「年度内の異動の発表、いいことばかりです!」東京の教員異動発表が早まり喜びの声

(2023年4月7日付 東京新聞朝刊)
写真

東京都の教員異動の公表前倒しを伝える「東京すくすく」の記事

 先月末、都内の区立小学校6年生を受け持つ知り合いの先生から、うれしいメッセージが届きました。「年度内の異動の発表、いいことばかりです! しっかりとあいさつはできるし、こそこそ異動の準備をしなくて済むし。かわいい卒業生としっかりお別れして、よい卒業式になりました」

 3月から4月にかけての年度替わり、東京都の公立の学校現場では大きな変化がありました。それは教員異動の公表のタイミング。昨年までは4月1日に発表されていましたが、「先生と子どもがしっかり別れを交わせるように」と前倒しされ、今年は3月21日に発表がありました。

 冒頭の先生からは昨年、「異動が分かっているのに、年度内は秘密にしなければならないことは苦しいものです」と聞いていました。本紙や「東京すくすく」でも、年度内の発表を求める教員や子どもたちの声を伝えてきたので、状況が好転したことに喜びと手応えを感じています。

 すくすくで関連記事を読んだ30代の女性からは「先生と生徒でトラブルが発生している場合にも、年度内に人事異動が発表されることは非常に重要」という意見がありました。教員との関係が原因で学校に行けなくなっている子どもの中には、状況が変わることで登校への意欲を持てるようになるケースもある、との指摘でした。

 始業式が行われ、先生と子どもが新しく出会う時期です。私もひとりの保護者として、子どもが先生と良い関係を築けるように応援しつつ、気持ちの揺れにも目配りしていきたいと思います。

0

なるほど!

2

グッときた

1

もやもや...

0

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 教師のバント says:

    東京都に限らず、全国の公立高校は人事異動の結果を2月中に公表するべきである。

    その理由は、先の投稿でも触れたが、①一つは職員室内の業務過多の緩和であり、②時間講師の獲得に時間を要することである。加えて③異動該当者の引っ越しの大変さを加えても良いだろう。教員に限らないが、年度末は引っ越しが集中するので、業者を確保するのが大変難しく、状況は年々悪くなっている。そしてこれらの問題の根っこは全て「人手不足」である。説明しよう。

    ①については、入試関連、卒業式、分掌業務の再編成、旧年度の反省&新年度の計画等、授業以外の業務が集中すること。そこから異動予定者は4月からいなくなるので、計算外である。少ない人数で他の月よりも格段に多い業務をこなす必要があるので、準備の時間は長ければ長いほど良い訳だ。
    ②既に各方面から、主に教員の成り手不足という観点から、弊害が指摘されている問題である。実際、講師はつかまらない!しかも年々状況は悪化するばかりである。多くは管理職(殆ど教頭)が一縷の望みで電話をあちこちに掛けまくるのだが、上手くいかない。来てくれそうな人は引っ張りだこであるから当然だ(しかも近隣高校同士で奪い合いだ)。人によっては教科主任に丸投げする酷い管理職もいる(気持ちは解るが)。
    ③これは学校の話というよりは、引っ越し業者の問題であるが、早め早めに動いて確保しないと、異動というよりも移動できなくなってしまう。これは業者の側の人手不足に起因する。

    生徒は恩師にお別れが言えるようになると喜んでいるようであるが、その恩師同士も人事公表の前倒しは(上記の理由で)嬉しいことだ。

    教師のバント 男性 50代
  • 教師のバント says:

    記事は主に生徒と教員の間の関係改善を伝えた内容であるが、まず東京都がこれまで次年度に人事異動を公表していたことに驚いた(私は他の道府県勤務)。

    私がいた道府県では大体春分の日前後に公表されていたが、実はこれでも遅いくらいだ。2月中に公表されば、仕事の引き継ぎや次年度の校内人事がスムーズに進むので、良いことが多い。なぜ早まらないのか?それは秘密をバラされる(バラす?)危険が大きいためか。大体私の道府県では内示が3月の第1週で公表まで約2週間。また土壇場で、漸く決まった人事をごねてひっくり返す輩の存在か。

    いずれにしても、公表は大人達にとっても早い方が良い。年度末から次年度初めにかけての超多忙や欠員を埋める時間講師の獲得の困難さを思い返すと、それらが少しでも緩和されると、今更ではあるが思うのである。

    教師のバント 男性 50代

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ