包茎が心配です。むく?むかない?〈性教育10の悩みに答えます⑦〉

イラスト

 東京すくすくは、開設3周年を記念して、気になるテーマを楽しく学べるオンライン講座を企画しました。第1弾は「性教育」です。講座〈教えて!サッコ先生 性教育10の悩みに答えます〉で取り上げた質問を、記事でもテーマごとに紹介します。男の子に関するこんな質問が寄せられています。

質問7. 包茎が心配です。どう対処するのがいいでしょう? 

 子どものペニスの包茎はそのままでいいのでしょうか? いつ、どんなふうに対応するのが適切なのかという点について基本を教えてください。

「清潔」が大切 5、6歳で試してみては

すくすく このテーマは世の中にほんとにいろんな情報があふれていて悩ましいですよね。今回も複数の質問がありました。

サッコ先生 私も産婦人科医なので、男の子のペニスの問題については専門家ではないのですが、思春期の男の子たちが、包茎の状態について悩みを抱えているというのはよく聞くんですよね。泌尿器科医の中にも、悩ませないために、生後5、6カ月くらいまでの間に親がエイッてむいてあげたほうがいい、という先生とそんなことはしなくていいという先生がいらっしゃって、意見が統一されていなかったりするんですね。

すくすく そうなのですね。

サッコ先生 なぜ、ペニスの皮をむけるようにしてあげる必要があるか、というと、将来的に自分でペニスを清潔に保つ必要があるからです。亀頭(ペニスの先端)の根元には汚れがたまります。たまった汚れを落とす際は、皮をむいてしっかり洗って戻す、ということが必要です。むいて、洗って、また戻す、ということを自分でできるようになる必要があるよ、ということです。

すくすく なるほど。何歳くらいになったら教えたらいいのでしょう。

サッコ先生 5、6歳くらいで、ママでもパパでもいいので「ちょっと試させてね」という感じで、エイって引っ張ってみて、それでつるっと亀頭が出てきてくれれば大丈夫。こうやって洗うんだよということをしっかり伝えてあげましょう。もしむけない状態だったら、毎日少しずつ洗えるようになる目標をたてて、一緒に見てあげられるといいですね。

悩んだら…美容整形ではなく泌尿器科へ

すくすく 女親は洗ってあげる、といってもせっけんで?お湯だけ?とわからないことが多いです。

サッコ先生 小さいうちはシャワーが直撃するだけで痛いそうです。シャワーのお湯をいったん手で受け止めて、そこから漏れてくるお湯で洗ってあげようという教え方がいいよ、と男性保健師さんから教わりました。せっけんを使うときは、しっかり泡立てた状態にして洗って、きれいに洗い流すことが大切です。

すくすく 思春期になってしまうと難しいですね…。

サッコ先生 清潔にしなくてはいけないことを知らないまま思春期に入った子たちが、悩みを抱えてしまいがちです。「仮性包茎」といいますが、むいて清潔にできる状態だったら特に恥ずかしいことでもないのに、「恥ずかしいから手術を受けましょう」といった美容整形の広告などもあります。今の子たちだと、YouTubeの広告が、悩んでいる子の目にどんどん触れる状態です。そうやって「悩まされている」面があるのです。ペニスのトラブルは、泌尿器科へ、美容整形じゃないよ、ということを覚えていてほしいなと思います。

写真

オンライン講座〈教えて!サッコ先生 性教育10の悩みに答えます〉収録の様子

写真

高橋幸子(たかはし・さちこ)さん

 「趣味・性教育、特技・性教育、仕事・性教育」の産婦人科医。愛称は「サッコ先生」。埼玉医科大で医師として思春期外来などで診察に当たるかたわら、全国各地の学校などで年間120回以上性教育の講座を行う。家庭でできる性教育も支援しようと、サイトの監修や本の出版もし、多角的に活動する。著書に『サッコ先生と!からだこころ研究所 小学生と考える「性ってなに?」』(リトルモア)。

5

なるほど!

4

グッときた

9

もやもや...

10

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ