〈子どもが頭を打ったら 前編〉転んだのに「虐待の可能性」8カ月も離れ離れ 目撃者なき家庭内事故で「一時保護」

(2020年6月23日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 虐待防止へ、社会が力を注いでいる。ただ目撃者がいない場合には、虐待の有無の判断は難しい。頭を強く打った子どもの受傷ケースをめぐる、最近の動きを追った。

若山伸二さん(右)、景子さん(左)夫妻と3歳になった長男。「もしまた頭を打ったらと思うと不安で、最近までヘッドギアをつけさせていた」=東京都内で

「虐待していません」訴えは届かず、1歳の長男が一時保護

 「虐待の可能性があるので、お子さんを一時保護します」

 2017年10月末、東京都内の病院。児童相談所の職員から告げられた言葉に耳を疑った。「虐待はしていません」。若山伸二さん(40)と景子さん(40)夫妻=23区在住、いずれも仮名=は必死で訴えた。

 納得できないまま病室に戻ると、ベッドにいたはずの長男(当時1歳0カ月)がいない。すでに職員に保護された後だった。

つかまり立ちの時期、前日も転倒 よくあることと思ったら

 長男が病院に運ばれたのは8月半ばの朝。伸二さんは不在で、哺乳瓶を洗っていた景子さんにつかまって立とうとした長男がバランスを崩し転倒。後頭部を床で打った。手足のけいれんに続き、顔が青白くなり、動かなくなった。その間5分の出来事だった。

写真

1歳0か月の長男が転倒した台所

 病院に運ばれた長男は、すぐに開頭手術を受けた。急性硬膜下血腫と重度の眼底出血と診断され、病院は「虐待の疑いがある」と児相に通告した。

 当時、長男はつかまり立ちを始めたばかりで、受傷の前日にも転んで数回頭を打っていた。景子さんは「この時期には、よくある転倒。虐待と判断されるとは考えたこともなかった」と振り返る。

児童相談所「繰り返し頭を打つ環境自体が、保護の対象に」

 一時保護を経て乳児院に入所した長男に、夫妻が面会できたのは翌年3月。同年6月に自宅に戻ってからは夜泣きがひどく、悲鳴を上げて起きることも。不安定な状態はしばし続いた。

 伸二さんは「虐待を見逃せないのは分かる。でも問答無用で引き離すことも、子どもや親にとっての虐待ではないか」と声を詰まらせた。

写真

若山さん夫妻の長男が最近まで使っていたという赤ちゃん用ヘッドギア。長く使っていたため、布地が擦り切れてしまった部分もある

 子どもが転び、頭を打つ事故はどの家庭でも起こりうる。場合によっては重い障害が残り、最悪死に至ることもある。こうした中、保護者が虐待を疑われ、一時保護されるケースがある。

 児相関係者は「受傷原因が判明しない場合は、取り返しのつかない事態になることを恐れ、子どもを保護することが多い」と話す。若山さん夫妻のケースを担当した児相職員も「繰り返し転倒して頭を打つ環境自体が、安心・安全を確保できているとはいえず保護の対象」と説明したという。

小児脳神経外科医「2歳までは簡単に頭蓋内出血することが」

 「赤ちゃんが頭を打った、どうしよう!?」(岩崎書店)の共著や「さらわれた赤ちゃん 児童虐待冤罪被害者たちが再び我が子を抱けるまで」(幻冬舎)の著書のある小児脳神経外科医の藤原一枝さん(75)は「乳幼児期に頭を打たないように気を付けることは非常に重要」と話す。その上で、「乳幼児の頭部外傷の全てに虐待の疑いがかけられている現在の制度には問題がある。2歳までの乳幼児は、転倒や落下で簡単に頭蓋内出血することがあり、虐待と間違えてはいけない」と指摘する。

 第三者の目のない家庭で起きた子どもの頭部の受傷事故を「虐待」と推測し、一時保護を妥当とする根拠の一つになってきた理論がある。しかし、国内外の研究などでこの理論に疑問符がつき、虐待事件をめぐる司法判断が揺れ始めている。

写真

小児脳神経外科医の藤原一枝さんの共著「赤ちゃんが頭を打った、どうしよう!?」(岩崎書店)

小児脳神経外科医の藤原一枝さんの著書「さらわれた赤ちゃん 児童虐待冤(えん)罪被害者たちが再び我が子を抱けるまで」(幻冬舎)

一時保護とは

 児童相談所長または都道府県知事らが必要と認めた場合、児童相談所が子どもを一時的に保護する行政処分。期間は原則2カ月以内。親の虐待など、家庭から緊急に引き離す必要がある場合などに行われる。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年6月23日

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    うちの子もよく転んでて、よく顔に傷作ってましたが、血腫ができるほど転ぶというのは相当なことだと思います。
    親御さんが虐待ではないと訴えたようですが、児童相談所も虐待というより、育成環境(というか、親御さんの見守り意識)に問題があると判断したのだと思います。
    でなければ、夏に保護して年明けまでというのは期間が長いですから。

  • 匿名 より:

    一歳のこどもにとって、こんなに長い期間親と引き離して、そのことが家族、そして本人にあたえる影響のほうが心配です!家庭訪問を繰り返すなり親とのやり取りを密にして、アドバイスをするなど出来ることがあるはずです。ただいきなり子どもを引き離すのは役所の怠慢とさえ感じます。

  • 匿名 より:

    おすわり時期からひっくり返るとわかっている事だと思う 予防策をしていたのか?
    小さい子供から少しでも目を離してしまうことは親の責任であり虐待になると思うし
    今はこれぐらいしないと小さい命は守っていけないと思う

  • 匿名 より:

    虐待はしていなくても、つかまり立ちで何回も転んで頭を打ち付けてるのに「いつものこと」と放置していることが、親として養育者として不適切だと思いました。
    養育の支援体制を整えるまでの数ヶ月間、不慮の事故で亡くなるリスクを回避するために、親子を離すことも必要な措置かと感じます。

  • 匿名 より:

    幾度となくこうした硬膜外(下)血腫を生じた乳児を診てきた現役医師です。乳児期に硬膜外(下)血腫と眼底出血を来すような外傷が、日常生活の中で普通に起こることはあり得ません。児童虐待は子供が憎くて虐待するわけではありません。わが子がかわいくて、いつもはとてもやさしく接していても、例えばどうしても泣き止まない際などに、自分を忘れて発作的に、我が子を激しく揺さぶってしまう母親が居るのです。普段お話をしているなかでは、とても子供思いの母親です。外部は、たとえ同居の夫でもまったく気が付かない密室での瞬時の出来事です。
    そして、医療機関と児童相談所がやむを得ず一時預かりを決めるのを恣意的な一方的な話し合いですることは決してありません。医療機関として、予防接種や健診などきちんとうけさせているかや、受診時に赤ちゃんのからだは清潔に保たれていたかなど、普段の育児の様子を客観的に類推できるものを詳細に観察します。また保健師の家庭訪問記録を参照しますし、児相は何度も家庭訪問を行ったり、もし保育所などに行っていればそこでの普段の様子を詳しく聞き取り、何度も会議を開いて、極力親子の分離は避けるようにします。つまり、疑わしい場合は児童相談所や保健師の定期的な訪問を前提に家庭に返します。
    つまり、一時保護せざるを得ないケースは、それなりのケースであり、乳幼児の予期せぬ外傷のほんの数パーセントの割合に過ぎません。決して弁護士が述べているような安易で恣意的な判断はあり得ません。もし見逃せば、再度同様のエピソードを生じ、赤ちゃんの生命に関わる事態に陥る危険性が極めて高いのです。
    年に数例が刑事事件で告訴されています。そのうちいくつかは無罪判決となっていますが、刑事へのハードルは誰も証言者が居ないので極めてハードルが高いのです。
    何より守るべきは圧倒的弱者の子供の命です。
    医学的にわずかな外傷で頭蓋内出血をきたすことはよく経験するところです。しかし、そうしたものと虐待を疑わざるを得ない症例の出血の具合は明らかに異なるのです。

  • 匿名 より:

    普通何度も頭を転倒して打つか?そのような注意点散漫な親では虐待ではなくとも事故死するだろう。
    転ばぬ先の杖だよ。、

  • 匿名 より:

     「目撃者がいない家庭内」という抗弁しにくい所には強気で出て、やりやすい仕事を優先して「仕事をしている」体裁を整えてるのかなという印象が否めない。外野が「床を軟らかくしていない。家具什器の角が丸まっていない」だとかで過失を指摘する事はいくらでも、そして容易に出来るけれども、それらをすべての家庭に形式的に適用していく事は疑問が残る。

     あえて意地悪な極論に出れば、「我が家には安全な場所がないので、ウレタン張りの檻につないでおきました」とか「児相に乗り込まれると抗弁ができないことを避ける目的で監視カメラで全部屋を録画しています」とかいうのが短期的な最適解になるだろうし、長期的には家屋内で子供の行動範囲の床と角を軟らかくして目撃者がいない事に対処するコストを担えないのであれば子供は作らない・家に入れないというのが最適解になってしまいやしないかと心配になる。

     そして後編でも触れられている画一的な判断による子供の引き離しは、結局の所「子供が引き離されてしまったり、児童虐待として訴追されると怖いので病院には行かないでおこう。ちょっとコブになってるけど、冷やしておけば収まるさ」という行動を ―たといその先にタンコブで済まない重篤な何かとより重大な予後があったとしても― 虐待と無縁の家庭にも拡げて行く事になるだろうと思う。

  • 匿名 より:

    うちの子供たちはよく食べるけど体重があまりふえない体質です。パパに似たのだと思います。
    体調を崩し小児科につれていくと別室に呼ばれ子供を裸にしてキズがあるかないかを調べられました。看護婦さんからは虐待をうたがう内容でした。
    でも今はここまでしないと救える命は救えないのが現状だと思うから仕方ないと思う。

  • 匿名 より:

    虐待で亡くなっている子供達が、います。
    見極めることが難しいんでしょうね。

  • 匿名 より:

    児童相談所の対応は適切だと思います。そもそも、こんなに大怪我をするほどの転倒をされている、しかも何回もしていることじたい、子供を安全に育てられてないことを自覚した方が良いですよ。相手を責める前に、考えた方が良いと思います。

  • 匿名 より:

    これまで幾度となく保護の不十分、見逃し、見過ごしで子どもを死に至らしめてきた児相って、こんなことをしているのですね。
    確かに、手術の必要な程の頭の怪我を負わせた母親は「母親失格」と言われても仕方ないのかもしれません。でも、この経験の浅い不注意だった母親に必要なのは、子どもを何ヶ月も引き離すことではなく、責め立てることでもなく、教育だと思います。
    本当に虐待があったかどうかわかるまで一時的に保護するのは仕方ないにいても、数ヶ月もの間、つかまり立ちを始めたくらいの乳児を親から引き離す必要があったのか、大いに疑問です。日常的に虐待を繰り返していたのかどうか、家庭訪問でも何でもしてきちんと判別すべきでは。そういう努力をしても見抜けないとしたら、児相の目は節穴だと思うし、その努力をせずに何ヶ月も面会すらさせなかった児相のやり方はおかしいと思います。

  • 匿名 より:

    一時保護した際の親のリアクションで親の人間性や子供との関係性も見えるのではないかと思うので、通常起きないレベルの外傷なら保護自体はガンガンしてもいいように思う。
    原則2ヶ月のはずの一時保護が面会まで4-5ヶ月かかった理由も取材して欲しかったですね。

  • 匿名 より:

    初めての育児、初めてのつかまり立ちの段階で、転倒時のためにジョイントマットなどを引いていたとしても、台所に引くという選択肢は思いつかないと思います。
    この時期だと安全な場所に隔離して料理となると大泣きされるでしょうし、まさか掴まり立ちからそんな大事になるとは思わないのではないでしょうか。保護は適切という意見をちらほら見かけますが、もしご自分が経験不足によるもので子供に怪我をさせてしまって落ち込んだ上に虐待と思われて連れ去られたらどう思うのだろうと、正直不思議です。かなり重傷ケースではありますが、帽子を嫌がる子、転倒防止グッズを嫌がる子、沢山います。特に初めての育児だと、子供を泣かせることに罪悪感をとても抱きやすいです。その泣かれるよりはと思った隙の事故なんて、誰にでも起きうるものだと思うのですが。
    虐待だと決めつけて即引き離し、一年以上我が子と離れる状況にさせるのが正しいこととはあまり思えません。安易な解決を行おうとしているだけのように、私には感じました。

  • 匿名 より:

    このご両親に言いたいのは、何が大切で何を守りたいのかをよくお考えになった方が良いということです。
    自分たちの体裁ではなく、我が子が手術しなくてはいけない程の重症に陥らせてしまった自分たちの子育てに問題があったと捉えるべきだと思います。
    転びやすい月例だとしても、ただ、転んだだけで脳出血を起こす程の衝撃はないかと思われても仕方ないと思います。

    また、一時保護のやり方もこの記事からだと一方的で強引なやり方だとは思います。
    家庭訪問をして、ご両親によく説明した上で、保護をした方がいいかと・・・

    児相のやり方を攻める前にご自分の育児方法をもう一度考えてみてはいかがでしょうか。

  • 匿名 より:

    児相の対処は正しいと思います。我が子が怪我をしない、病気をしないように気をつけて育てるのが親の務めと思います。初めて転んで怪我をしたならともかく、今は育児のグッズも知識も沢山あるにも関わらず何度も愛児を同じ目に合わせるのは、「ネグレクト」にあたいするのではないかと思います。

  • 匿名 より:

    以前大学病院で開催された、乳幼児揺さぶりっこ症候群(SBS)の研修会に参加したときのことですが、急性硬膜下血腫で眼底出血がある場合は、SBSを疑って良いとの事でした。乳幼児期で眼底出血が発症するという事は、交通事故にあいエアバックが出るくらいの強い衝撃が加わらなければありえないとの事でした。つかまり立ちからバランスを崩し転倒したとしてもそれ程強い衝撃が加わるとは考えにくいです。虐待を疑われるのは当然の事と思います。いくら親が虐待を否定しても児童相談所は子どもの安心安全を優先すると思いますので、保護は妥当だと思います。

  • 匿名 より:

    子どもが4人います。児相の判断は正しかったと思います。虐待したわけではなくても、やはり、何度も子どもが頭を打つような環境は良くありません。確かに子どもはバランスを崩しやすいですが、そうなるたでに対処法はいくらでもあったはず。
    今まで何度も頭を打っていながら、なぜ対処しなかったのでしょうか。
    今は、頭を保護するリュックもありますし、料理中はベビーゲージに入れておくこともできます。
    責めるつもりはないですが、児相の対応に文句を言うのは間違いです。
    何より子どもの安全を優先するのは当たり前です。たくさんの人に、心配をかけたこと、離されてしまった罪のない我が子へ、ご自身が反省するべきだと思いますよ。

  • 匿名 より:

    このご両親の気持ちもわかりますが、こどもの身が危険な環境であればやはり保護すべき対象であると思います。
    故意の虐待ではなくても、養育環境が安全でないという認識が必要。安全な環境を提供するのが親の役割です。何度も繰り返し頭を打ち、手術が必要になるのは、保護すべき対象として児相が動くのは正しいと思う。

  • 匿名 より:

    行政はこんな強引な手法を使ってでも子供を守りたいなら一時預かりなんてせず親権奪って全部自分で面倒見ればいいのに。衣食住すべて、学業はもちろん子供の希望に沿って塾も大学にも留学にも行かせてね。福祉の予算がないって?行政は子供を最期までとことん面倒見る気もないのに強制的な手段を用意してるの?虫が良すぎるなぁって思いました。

  • 匿名 より:

    児相は、責任追及を恐れ、“頭部外傷即虐待”の構図で一時保護に走るのだろう。これも、ここ数年の痛ましい事件の“社会的副作用”と言えるのではないか?それほど、みあちゃん事件などの陰惨悲惨さが言語を絶するものであったこと、且つ児相・教委等の対応の犯罪とも言える杜撰さ・誤り・卑怯な振る舞いが、被告人に対すると同様の厳しさで指弾・非難されたことが忘れがたいのだ。
    だからといって、記事で見る限り、出産・検診を受けていたであろう医療機関等に、赤ちゃんの保護者の日頃の態度等を聞き取ったとも見えず、赤ちゃんの心の傷が癒えるのを願うばかりです。

  • 匿名 より:

    私の孫のことです。

    予期出来ない怪我だけではなく、保育園で先生の目を盗んで蹴ったり、頭を叩いたり、みぞおちにパンチしてくる子が居ます。やられて痛くて動けず、声も出せず、そのうち、頭痛がしたりお腹が痛くなったりして来ました。病院にかかると、ストレスのうたがいがあるといわれました。ヤラれるのは私の孫です。園では一度も見たことが無いととりあってくれません。娘は相手の親にやめてくれるように言っても4.5才の子のよくあることだからとこれもまた、やめる方向には全く取り合ってくれません。行政に言ってもまさか4歳児がそんなことをするわけが無いと言ってまともに考えてくれません。孫は5歳になりましたがいまだに先生の目の届かない所でやられています。勇気を出して痛くなくなってから先生に言っても、だめだよーとしか言わないので何も進展しません。
    これは指導者の虐待ですか?それとも、叩いてくる子の親のうちの孫に対する虐待ですか?
    園で起こったことは何も手出しする事はできない現状です。今、娘はリモートワークなので自分の子を守って園を休ませることはできますが、仕事に支障をきたすのでなやんで居ます。ジゾウも、おかしな人がいて子供をいたずらする人が居て野放しですよね。信頼性が低いです。誘拐、性的いたずらするジソウ自体のシステム、不透明だと私は思います。もっとマシな制度を望みます。

  • 匿名 より:

    うちの子供もハイハイの時期に段差から落ちて頭を打ち、激しくないたため、脳神経外科に駆け込んだのを思い出します。ほうれん草煮ていて、ちょっと目を離したすきの出来事でした。認識では、10秒くらい。なんでもなかったのですが、レントゲンをとったとき、子供の泣き叫ぶ声がしばらく耳を離れませんでした。子供は、引き離され、見たこともない機械にのせられ、怖くてしょうがなかったのでしょう。
    それを期に、あらゆる可能性を考えて対処しました。心配症のお母さんの仲間入りをしたきっかけでもあります。今でも時々、心配しすぎだよ!とからかわれますが、おかげで、その後は、大きな怪我もなく過ごすことができています。子供の年齢に応じた怪我はもちろんありますが。。。
    とかく、あかちゃんは、お母さんが守らなくては。
    でも、急に連れ去られたご両親の気持ちもよくわかります。特に、お母さまの気持ちは、まだあかちゃんと繋がっている時期ですので、不安だったこととおもいます。さみしがっていたり、ないているのではないか?など眠れなかったでしょう。。お察しします。お子さんも、お母さまの匂いが近くにないだけでも、かなりの不安に陥ったことでしょう。
    ですから、普段の生活の改善対処に力をいれるべきと思います。脳内出血をしていたことは事実だし、死んでいたかもしれないのだから。
    虐待の因縁対決をするよりも、生きていてくれてよかった。。ではないでしょうか?なので、失敗を悔んだり、ひとのせいにして時間を無駄にしないで、子育てを改善する、対処することに労力をつかったほうがいいと思います!!
    わたしなら、何度も自分の子供が頭をうつ場合、一旦、預かっていただくほうがいいのかも?と思ってしまうかもしれません。誤解をしたとしても、自分の可愛い我が子を守ろうとしてくださった、他人の行動と考えてはいかがかな?と思います。頑張ってください!

  • 匿名 より:

    私の下の子もよくつかまり立ちの時期に転倒しました。なのですぐにお手製でニット帽をリメイクし細く切ったスポンジを巻き付けてさらに布を被せて縫い付けてお手製ヘルメットを付けていました。よくある事とありますが確かによくある事で、でもそれが我が子の頭を危険に晒す事ならば親が危険にならないように対処してあげなければ、何の為の親なんでしょうか?まるで親が被害者のようなこの記事を見ていてものすごい違和感を感じました。被害者は手術をしなければいけないほどまで危険を放置されてしまった赤ちゃんの方ではないでしょうか?破れるまで使ったヘッドギアとか写真載せてますけど、1、2回激しく転倒した時に直ぐに付けてあげてればそんな大きな事故にもならないし、親子が引き離されることも無かったと思いますよ。

  • 匿名 より:

    「繰り返し転倒して頭を打つ環境自体が、安心・安全を確保できているとはいえず保護の対象」その通りだと思います
    息子もよく転びましたが、クッションマットを引いたりして1日に何度も硬い床に頭を打ちつけるようなことはなかったです
    頭を打ちやすい子ならニット帽をかぶせるなり目を離さないようにするなりできたと思うので、環境が安心安全と言えない以上命には変えられないと思います

  • 匿名 より:

    繰り返し事案が発生することは、環境上の虐待と、とらえられても仕方がない、普通は一度頭を打った時点で気を使い次にそのようなことがないように気を付けるのが親の義務であると思う。
    それができないのなら保護されても仕方がないのでは。
    そのようなルールに不満を言う前に、親なら何とかしろと言いたい。

  • 匿名 より:

    このようなケースでは、過去に虐待などの履歴がなく、かつ初回の一次保護の場合には、毎日一定時間の面会を父母に認めるなど、柔軟な対応が求められると思います。

  • 匿名 より:

    児童相談所は事件になれば虐待であったことが解ります。しかし、それは結果論であり、虐待をしているかしていないかを見極めるのは難しいと思います。
    仮に虐待であった場合、一斉に「何をしていたのだ」と非難を浴びるリスクを考えたら、やむをえない措置になるのでしょう。
    児童相談所が判断しやすいシステムを入れない限り、相談員を責めるのは酷だと思います。

  • 匿名 より:

    心の痛む記事です。1歳前後の子供にとって、急に親と離れ離れになること自体が虐待なのでは…
    児相の相談員の方方が、虐待の恐れに対して敏感なのはわかりますが、親御さんと会って話せば、虐待かそうでないかは、わかるのではないのでしょうか。こういった記事を拝見するたびに、相談員の方の人をみる目、判断の正しさが、疑うことの方に重きを置きすぎている気がしてなりません。子供にとっても、親にとっても離れ離れになるということが、どんなに心が引き裂かれたように辛いことなのかわかって彼ら彼女たちは、相談員をしているのか?疑問です。
    ただ、自分たちの保守の為、時間をかけているだけのようにも残念ながら思えてきてしまう時もあります。マニュアルだけにとらわれず、人をみて判断する勇気を持っていただきたい。時に、虐待から子供を守る相談員たちが、逆に虐待してしまっていることの重みに気づいてもらいたい。
    この記事は、そう思わざるを得ない思いが残りました。

  • 匿名 より:

    一時保護されると、親子分離となり、子どもに会えなくなります。一時保護により子どもが虐待から解放されて生活環境がよくなるのであればよいのですが、事故によるけがでの一時保護・親子分離が8か月。親子関係に深刻な影響が出るのではないかと危惧します。子どもにとってどういう影響を及ぼすかを考えたら、この状態がよい現状とは思えません。

    「繰り返し転倒して頭を打つ環境自体が、安心・安全を確保できているとはいえず保護の対象」というのであれば、その子、その家庭に寄り添って適切な安全指導やアドバイス、サポートをして安全確保をはかっていけばよいのではないでしょうか。長期間親子分離しておくだけでは子どもにとって、保護者にとって何のプラスにもならないように思います。温かみのない冷たさを感じます。

  • 匿名 より:

    親に会えない時間が長すぎて子供にとっては明らかにそれ自体が虐待ですよ!!前から思っていましたが、離すのでは無く、虐待を疑うという方法では無くて、親の相談、悩みを聞き出す!!家族の様子見を徹底的にするべき!!

  • 匿名 より:

    この時期に転ぶのはよくあることでも、怪我をしないように最低限の対策と、細心の注意を払うのが保護者の役目。
    それを「この時期には良くある転倒」なんて、一日に何度も翌日他者がわかるほどの怪我をさせているのは大問題だと思う。挙げ句大ケガさせているのでは、本人にその気がなくてもやっぱり子どもは保護した方がいいのでは?
    まるで親が被害者とでも言いたげな記事だけど、そんなことはないと思う。取り返しのつかないことになってからでは遅い。

  • 匿名 より:

    スーパーで買い物中10ヶ月くらいの長男がベビーカーから立ち上がりスーパーの床に頭から落ちてカツーンと音がし、大泣き。すぐかかりつけの小児科医の診察を受けました。30年前なのでうろ覚えですがコブができたと思います。医師はお風呂に入れず24時間様子をみて嘔吐がなければ大丈夫、みたいなことを言われたと思います。今は元気に社会人です。

あなたへのおすすめ

PageTopへ