世田谷の認可外保育施設が突然閉鎖 保育士が無給で「自主運営」 労組が寄付募る

岩岡千景 (2019年12月4日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 東京都世田谷区内の認可外保育施設で運営会社が11月末、突然閉鎖を通告し、施設に通う子どもと預け先を失う親たちのために、保育士たちが12月2日から自主運営を始めた。13日まで続ける予定で、保育士たちが加入する労働組合「総合サポートユニオン」(世田谷区)は、保育士の人件費など当座に必要な資金を確保するため寄付を募っている。

保育士や保護者への事前説明なし 運営会社が即日閉鎖

 同ユニオン支部の介護・保育ユニオン共同代表の三浦かおりさんによると、11月29日夕方に運営会社の幹部が施設を訪問。保育士やその場にいた保護者らへ倒産手続きに入ることを理由に、同日での施設閉鎖を告げた。

 会社側は「お客様の皆様には、大変なご迷惑とご心配をお掛けすることとなり、弊社役員一同、深くお詫(わ)び申し上げます」などと記された書面を持参したが、保育士や保護者への事前説明はなかったという。

 通告を受けて保育士らが話し合い、週明け2日から自主運営をすることにした。

以前から保育士不足、給料未払い 保育環境に問題あり

 この施設では以前から保育士不足、給料未払いや、段ボール箱など物がたくさん置かれた場所で乳児を寝かせるなど労働、保育環境に問題があった。このため、ユニオンが会社側に団体交渉を申し入れた直後の閉鎖通告だった。1日にあった保護者会では、急きょ自主運営について説明した。

 この保育施設は保育や遊びなどを目的に未就園児を預かり、定員は25人。自主運営は常時3~4人の保育士が子どもをみる態勢で2週間続ける。その後どうするかはめどが立っていないという。保育士は無給の勤務となるため、ユニオンが寄付を募っている。

 当面の目標額は、1カ月程度運営が可能な100万円とした。三浦さんは「子どもたちのために、もらえるはずの給料ももらえず働いている人たちに少しでも渡したい」と話している。

 寄付先は、口座名義・総合サポートユニオン=郵便振替00150-8-765273、またはゆうちょ銀行〇一九(ゼロイチキユウ)店 当座0765273=へ。通信欄に「セタガヤホイクシエン」と記入する。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年12月4日

あなたへのおすすめ

PageTopへ