リアルな子育てコラムを書くためには…〈祝・連載1年 お父ちゃんやってます!加瀬健太郎〉

(2021年7月2日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

お父ちゃんやってます!加瀬健太郎

写真

 もうすぐ始まる子どもの夏休みが怖くもある7月。この「お父ちゃん やってます!」の連載が1周年を迎えました。パチパチパチ! これもひとえに読者の皆さまのおかげです。

 新規の仕事が、2回目以降につながらないことで有名な僕ですが、この連載は無事1年続けることができました。「やればできる子なんやけどねぇ」と、法事のたびに親戚に言い続けてくれた母。僕も子どもたちを信じて、子育てしていこうと思います。

写真

 朝、この原稿の締め切りを翌日に控え、僕が机に向かっていると、「公園行こっか?」と三男が誘いにやってきた。でも「今、仕事してるからあとでな」と断ったりなんかしてはいけません。子育てのコラムを書くのに、子どもを妻に任せっきりにするなんて、それこそ本末転倒です。公園に行きました。

 昼食を終え、さあ書くぞと思っていたら、長男と次男が友達と一緒に小学校から帰宅。家の中で暴れだした。「早くどっか行ってくれ」と思っても、口に出してはいけません。だって、子育てコラムを書いているんですから。

写真

 妻が「動物園」と呼ぶ、奇声、鳴き声がこだまする、この状況で書いてこそ「リアルなコラムだ」と自分に言い聞かせるが、はっきり言ってはかどらない。

 夜、「家ではうるさ過ぎて仕事になれへんわ」と妻に愚痴る。なんて、もってのほかです。うちの子育て貢献度は、妻7対僕3(妻証言に基づく)なんですから。すぐさま謝罪し、心を入れ替えて机に向かいます。と、こんな感じでいつも書いてます。

加瀬健太郎(かせ・けんたろう)

写真

 写真家。1974年、大阪生まれ。東京の写真スタジオで勤務の後、ロンドンの専門学校で写真を学ぶ。現在は東京を拠点にフリーランスで活動。最新刊は「お父さん、まだだいじょうぶ?日記」(リトルモア)。このほか著書に「スンギ少年のダイエット日記」「お父さん、だいじょうぶ?日記」(同)「ぐうたらとけちとぷー」(偕成社)など。10歳、8歳、3歳、0歳の4兄弟の父。これまでの仕事や作品は公式サイトで紹介している。

あなたへのおすすめ

PageTopへ