12歳が発明したマスク留め「テリッパ」が商品化 SC相模原が29日のキッズイベントで販売

村松権主麿 (2022年4月25日付 東京新聞朝刊)

SC相模原仕様の「テリッパ」を手にし、襟にもマスクを留める嘉手納さん=相模原市中央区で

 新型コロナウイルス禍で必需品となったマスクを外した時、服やバッグに簡単に留められるよう、相模原市の中学1年、嘉手納杏果(ももか)さん(12)が発明したマグネットクリップ「テリッパ」の商品化に、サッカーJ3のSC相模原が乗り出した。29日にクラブが相模原市内で開く子ども向けイベント「キッズドリームデイ」で発売する。

特許6件の嘉手納さん 初の商品化

 嘉手納さんは、発明した3つのアイテムで計6件の特許を持つが、商品化は初めて。ポリ塩化ビニール製のテリッパは、両端に磁石と指入れを備え、マスクを服などにはさんで留める。2月には、祖父の資金援助で独自製作した1000個を相模原市に寄贈。報道で知ったSC相模原の関係者が「地元密着を掲げるクラブが商品化するべきだ」と発案した。

 本体をクラブカラーの緑にし、クラブロゴも施して500個を製作。イベント会場の相模原ギオンスタジアム(同市南区)場外に設けるグッズ売り場で、1個550円で販売する。快諾した嘉手納さんは「私が考えたものを地元のSC相模原が商品化してくれ、すごくうれしい」と話し、当日は売り場に立つ予定。

 イベントでは、ホームタウン5市町から選ばれた15歳以下のチームが元日本代表らと対戦し、YSCC横浜との公式戦もある。入場にはSC相模原の公式サイトなどでのチケット購入が必要。

2

なるほど!

2

グッときた

0

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • ポタリん says:

    もちろん、買わせて頂きます!!

    ポタリん 男性 50代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ