「敬老の日新聞」祖父母にありがとうを届けます

西田義洋 (2022年9月20日付 東京新聞朝刊)
blank

左から母親の佐藤圭代さん、樹さん、山崎啓一さん、佐藤梓さん=横浜市南区で

 大好きだよ。いつまでも元気でいてね-。敬老の日の19日、子どもたちが祖父母に感謝の気持ちを伝える「敬老の日新聞」が神奈川県内外に届けられた。

東京新聞 横浜神奈川専売会が企画

 東京新聞横浜神奈川専売会の企画。応募した子どもたちは祖父母の好きなところや楽しかった思い出、将来の夢とともに「ぜったいにながいきしてね」「いままでの思い出は一生わすれられない大切なたから物だよ」といったメッセージを寄せた。各販売店がラミネート加工して祖父母宅へ配達し、遠隔地には配達日指定で郵送した。

 応募作品のうち、最優秀賞には、横浜市南区の小学5年佐藤樹(なつき)さん(11)が選ばれた。樹さんは両親と妹の梓(あずさ)さん(7つ)、母方の祖父山崎啓一さん(78)の5人家族。啓一さんは大工の一人親方で、家の中で遊べるブランコや鉄棒を木で作ってくれる「優しいおじいちゃん」と樹さん。新聞には、啓一さんと一緒に小さな棚を作ったときに、樹さんがくぎを打つのを啓一さんが優しく見守る様子を描き、「いつもありがとう」とメッセージを添えた。新聞を受け取った啓一さんは「うれしいですね」と目を細めた。

 敬老の日新聞は今年で8回目。表彰式は新型コロナウイルスの影響で3年連続で中止となった。

◆優秀賞

佐藤梓さん(7)、金子遥さん(10)、金子杏さん(6)、小原嘉月さん(12)、小原果苗さん(8)、牛米一翔さん(9)、牛米和玖さん(8)、柳澤虎輝さん(8)、柳澤稟乃さん(3)、亀山桜彩加さん(5)、時田佳穂さん(9)、前山直哉さん(7)、山下和真さん(14)、山下秀真さん(13)

※カッコ内は年齢

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年9月20日

0

なるほど!

1

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ