〈えほん〉「十二支えほん」作・谷山彩子

長壁綾子 (2021年1月8日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 昔々、ある年の暮れに、王さまが動物たちに言った。「元日の朝、新年のあいさつに、お城に来なさい。1着から12着までに到着したものたちを、一年ずつ、王さまにしてあげよう」

 競争の結果、「十二支」の順番が決まったのだけれど、そもそも十二支ってなんだろう?

 今は「今年は丑(うし)年」と年を表すが、かつては時間や日にち、方角、歳(とし)など、暮らしの中で使われてきた「十二支」。由来やそれぞれの意味をかわいいイラストと共に解説する。思わず人に教えたくなる豆知識満載! 1540円。あすなろ書房=電話03(3203)3350。

あなたへのおすすめ

PageTopへ