東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

特集〈おかげさまで、東京すくすく1周年〉みなさんの声を受け止めて

   

東京すくすく おかげさまで1周年

 東京すくすくは9月、1周年を迎えることができました。読者のみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。育ちゆく命に伴走することは本来、とてもワクワクすることのはず。でも、この1年、すくすくには子育てに悩んだり、迷ったりしている人たちからの声もたくさん届いています。すくすくのサイト紹介文に記した「新聞社にいる私たちも皆さんと一緒に答えを探していきます」との思いをあらためて心に刻みながら、1年を振り返る特集をつくってみました。

「たたいてしまった」多数のコメント

 東京すくすくの1年で大きな反響があったのは、「たたかない子育て」をめぐる記事です。 子ども虐待が相次ぎ、社会的な課題となる中、子育て真っただ中の人たちから、たたいてしまったという後悔や、どうしたら改善できるのかと悩むコメントが今も継続的に寄せられています。皆さんの気持ちを少しでも和らげたり、子育てのヒントを得たりしてもらえたらと考え、2つのインタビューを掲載します。


「たたきたくない」と思えればいい 親のあなたが抱えるつらさを、まず整理しましょう 公認心理師 帆足暁子さんインタビュー

 東京・世田谷の小児科で長年、多くの親子と接してきた公認心理師・臨床心理士の帆足暁子さんに、今まさに悩んでいる親の皆さんへのアドバイスとメッセージをいただきました。→こちら 


体罰禁止が法制化 親はどうなる? 「たたいてしまった、というSOSはウエルカムです」 弁護士 山下敏雅さんインタビュー

 親の体罰を禁じる法律や条例が整備されてきたことで、「たたいてしまうことを相談したら、どうなってしまうのか…」と不安に思っている人もいるのではないでしょうか。弁護士の山下敏雅さんは「法律は悩む親を追い詰めるものではありません」と断言します。→こちら 

よく読まれた記事 ベスト10

 この1年、皆さんによく読まれた東京すくすくの記事ベスト10を紹介します。出産後、夫婦関係が悪化する「産後クライシス」や自閉症の長男を育てる父親の思いを紹介する記事など、家族のありようをめぐるテーマが上位に。乳幼児の適切な塩分摂取や子どもの便秘など、子育てに役立つ情報も多くの方に読んでいただいています。

◇東京すくすく 1年間の「よく読まれた記事」ベスト10
 第1位 「産後クライシス」夫婦仲の悪化を防ぐには? 夫は「一番大変な3カ月」を逃すな! →こちら 
 第2位 自閉症の長男を育てる記者の思い「息子よ。そのままで、いい。」→こちら  
 第3位 よしお兄さん&りさお姉さんインタビュー(1)奇跡に近い毎日。やりがいしかなかったです →こちら 
 第4位 乳幼児の塩分取り過ぎに注意…1歳児は小さじ1杯で死亡の恐れ →こちら 
 第5位 池袋暴走事故 妻と娘を失った父が思い出の動画公開 厳罰求める署名呼び掛け →こちら 
 第6位 ぐずる子どもに手を上げて自己嫌悪…そんなあなたに「たたかない子育て」3つのヒント →こちら  
 第7位 赤ちゃんほしい…その前に「4感染症」の抗体検査を →こちら 
 第8位 〈ペアレント・トレーニング〉1・怒ってばかりで疲れるなら、子の行動を3つに分けてみよう →こちら 
 第9位 子どもの便秘に要注意!「3~8歳の2割」との調査も なりやすい時期と原因、治療方法は? →こちら 
 第10位 〈家族のこと話そう〉女優 森尾由美さん 上の娘は25歳、ほめることができなかった →こちら 

 子育て家庭の味方「おかあさんといっしょ」を卒業した、よしお兄さん&りさお姉さんのロングインタビューには、“ロス”になったママたちから、「ありがとう」のコメントもいただきました! じっくり考えてもらったり、すぐに暮らしに役立ててもらったり、ほっと一息ついてもらったりできる記事を引き続き発信していきたいと思います。

「子育て日記」執筆者からのメッセージ

 人気コーナー『子育て日記』の4人の執筆者の方たちから、東京すくすく1周年に寄せてメッセージをいただきました。

◇奥山佳恵さん(女優・タレント)

連載で再認識できる「キラキラ」

◇古泉智浩さん(漫画家)

今のところは何とか不始末は…

◇坂本美雨さん(ミュージシャン)

このサイトの”雰囲気”が好きです

◇清水健さん(フリーアナウンサー)

うれしい声「すくすく、見てるよ」

音声コンテンツ「東京すくすくラジオ」

 「東京すくすく」の記事の中で、特に多くのコメントが寄せられたのが「自閉症のわが子へ」「ぐずる子どもに手を上げてしまう」「誰だって虐待と隣り合わせ 編集チーム座談会」の3本です。みなさんからのコメントを紹介しつつ、記者が感想や取材の裏話を語る音声コンテンツをつくりました。どんな記者が書いているの? と少しでも興味を持ってくださったあなた、1本10分ほどです。ぜひ聞いてみてください。

◇自閉症の長男を育てる記者の思い「息子よ。そのままで、いい。」

◇ぐずる子どもに手を上げて自己嫌悪…そんなあなたに「たたかない子育て」3つのヒント

◇誰だって虐待と隣り合わせ 「たたいてしまった、怒鳴ってしまった…」すくすく編集チーム座談会

編集チームメンバーの思い

 東京すくすく編集チームではこの1年、読者の皆さんにどんな情報を届けたらいいのか試行錯誤してきました。メンバーの思いの一端を紹介します。

◇こんな思いで「東京すくすく」をやっています 編集チームメンバーからみなさんへ 

1周年記念「すくすく文化祭」開催します!

 1周年を記念して「すくすく文化祭」を開催します。「子育て日記」を連載中のミュージシャン・坂本美雨さんが思い出の地、高円寺に登場!一緒に笑って、音楽を聴いて、日頃の疲れを少し忘れてみませんか?→こちら 

 子どもたちや子どもを育む大人たちがもう少しゆったりした空気に包まれる社会であるように、記事を通して提案し続けたい。皆さんの隣にそっとたたずむことができるようなサイトでありたい。そんな思いで2年目を歩み始めたいと思います。(東京すくすく編集長 小林由比)