〈えほん〉焼けあとのおにぎり 作・うるしばらともよし 絵・よしだるみ

長壁綾子
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 むなしい戦争が終わった。福島のおばあちゃんのもとに疎開したキヨシは、焼け野原となった東京へ家族を捜しに行く。おばあちゃんは大切な着物をお米に換え、おにぎり5つを持たせてくれた。

 電車内でおにぎりをねだる小さな男の子、「一つあげるよ」と声をかけるしかないほどやせ細った学級長のイサム、駅舎で寝起きし、おにぎりを奪い取っていった少年…。おにぎり一つがどれだけ貴重なものだったか。終戦直後の混乱が伝わる。

 東京大空襲から75年がたった。平和の尊さに思いをはせたい。

  1650円。国土社=電話03(6272)6125。

あなたへのおすすめ

PageTopへ