世田谷で突然閉鎖の保育施設は「マム・クラブ三軒茶屋」 自主運営した保育士らが会見「裏切られた気持ち」

岩岡千景 (2019年12月17日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 運営会社が突然の閉鎖を告げ、保育士らが自主運営した世田谷区の保育施設で、保育士らが16日、会見した。自主運営中は利用者が安心して通えるよう非公開にしていた施設名を「マム・クラブ三軒茶屋」と明らかにした。
写真

会見する保育士ら=世田谷区で

寄付金は245万円 剰余金は今後のために

 会見したのは、保育士1人と保育職員2人、労働組合「総合サポートユニオン」(世田谷区)の支部の介護・保育ユニオン共同代表を務める三浦かおりさん。

 自主運営は12月2日から13日まで行い、定期的な利用者約30人の預け先のめどがつき、終了した。

 マム・クラブ三軒茶屋の保育職員2人が加盟する総合サポートユニオンは、自主運営に必要となる資金の寄付を募り、14日現在で約245万円に達した。人件費や家賃などに使い、剰余金約150万円は同様の事態に備えるための基金とした。

保護者に迷惑…「やらねば」の思いと不安と

 会見では、閉鎖前の労働や保育環境について、賃金未払いや保育職員1人で2、3歳児7人を保育するなどの実態が報告された。保育士らは「自主運営は保護者に迷惑をかけるのでやらなければ、という思いだったが不安もあった」「子どもたちから安心して通えるいつもの場所が突然奪われ、経営者から表立った謝罪もないのは残念」「頑張ってきたのに裏切られた気持ち」などと話した。

 親からは、職員への感謝のほか、認可保育園に入れずこうした施設に預けざるを得ない現実や、同様の事態が起きた場合の対応を求める声が寄せられたという。

保育士労働相談ホットライン、22・23日開設

 総合サポートユニオンでは22日午後1~5時と23日午後5時~9時、保育士労働相談ホットライン=電話0120(333)774=を実施する。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年12月17日

あなたへのおすすめ

PageTopへ