〈えほん〉「すいかのたね」作・グレッグ・ピゾーリ 訳・みやさか ひろみ

(2021年7月23日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

(長壁綾子撮影)

 ぼく、すいかが大好きなんだ! なんてったって、すいかが一番。赤ちゃんの頃からずっとずっと好きなんだ。朝、お昼、晩ごはん、デザートだってすいか! だけど、ある日うっかり種を飲み込んじゃった! どうなっちゃうんだろう…。

 おなかの中で育ってしまったら? 体がすいかの色になったら?と思い巡らすワニ。「もうすいかは食べないぞ」と決意するけれど…。

 果物の種をうっかり食べてしまった子どもが、一度は想像しそうなできごとを描く。最後のワニの表情に注目して。1210円。こぐま社=電話03(6228)1877。

あなたへのおすすめ

PageTopへ