〈えほん〉「ちび竜」文・工藤直子 絵・あべ弘士

長壁綾子 (2020年2月21日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 小さなつぶから生まれた、ちび竜(りゅう)。一緒に水たまりで踊っていたボウフラに、自分が誰なのか、これからどうなっていくのかを尋ねる。

 立派な竜になることを知ったちび竜は、わたげに遠くへ連れて行ってもらい、とんぼに飛び方、フナに泳ぎ方を教わる。大切な友達となった生きものたちとの出会いで、ちび竜は火をはき、雨をふらせる神通力も身につけ、大きく成長していく。

 工藤直子さんのリズミカルな文章と、あべ弘士さんの生命力あふれる絵がぴったり。生きるって楽しい-。わくわくした気持ちをくれる。1870円。童心社=電話03(5976)4181。 

あなたへのおすすめ

PageTopへ