恐竜が人気をけん引、動物フィギュア「アニア」10周年 販売数3位はパンダ、2位はライオン、1位は…?

(2023年11月19日付 東京新聞朝刊)
blank

発売10周年を迎えた「アニア」の恐竜フィギュア

 子どもから大人まで魅了する恐竜。タカラトミー(葛飾区)で発売から10年を迎えた動物や恐竜のフィギュア「アニア」シリーズは、ティラノサウルスなどの恐竜が人気の上位を占める。子どものころからの恐竜好きを仕事に生かす人もいる。
◇アニアの10年間の累計販売数ランキング
1位 ティラノサウルス      
2位 ライオン
3位 ジャイアントパンダ      
4位 トリケラトプス
5位 ゴリラ
6位 プテラノドン
7位 ブラキオサウルス
8位 スピノサウルス
9位 クビナガリュウ
10位 コウテイペンギン

トミカ、プラレール、リカちゃんに並ぶ

 「10年続くヒットが難しい玩具市場で、トミカ、プラレール、リカちゃんに並ぶ定番ブランドに成長できた」と、タカラトミー企画開発課長の厚澤志麻さん。

 アニアは動物の特徴や種類を知りたいという子どもの知的好奇心を刺激する「立体動物図鑑」を目指し、社内プロジェクトとして商品開発した。遊びやすいよう子どもの手のひらサイズ。手足の形や皮膚感など細部もこだわる。ライオンなら口を開ける、カメレオンなら舌が伸びるなど、動く部分があるのがポイントだ。

「アニア」を手に話すタカラトミーの厚澤志麻さん=葛飾区で

 これまで266種を展開し、累計出荷数は1800万個以上。恐竜シリーズは2013年に販売開始し、ティラノサウルスやトリケラトプスなどが人気だ。

恐竜人気6位 クビナガリュウ

blank

10年間の累計販売数ランキングで、恐竜の中で6位のクビナガリュウ

恐竜人気5位 スピノサウルス

blank

人気5位のスピノサウルス

恐竜人気4位 ブラキオサウルス

blank

人気4位のプラキオサウルス

恐竜人気3位 プテラノドン

blank

人気3位のプテラノドン

恐竜人気2位 トリケラトプス

blank

人気2位のトリケラトプス

恐竜人気1位 ティラノサウルス

blank

発売以来不動の人気トップのティラノサウルス。羽毛が背中に描かれたバージョンもある(右)

想像だけでなく、研究成果も反映

 恐竜は実物が化石しかないため、色などは想像するほかない。「(熱帯雨林に生息する)ヒクイドリの色を参考にしたり、専門家に話を聞いたりしながら、子どもの喜ぶ色づかいに苦心しています」と厚澤さん。

 スピノサウルスは初期のアニアでは2足歩行だったが、最近の研究で4足歩行説もあるため、アニアでも4足歩行に変化。ティラノサウルスは羽毛付きと羽毛なしのタイプがある。

 今年は、福井県恐竜博物館とコラボした小型恐竜「アニア フクイベナートル」発売やテレビアニメ化など展開も広がった。

空想をかきたて…広がる恐竜人気

 恐竜は集客力もある。アート集団「チームラボ」(千代田区)が原宿の携帯電話会社で開催中の体感空間「捕まえて集める恐竜の森」は、展示された恐竜などの太古の動物を捕まえる作品。スマートフォン片手に観察し、自分の図鑑を作る。「子どもが喜んだ」「迫力がある」などと好評だ。

写真

「チームラボ」が開催中の体感空間「捕まえて集める恐竜の森」=原宿で

 子どものころからの恐竜好きを仕事に役立てる人も。大日本印刷(新宿区)で働く宮澤悠大さん(37)は3歳のころからの恐竜好き。部署の担当にとらわれず、町おこしの企画支援など恐竜に関する仕事に積極的にかかわる。4年前から始めた副業「恐竜コンサルタント」として子ども向けイベントなども開いた。

写真

副業で恐竜コンサルタントの仕事をしている宮澤悠大さん=大日本印刷提供

 こうした経験は、大日本印刷の拡張現実(AR)技術やプロジェクションマッピングの商材を使った展示企画やイベント運営など本業にも生かされ、「個人の強みを高める副業が会社のメリットになる」と広報担当者。宮澤さんは「空想をかきたてられるロマンが恐竜の魅力。コンテンツとして可能性が大きい」と話した。

写真

恐竜コンサルタントとしての副業経験を生かし、イベント運営など会社の仕事にも生かしている宮澤さん(中)=大日本印刷提供

1

なるほど!

2

グッときた

0

もやもや...

1

もっと
知りたい

あなたへのおすすめ

PageTopへ