こうして子どもはベランダの手すりを乗り越える… 東京都が15秒動画で注意喚起

三宅千智 (2022年12月26日付 東京新聞朝刊)
 高層住宅のベランダなどから幼い子どもが転落する事故が全国で相次いでいることを受け、東京都は注意喚起の動画を作成し、東京都公式動画チャンネル「東京動画」で公開している。

110cmの高さ、4歳児が簡単に

 15秒の動画では一般的なベランダの手すりの高さ(110センチ)を4歳の子どもが簡単によじ登る様子を紹介。

  • ベランダに椅子などを置かない
  • 室外機は手すりから60センチ以上離す
  • ベランダのある部屋に子どもを1人にしない

-など事故防止のポイントも伝えている。

 最近では、10月22日に江戸川区の都営住宅12階から4歳の男児が転落死。11月2日には千葉市美浜区の高層マンション25階から2歳の男児が転落死した。外廊下やベランダから誤って落ちたとみられる。

 小池百合子知事は「年末は大掃除で窓を開けっ放しにすることも多い。工夫をして転落を未然に防止していただきたい」と注意を呼びかけている。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2022年12月25日

3

なるほど!

0

グッときた

0

もやもや...

2

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ