東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「里親情報も得られるように」古泉智浩さん(漫画家)

   

 里親として赤ちゃんを迎え、男の子(4歳)と女の子(ゼロ歳)を育てています。上の子は養子縁組をしたので今は戸籍上も親子です。

 不妊治療をやめて里親になろうと思ったとき、自治体の制度を比較できるようなデータがありませんでした。東京では養子縁組里親と養育里親の片方しか選べませんが、養子縁組だと200人待ち。僕の住んでいる地域では両方に登録でき、養育里親としてすぐに赤ちゃんを預かることができました。サイトでこうした情報を得られるといいですね。

 虐待死などの事件があったとき、一方的に親や児童相談所を責めるのではなく、その背景にある事情、苦しみを拾ってあげてほしい。子どものことを第一に考えてくれるサイトができるのはうれしいです。

こいずみ・ともひろ

1969年生まれ。ヤングマガジンちばてつや賞大賞受賞。代表作『ジンバルロック』『死んだ目をした少年』『チェリーボーイズ』など。現在、漫画配信サイト「Vコミ」にて『漫画 うちの子になりなよ』連載中。東京すくすくでは2018年10月1日に連載「里親映画の世界」がスタートしました。

 東京新聞の子育てサイト「東京すくすく」のスタートにあたり、日ごろ子どもたちとかかわったり、子育てを支えたりしているさまざまな分野の方たちからメッセージをいただきました。