聞朝刊)
blank

ミャンマーの祖母との思い出を語る森崎ウィンさん(五十嵐文人撮影)

家族のこと話そう

ミャンマー語で「明るい」 祖母が命名

 10歳まで、ミャンマーのヤンゴンで母方のおばあちゃんと2人暮らしでした。「ウィン」はミャンマー語で「明るい」という意味で、おばあちゃんが付けてくれました。

 両親とも日本など海外で働いていて、母はぼくを産んですぐ日本に戻りました。当時、ぼくがミャンマーで比較的豊かな暮らしができたのは、両親が日本で頑張って働き、仕送りをしてくれたからです。ただ両親が家に戻ってくるのは、年に1回あるかないか。普段は電話で話して、たまに日本からおもちゃを送ってくれる存在でした。

英語教室を開き、慕われる「大先生」

 おばあちゃんは若いころ米国や日本で暮らしたことがあり、当時珍しかった英語教室を自宅で開いていました。地元では結構有名で、多くの大人が通っていました。社交的で、みんなから慕われているおばあちゃんは、ぼくの自慢。ぼくも生徒の皆さんに「あの大先生の孫だ」と、かわいがられて育ちました。

 普段は優しいおばあちゃんですが、ぼくが宿題をしない時など怒ると怖かったです。英語教室では、時にマドンナなどを歌いながら楽しく教えていて、ぼくが英語を話せるようになったのも、こうした環境のおかげだと思います。

 10歳の時、日本で弟を妊娠した母が出産のため一時帰国。ミャンマーの治安のことも考えてか、母は「日本で一緒に暮らそう」と言いました。

少し変わった家族かもしれないけれど

 最初、ぼくは「イヤだ。おばあちゃんと一緒にいたい」と言ったと思います。親しい人たちと別れ、知らない国に行く不安も大きかった。おばあちゃんは「日本はすごくいいところだし、楽しいよ。向こうで頑張りなさい」と言い、ぼくの前では一切涙は見せませんでした。

 後で聞くと、ぼくがいなくなって心にぽっかりと穴があいたようになり、立ち直るまで相当時間がかかったそうです。3カ月ぐらい仏教の修行のようなことをして、心を静めたそうです。

 東京で両親、弟との生活が始まりました。母は信念が強くて、まっすぐな性格。父は聞き上手で優しいです。最初、ぼくは日本語が分からず、小学校でいじめられたこともありましたが、徐々に友達もできて芸能界の道へ。おばあちゃんも、ぼくを自慢の孫ということで喜んでくれています。

 数年前、少し体調を崩したおばあちゃんのため、母だけミャンマーに帰国しました。政情不安などもあり、よく2人に電話しています。少し変わった家族かもしれません。でも、この家族に生まれた意味はあると思うし、この家族だからこそ今のぼくがいる、と強く感じています。

森崎ウィン(もりさき・うぃん)

 1990年、ミャンマー生まれ。「森崎」は芸名。中学2年でスカウトされ、芸能活動を開始。2018年公開のスティーブン・スピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー1」でハリウッドデビュー。20年、映画「蜜蜂と遠雷」で第43回日本アカデミー賞新人俳優賞。8月下旬~9月下旬、東京、大阪で開催されるブロードウェーミュージカル「ピピン」に主演。

26

なるほど!

239

グッときた

19

もやもや...

76

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 匿名 says:

    応援しています。

  • 匿名 says:

    以前、ドコモのCMで拝見して素敵な俳優さんだなと気になっていましたが、しばらくお姿を拝見していませんでした(私があまりテレビを見ないからなのですが)。
    先日、子どもと見ていた仮面ライダーの主題歌を歌っているのが森崎さんと知り、とても嬉しくなりました。
    これからも応援しています。

     女性 30代
  • 匿名 says:

    素敵なおばあさまですね。

  • 匿名 says:

    これからもテレビ等で拝見できるのを、楽しみにしています。

  • 匿名 says:

    先日、テレビで竹内マリアさんの「駅」を歌われており、初めて存在を知りました、この記事を読ませて頂き、貴重な経験をされたんだと、そして今があると、感謝ですね

     女性 70代以上
  • says:

    家族の在り方は少し違いがあります。良い俳優さんになりましたね!
    イケメンで真っ直ぐな清潔感ある青年と好印象です。これからも期待します!

    月 女性 60代
  • 匿名 says:

    素敵な記事でした。ありがとうございます。

  • surgeon says:

    松田聖子さんの監督での映画を拝見しました。素晴らしい演技に最初から最後まで引き込まれました。是非また新しい映画で観たい俳優さんだと思います。

    surgeon 男性 50代
  • 匿名 says:

    森崎ウィンさんの「蜜蜂と遠雷」とてもよい映画だと思いましたが、あの作品で新人賞を受賞されていたのですね。ミャンマー出身の学生のドラマも毎回楽しみに観ていました。スピルバーグの映画は知らなかったのでぜひ観ようと思います。これからもおばあさまを大事に思い、すてきなご家族と幸せに暮らしてほしいと願います。

     女性 50代
  • 匿名 says:

    心がポカポカ温かくなるお話でした。

  • くみちゃん says:

    家族に愛されて育ったことがよくわかります。まだ出演されている映画を見たことがありません。探して見るつもりです。

    くみちゃん 女性 70代以上
  • ばばばあちゃん says:

    ミャンマーの祖国を忘れないで、日本から世界で活躍する人になって、祖国の人のために希望の光になって欲しいですね。頑張ってね!

    ばばばあちゃん 女性 60代
  • まい says:

    ウィンさんが家族にとても愛されているし、ウィンさんも家族を大切に思う気持ちが良く伝わってきました。

    まい 女性
  • 匿名 says:

    ウィンくんの周りの方は、とても愛に溢れていますね。
    真っ直ぐな気持ちが心に響きました。
    記事から、今まで素敵な出会いがたくさんあったんだろうなと感じ取れました。

     40代
  • 匿名 says:

    ウィンくんを見ていると、愛情深いかたなんだろうなぁと感じていたのは、きっとご家族や周りの方からたくさんの愛情をうけてきたからなんでしょうね。

  • みこ says:

    家族の形はそれぞれですが、お互いを思いやる気持ちがいかに大切か、改めて気付きました。

    みこ 女性 50代
  • 匿名 says:

    ウィンさんが、弾き語りで歌う、おばちゃんの言葉を聴くと胸にジーンとくるものがあります。記事を読んで、ご家族との強い絆を感じます。

     女性 無回答
  • 匿名 says:

    10歳での大きな環境変化は苦労しただろう。送り出したおばあちゃんの気持ちをしっかり受け止めて日本で活躍するウィンくんの姿が眩しい。お母さんゆずりの信念の強いまっすぐな性格とお父さんゆずりの優しさはウィンくんそのもの。ミャンマーと日本、離れていても家族の強い絆を感じた。混乱が続くミャンマーだが、一日も早く安心して暮らせて会いに行けるようになってほしい。

  • 匿名 says:

    子どもの教育環境について悩むことがあるが、ウィン君の話を聞いていると、何が良くて何が間違っているとかではなく、どれだけ周りの大人に愛されて育ったかが大事なんだなと思った。
    素敵なお話をありがとうございます。

     女性 30代
  • 匿名 says:

    ウィンさんのご家族のお話、とても素敵でした。

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ