児童書「迷惑生物図鑑」異例の大ヒット ”カサうしろに振るやつ絶滅しろ!”…わが身を振り返るきっかけにも

高岡涼子 (2020年11月30日付 東京新聞夕刊)
子育て世代がつながる
写真

迷惑生物図鑑に掲載された絶滅希望種「カサウシロフルス」=氏田さんが所属する会社「チョコレイト」提供

 傘を水平に持ち後ろに突き出して歩いたり、行列に並ばず割り込んだり。遭遇するとモヤモヤする迷惑行動をキャラクター化した「カサうしろに振るやつ絶滅しろ!~絶滅してほしい!? 迷惑生物図鑑~」(小学館)が話題となっている。著者は東京都内在住の企画作家、氏田雄介さん(30)。8月の発売から累計発行部数は1.5万部に達し、児童書としては異例の売り上げという。 

嫌な気持ちで終わらず、面白いものに

 傘を後ろに振りながら歩く人を、大きな翼を持つ恐竜アンハングエラになぞらえた「カサウシロフルス」や、順番待ちの行列に横からしれっと割り込んで入るナウマンゾウならぬ「ナラバンゾウ」など、迷惑生物図鑑は49種類の創作生物を「絶滅希望種」として紹介している。いずれも、モデルにした生物の生態にちなんだり、名前をもじったりしたものだ。

写真

「クスッと笑いながらマナーを振り返ってみてほしい」と話す氏田雄介さん=東京都渋谷区で

 氏田さんは、道端で傘を後ろ手に振る人に遭遇すると「危ない、嫌だなぁと思っていたが、嫌な気持ちだけで終わるのではなく、何か面白いものにしたかった」と架空の生き物に例えた動機を語る。

ツイッターのイラスト投稿が4万RT

 ちょうど元号が令和に変わったころ。迷惑な行動や古い考え方を過去のものにしたいという思いを込めて「絶滅してほしい生物図鑑」と名付け、昨年5月にツイッターにイラストを投稿したところ、4万件以上のリツイートがあった。

 会員制交流サイト(SNS)を利用する若い世代だけではなく、小さな子どもや親の世代にも知ってもらおうと、書籍化を計画。氏田さんが所属するコンテンツ制作会社「チョコレイト」(東京)も企画に加わり、イラストはイラストレーター、武田侑大さん(26)が手掛けた。

一概に悪いと決め付けるのではなく

 絶滅希望種のイラストの横には「今日の学び」と題して迷惑生物にならないためのヒントも掲載した。例えば、カサウシロフルスでは「カサも気持ちもまっすぐに」、ナラバンゾウでは「行列も、アトラクションだ」と記述。待ち時間も楽しもうと呼び掛けている。

 「迷惑な行動もその人なりの事情があり、時代によって解釈が異なることもある。一概に悪いと決め付けるのではなく、どうしたら良くなるのか、考えられるようにしたかった」と氏田さん。「この本が自分自身を振り返るきっかけになったり、理不尽と闘う支えになったりしてくれたらうれしい」 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年11月30日

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ