東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

〈ペアレント・トレーニング〉1・怒ってばかりで疲れるなら、子の行動を3つに分けてみよう

(2018年10月5日付 東京新聞朝刊)

笑顔が増える ペアレント・トレーニング

 「ペアレント・トレーニング」という言葉を聞いたことはありますか? 発達障害児の親向けに採り入れられることが多い手法で、子育てのさまざまな場面で有効です。実施経験が豊富な、心身障害児総合医療療育センター(東京都板橋区)の小児科医・長瀬美香さん(50)と臨床心理士・三間(みま)直子さん(47)に、声掛けや振る舞い方のヒントをいただきます。初回は、長瀬さんに「小2の息子に怒ってばかりで疲れる」という悩みへの対応を聞きました。

悩み「小学2年生の息子に怒ってばかりで疲れます」

 朝は「遅刻するよ!」、夜は「宿題と明日の準備、早く終わらせなさーい!」。なかなか自分から動こうとしない小学2年生の息子。怒ってばかりで疲れます。

解決のヒント「子どもの行動を3つに分けてみましょう」

<小児科医・長瀬美香さんから>

 毎日同じことを繰り返し注意するのは、うんざりしてしまいますね。怒ることで、子のやる気をそぎ、場合によっては反抗的な態度を生む-という悪循環に陥っている可能性があります。

 ここでお子さんの行動が本当に怒る必要のあるものなのか、一度見つめ直してみませんか? もしかしたら、「いいな」と思える行動も隠れているかもしれません。まずは、子どもの日常の行動を、次の3つに分けて書き出してみましょう。

(1)好ましい行動(望ましい行動)

(2)好ましくない行動(減らしたいが危険ではない行動)

(3)危険な行動、許しがたい行動(人や物を傷つける行動)

 (2)や(3)はたくさん挙がるかもしれません。(1)は「おはようと言うと、おはようと返す」のような当たり前のことでもいいですよ。素晴らしい行動でなくても、「明日もしてほしい」と思ったら(1)に挙げましょう。

 ポイントは、第三者が読んだ時に状況が思い浮かぶように書くことです。例えば「朝、だらだらする」ではなく「登校する時間が近づいてもソファでテレビを見ている」のように、具体的な言葉にしてみましょう。

イラスト

 次回から、(1)(2)(3)それぞれの行動に対して、親がどんな対応をするとよいかを学んでいきます。 

やってみると 

 3つに分けることにどんな意味があるんだろう、と半信半疑で取り組みました。(1)を挙げることで「いいところもいっぱいある」と気付きました。やはり(2)は多いですが、本当に問題な行動は(3)だけなのかもと感じ、少し気が楽になりました。

ワークシート

記入例:第三者が読んだときに状況が思い浮かぶように、具体的に書くのがポイント。1~2週間かけて、思いついたときに書き出してみましょう

担当記者から

 4歳、小学2年、4年の3人の子育て中です。先日、ついに末っ子に「お母さん、いつも怒ってるよね」と言われてしまいました。ペアレント・トレーニングは主に発達障害児の親向けに採り入れられていますが、子育てに役立つヒントがいっぱい。2人の専門家に話を聞きながら、イライラしない子育てを目指して進みます。

※「笑顔が増える ペアレント・トレーニング」は毎月第1金曜に掲載します。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

コメント

  • 匿名 より:

    一年生の孫を叱る娘夫婦の事を思い浮かべて、孫が心配になります。この記事をうまく伝えられると良いのですが。

  • 匿名 より:

    21歳、18歳、14歳の子供がいます。
    なるほどそうだったのかと、腑に落ちることだらけです。もっと早くこの記事に出会いたかった!

  • 匿名 より:

    ADHDの子を持つ母親です。
    子どもは小学校2年ですが、毎日同じこと(朝顔を洗う、歯を磨くなど基本的な日常行動も)を言わないとできず、苛立ってしまうことが多く怒ってばかりで悩んでいました。
    書き出してみると、意外と1もあることに気がつきました。褒めると調子に乗り空回りしてしまうことが多いので、子どもにできていることは「よし!」認めるようにしました。
    2ならそこまで叱る必要もないのかもしれませんね。
    3のときはしっかりと叱る。メリハリを持って子どもに接しようと思いました。
    とても役立つ考え方だと思います。

  • 匿名 より:

    私も最近怒ってばかりで嫌になってました。
    早速やってみたいと思います。少しでも自分が落ち着けたらいいですね。

  • 匿名 より:

    学童保育の現場で、子どもの気持ちを中心に見守り安全配慮で過ごせるようにしたいのですが、一人一人の気持ちを優先するあまり、支援員がブレているということを痛感します。差別ではなく、気持ちを言える子どもと言えない子どもへの対応を、一人ではフォローしきれないからです。
    教室、学校、部活動というルール違反だから、注意したという時の、その子の気持ち。なぜルール違反したのか?聞き取れないうちにレッテルを貼る。そういうコミュニケーションとフォローが学べる情報発信と研修は、家庭と地域でも必要だと思います。嫌なことされた、した、どちらも自分以外の誰かの行動があって、自分も同じ事をしてしまう引き金になっている、だから、自分で考えてわからなければ聞く。それに対して大人は、常識だから、マナーだからで終わらせず、知らないなら教える。どう思うか、子どもに聴いて考える時間を作る。その子が知らないことを大人が知らずに、ただ注意や怒ることをしてしまいがちだから、子どもらからの声として、言っても無駄、どうせ聴いてくれない、につながる事を、日々目の当たりにして子どもの気持ちを無視しないことの、信頼を作るか壊すかの一瞬の判断をしなければならない現場の中で、繰り返し繰り返し、あの時が話を聞く時だったなと、反省して思います。取り返しがつかないように。そのための今回のLINEの取り組み、すごく気を使う事ですよね。答えは、わかってくれる大人がいる事なんだと思います。担任はイヤだけど校長先生は優しい、でも、副校長先生はいつも怒るから怖い。そんな受け止め方の中で、優しい校長先生と怖い副校長先生のバランスは、家庭でも同じですし、学童保育の支援員の役目も同じです。誰の言葉で自分を守れるか、探している子どもらに、親も教室も学童保育も地域も、全部が子どもに向き合う社会であろうとすることを当たり前にできる取り組みになりますように。そして、それが子どもを脅かす者への最強の味方と防御と反撃になることを祈る思いでおります。