東京都「018サポート」申請はここが難所! みんなが困ったポイントを解説します 締切に間に合わなかったら? 来年度は?

来年1月支給なら12月15日までに

 東京都が18歳以下の子ども1人に月5000円を支給する「018(ゼロイチハチ)サポート」の申請はお済みですか? 2024年1月の支給のためには12月15日までに申請する必要があります。「手続きはスマホでかんたん!」と都はチラシに書いていますが、「そうでもない」という声が未だに多いのも事実です。東京すくすく編集チームが自らの申請や取材で気付いたポイントをまとめました。あくまでその時点の個人の経験で、都は案内などを日々改善しているようですが、みなさんのご参考になれば幸いです。

図解 018サポート申請の流れ

東京都の「018サポート」事業

 東京都内在住の子どもに月額5000円を支給する事業。2023年度中に生まれた子や転入・転出した子は在住期間のみ受け取れる。所得制限はない。12月15日までの申請で来年1月に最大6万円が一括支給されるが、12月16日以降も申請は受け付ける。2023年度予算で関連経費1261億円を計上した。

◇区分と必要書類を確認しましょう

 申請に必要な書類は主に3種類になります。

  1. 申請者(保護者ら)の身分証明
  2. 申請者と子の関係の証明
  3. 振込先の通帳かキャッシュカード(保護者らか、子の名義)

 申請者(保護者ら)の身分証明は、マイナンバーカードなら1枚で大丈夫ですが、それ以外だと、「運転免許証や保険証」など2点の証明が必要となります。合わせて、オンライン申請では「対象者区分」を記入する必要があり、申請途中でも区分検索画面に飛ぶことはできますが、事前に「必要書類・申請方法確認」のページで調べておくとより安心です。区分は「A27-1」になるケースが多いようです。区分によって違う必要書類も、このページで確認できます。

マイナンバーの場合

 申請者本人のマイナンバーカードと、署名用電子証明書のパスワード(6~16桁の英数字)が必要となります。また認証のため、「TRUSTDOCK」というアプリをダウンロードする必要があります。こちらも申請前にダウンロードしておく方がスムーズです。

 記者Aは「TRUSDOCK」でのマイナンバーカード読み取りがうまくいかずにいったんあきらめましたが、再挑戦して成功しました。

 困っている人は、マイナンバーカードの公式サイトにある読み取り方法の解説を見てみましょう。AndroidiPhoneそれぞれ説明があります。

 また10月末、東京都018サポート給付金コールセンター=電話 0570-082-018=に問い合わせたところ、認証がうまくいかない場合はスマホを動かしたり傾けたりすると良い場合があるという助言を受けました。

免許証&保険証など

 父親である記者Bが、自分の運転免許証・自分の健康保険証・子ども医療証・自分の銀行キャッシュカード―の4点で申請したところ、15分程度で完了できました。スムーズだったのは、子ども医療証に自分の名前が保護者として記載されていたためだと思います。保護者が夫婦の場合、世帯主ではなく生計を主に負担しているほう、つまり所得の多いほうが記載されているそうです。

 なお健康保険証を本人確認書類として使う場合は、写真を撮影する際に不必要な番号などを見えないようにマスキング処理する必要があります。写真を撮る前に小さく切った紙などで該当部分を隠すか、撮影・スキャンした写真の該当部分を画像編集ソフトなどで塗りつぶしましょう。

扶養者ではない場合

 子どもの保険証や医療証にある保護者の名前が申請者本人でない場合は、申請者と子どもの関係性を証明する住民票などの書類が必要になります。

◇オンラインだけでなく郵送も可能

 オンライン申請ではなく、郵送で申請することもできますが、専用の申請書類を取り寄せる必要があります。

blank

郵送用の「018サポート給付金 申立書」

 東京都018サポート給付金コールセンター=0570-082-018=へ連絡してください。郵送料は申請者負担で、受け取りから配達までの記録が残る簡易書留などで送る必要があります。

◇申請手続きの解説動画も参考に

 018サポートのサイトでは、「よくあるご質問」に申請手続きを解説する動画もあります。

事前準備編

全体編(マイナンバーカードでの本人確認編)

全体編(本人確認書類2点アップロード編)

12月15日までに申請できなかったら? 支給日は? 東京都 福祉局 子供・子育て支援部に聞きました

ー申請したのは何%くらいですか?

 11月28日時点で、対象者約200万人のうち、67.5%の約135万人が申請済みとなっています。

ー申請が通ったかどうかはいつ分かりますか?

 審査結果については、12月16日以降に随時、通知メールが届く予定です。

ー支給日はいつですか?

 特に不備がない場合は、2024年1月中に振り込まれますが、振り込みは分散して行われる予定で、「振り込みしました」などとの連絡もありません。

ー12月15日までに申請が間に合わなかったら、どうなりますか?

 申請は12月16日以降も受け付けますが、その場合の支給日はまだ決まっていません。

【12月15日追記】小池百合子都知事は12月15日の会見で、2月15日までに申請した場合は3月に支給され、3月15日までに申請した場合は4月に支給される、と発表しました。3月16日以降の申請については、まだ対応方針が決まっていないそうです。

ー本年度限りなんですか?

 2024年度も継続するため、福祉局として予算要求中で、1月末に決定する東京都の予算案に盛り込まれれば、2月の都議会で審議される見通しです。


【12月15日追記】

 東京都は「12月16日(土)までに申請の不備の連絡があった場合は、必要な修正を行った上、12月28日(木)までに再提出すれば、1月に給付金を支給する」と13日に発表しました。

 再提出が12月29日以降となる場合は、支給時期は「2月上旬以降」と予定しています。決まり次第、018サポートのポータルサイトやX(旧ツイッター)などで発表される予定です。

 また、12月17日(日)以降に申請の不備の連絡があった場合については、東京都の担当者によると、修正して1月5日(金)までに再提出すれば、1月中に支給されるとのことです。

写真

東京都の018サポートのチラシ。「手続きはスマホでかんたん!」と書かれている

6

なるほど!

1

グッときた

11

もやもや...

6

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ