藤沢市にインクルーシブ公園 障害のある子も一緒に遊べる遊具、3月中旬に

吉岡潤 (2021年2月25日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

秋葉台公園に設置予定の遊具。車イスごと乗ることができて多人数で楽しめる(藤沢市提供)

体幹が弱くても乗れるブランコ

 神奈川県藤沢市は、障害があってもなくても一緒に楽しめる遊具を秋葉台公園内の広場に整備する。3月中旬の利用開始を見込んでいる。

 遊具は4種類。車いすで上がれるスロープや滑り台などを組み合わせた複合遊具、車いすごと乗って揺らすことができる遊具、車いすから乗り移れて回転する遊具、ハーネスでしっかり体を固定することで体幹が弱くても使用できるブランコを設置する。

 藤沢市は共生社会の実現を目指す誰一人取り残さないまち「インクルーシブ藤沢」をテーマに掲げる。その一環として誰もが遊べて楽しめる広場にするという。

 先行例として東京都世田谷区の砧公園などがある。藤沢市の担当者は「利用者の意見を聞いて、さらに拡充していきたい」と話している。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2021年2月25日

あなたへのおすすめ

PageTopへ