葛飾区の認可外「にじいろ保育園」で不適切保育 ビンタ、無理やり食事…東京都が公表

(2019年3月13日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

1月に把握、2月に改善勧告も従わず

 東京都は12日、葛飾区亀有5の認可外保育所「にじいろ保育園」(森せつ子施設長)で不適切な保育を確認し、改善勧告に従わなかったとして、施設名などを公表した。

 都によると、今年1月、森施設長が子どものおしりをたたくなどの情報提供が都にあった。都は2月に特別の立ち入り調査を行い、森施設長が複数の子どもに対し、おしりをたたいたり、顔をびんたしたり、食事を無理やり食べさせるなど身体的な苦痛を与えたことを、職員らへの聞き取りから確認したという。森施設長は都に「しつけだった」と話したという。

 都は2月、施設長が保育から外れることなどを求める改善勧告を行ったが、改善が認められなかったとして、法令に基づき施設名を公表した。

 にじいろ保育園の定員は26人で、2月時点で0~4歳の19人が入所している。

あなたへのおすすめ

PageTopへ