東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

池袋暴走事故 妻と娘を失った父が思い出の動画公開 厳罰求める署名呼び掛け

福岡範行 (2019年7月19日付 東京新聞朝刊)

 東京・池袋で乗用車が暴走し、松永真菜(まな)さん(31)と長女莉子(りこ)ちゃん(3つ)が死亡した事故から19日で3カ月になるのを前に、松永さんの夫の会社員男性(32)が18日記者会見し、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(88)への厳罰を求める署名活動を始めたと発表した。男性は莉子ちゃんの動画も公開。署名は今秋までに街頭やインターネットを通じて集め、東京地検に提出する。

愛娘から似顔絵プレゼント…「交通事故は誰かの日常や命を奪う」

 男性は会見で、莉子ちゃんが昨年6月の父の日の2日前、似顔絵をプレゼントしたときの動画を公開し「愛する2人との日常がとても幸せでした。交通事故は誰かの日常や命を奪ってしまう」と強調。「今後、被害者と遺族がいなくなるように、加害者には厳罰を望みます」と話した。

写真

会見で動画を再生する遺族の男性=7月18日、東京・霞が関の司法記者クラブで

 警視庁は、飯塚元院長を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で書類送検する方針。同罪で有罪になれば、7年以下の懲役や禁錮などが科される。男性は「心情的には7年は長いとは思えない」と明かし、「できるだけ重い罪で起訴してほしい」と求めた。


〈関連記事〉必死に生きた3年の命を感じてほしい 池袋暴走事故 妻と娘を亡くした夫のコメント全文


 署名活動の詳細や署名用紙はインターネットの「東池袋自動車暴走死傷事故 遺族のブログ」で公開。男性は8月3日午前10時~午後4時、莉子ちゃんとよく遊んだ南池袋公園(豊島区南池袋2)で署名を募る。

写真

署名活動について説明する遺族の男性

「身近な人に向ける愛を、車の外側にも向けて」 会見でのコメント

 18日の会見で、妻と娘への思いや、交通事故で悲しむ家族をなくしたい、と思いを語った男性のコメントを紹介します。

 平成31年4月19日、東池袋自動車暴走死傷事件にて妻と娘の命を奪われ、明日で3ヶ月がたとうとしています。6月6日には四十九日法要を執り行いました。妻と娘に寄り添い、心を痛めてくださっているみなさま、本当にありがとうございました。生前のようにしっかり手をつなぎ、真菜と莉子は天国に旅立ったと信じています。

 先月の父の日、1年前の6月15日を思い出しました。会社から帰宅すると、娘が玄関先で待っていて似顔絵をプレゼントしてくれて、妻はケーキを焼いてくれていました。

 私がいないときを見計らってケーキを焼くために、2日前倒しで平日にプレゼントしてくれました。公開した動画はそのときの様子です。

 私は愛する2人とのこのような日常がとても幸せでした。交通事故は他の誰かのこのような日常や命を奪い、さらには自身の日常をも壊してしまいます。年間3500件ほどの交通死亡事故があり、それぞれに大切な命や日常があったと思います。

 ハンドルを握るときは、配偶者、お子様、お孫さんなどの身近な人に向ける愛を車の外側にも向けて、安全運転、優しい運転を心がけてほしいと願っております。

 加害者は報道で見る限りでは、87歳で杖をついて歩くなどしており、そのような健康上の問題がありそうな人が公共交通機関が発達した都内で、あえて車を運転する必要があったのでしょうか。今後、2人のような被害者と私たちのようなつらい思いをする遺族がいなくなるように、加害者に対し、できるだけ重い罪での起訴と厳罰を望みます。そのため署名活動を実施することを決意いたしました。どうかみなさま、ご協力をお願いします。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年7月19日

【2019年9月25日 追記】松永さんの夫は9月20日、集まった署名39万1136筆を東京地方検察庁に提出しました。