〈ペアレント・トレーニング〉1・怒ってばかりで疲れるなら、子の行動を3つに分けてみよう

(2018年10月5日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

笑顔が増える ペアレント・トレーニング

 「ペアレント・トレーニング」という言葉を聞いたことはありますか? 発達障害児の親向けに採り入れられることが多い手法で、子育てのさまざまな場面で有効です。実施経験が豊富な、心身障害児総合医療療育センター(東京都板橋区)の小児科医・長瀬美香さん(50)と臨床心理士・三間(みま)直子さん(47)に、声掛けや振る舞い方のヒントをいただきます。初回は、長瀬さんに「小2の息子に怒ってばかりで疲れる」という悩みへの対応を聞きました。

悩み「小学2年生の息子に怒ってばかりで疲れます」

 朝は「遅刻するよ!」、夜は「宿題と明日の準備、早く終わらせなさーい!」。なかなか自分から動こうとしない小学2年生の息子。怒ってばかりで疲れます。

解決のヒント「子どもの行動を3つに分けてみましょう」

<小児科医・長瀬美香さんから>

 毎日同じことを繰り返し注意するのは、うんざりしてしまいますね。怒ることで、子のやる気をそぎ、場合によっては反抗的な態度を生む-という悪循環に陥っている可能性があります。

 ここでお子さんの行動が本当に怒る必要のあるものなのか、一度見つめ直してみませんか? もしかしたら、「いいな」と思える行動も隠れているかもしれません。まずは、子どもの日常の行動を、次の3つに分けて書き出してみましょう。

(1)好ましい行動(望ましい行動)

(2)好ましくない行動(減らしたいが危険ではない行動)

(3)危険な行動、許しがたい行動(人や物を傷つける行動)

イラスト

 (2)や(3)はたくさん挙がるかもしれません。(1)は「おはようと言うと、おはようと返す」のような当たり前のことでもいいですよ。素晴らしい行動でなくても、「明日もしてほしい」と思ったら(1)に挙げましょう。

 ポイントは、第三者が読んだ時に状況が思い浮かぶように書くことです。例えば「朝、だらだらする」ではなく「登校する時間が近づいてもソファでテレビを見ている」のように、具体的な言葉にしてみましょう。

 

第三者が読んだときに状況が思い浮かぶように、具体的に書くのがポイント。1~2週間かけて、思いついたときに書き出してみましょう

「子どもの行動を3つにわけて書き出す」ためのPDFファイルを、こちらからダウンロードできます。

 次回から、(1)(2)(3)それぞれの行動に対して、親がどんな対応をするとよいかを学んでいきます。 

やってみると 

 3つに分けることにどんな意味があるんだろう、と半信半疑で取り組みました。(1)を挙げることで「いいところもいっぱいある」と気付きました。やはり(2)は多いですが、本当に問題な行動は(3)だけなのかもと感じ、少し気が楽になりました。

ワークシート

担当記者から

 4歳、小学2年、4年の3人の子育て中です。先日、ついに末っ子に「お母さん、いつも怒ってるよね」と言われてしまいました。ペアレント・トレーニングは主に発達障害児の親向けに採り入れられていますが、子育てに役立つヒントがいっぱい。2人の専門家に話を聞きながら、イライラしない子育てを目指して進みます。

※「笑顔が増える ペアレント・トレーニング」は毎月第1金曜に掲載します。

連載「ペアレント・トレーニング」の記事一覧はこちらです。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    記事は理想論だと思ってしまいます。
    みなさんのコメントの方が、自分と同じ気持ちで子育てをしているんだと助けられる思いでした。

  • 匿名 より:

    やってみようと思えないほど疲れています。ペアレントトレーニングをやれるのは、余裕があるときだけだと思います。記事を読んで、これ以上頑張らないといけないのかと、ストレスになりました。

  • 匿名 より:

    ペアトレ頑張る前に優しくできません。
    12歳の上の子が多動型の発達障害で毎日うっかりが多く物をすぐ壊す、人にぶつかっても気付かない、物を落としても気付かない、刃物など下の子が危険な物をすぐ置きっぱなしにして下が怪我をしたり、注意した2秒後には同じ事をする始末で下の2歳と喧嘩をして泣かせる毎日で下の子にはこう言えば泣かずに言う事を聞いてくれるよと毎回教えてもすぐに切れて手を出したりして私が怒鳴りつける毎日です。
    下は一度言えば大体理解してやめるのに上は注意してもやめず3回目に注意する時には私が怒鳴り散らすのパターンが毎日です。
    情けなくなって泣きたくなります。
    一度で言うことを聞いてくれない上の子が可愛く思えず甘えてきても都合の良い時だけ…とイライラしてしまいます。くっついて来たりしても言いはしませんが嫌だなと思ってしまいます。下の子だとそんなこと思わないのに…
    良いところもあるし、私が具合の悪い時は心配してお皿洗いをしてくれたりする優しい面も有ります。昔に比べたら道路に飛び出したり人混みに突進したり、人に飛びつく事をしなくなって私も体力的にはすごく楽にはなって来ているのですが、人間関係などの問題などで学校からの電話も多く精神的な面では悩みが増えて来ています。
    おそらく発達と健常をお育てのご家庭での親御さんが悩む事なのかもしれませんが、どうしても優しくできない時などはみなさんどうされていますか?
    下はまだ小さいから危ない事をした時以外はあまり怒らないのもあって私自身態度の違いもあるのかなとは思っていますが、でも上の子が居間に来るとすぐ喧嘩になるので自室にいてくれれば良いのに…とすごく思います。
    なるべくすごく怒ったあとはフォローをしてはいますが、最近は生理前などにすごくイライラするようになってしまい、我慢できず大した事じゃなくても感情的に怒鳴ることが前より増えてきました。
    最低で嫌な母親…私に育てられてなかったらもっと良い子に育っただろうな…と怒った後毎度思ってしまいます。

  • 匿名 より:

    役に立たなかった

  • 匿名 より:

    親が定型発達だから理解出来なくて苦しい

  • 匿名 より:

    ↓と同じ気持ちです

  • 匿名 より:

    頭ではわかりますが
    実際、ADHDで注意欠陥が半端なく、見通しが立てられない行き当たりばったりで生きている夫と、グレー診断の娘と毎日毎日向かいあい続ける生活の中ではまったく役に立ちません…

  • 匿名 より:

    危険または許しがたい行動しか出てきません。読んでても結局は綺麗事のお話ばかりでウンザリしました。癇癪起こしたら、どうしようもありません。怒っても意味がないと分かっていても、怒るしかないんです。良いところを褒めても、共感しても、スルー出来ないことばかりの毎日なんです。もう良い加減疲れてきました。ご飯をなかなか食べない子でもいい。お菓子ばかり食べたがる子でも良い。とにかく普通の子育てがしたいです。

  • 匿名 より:

    中二でadhd グレーで処理速度が遅く、書字が難しいです。
    夏休みに膨大な宿題が出ました。後回しがあるので、本当に困りました。しかし本人なりに徹夜などをして仕上げましたが、漢字の書き取りがのこりました。字が汚いないことと、間に合ってないこととを理由に、国語の先生から叱責のほかにバツプリという漢字練習するプリントがさらに出されました。だから夏休みの宿題はますます終わりません。検査結果は知らせてありましたが、私はこれまでこの方法でやってきたほかの生徒と同じように扱うから。と言われました。合理的配慮をお願いしても、先生自体が発達障害について理解できていない状態です。大量の宿題の提出は、成績の対象にもなるので二重苦のほか二次障害も引き起こています。

  • 匿名 より:

    グレーの小2の息子の事です。普通学級です。学校や習い事(公文、スイミング、サッカー、英語、硬筆)外では優等生らしく、裏の顔を伝えてもイマイチ理解されず。成績も普通より上。家では宿題などやらなきゃいけないことは後回し。直ぐに約束を破り遊びにいく、ゲームが出来ないと暴れて叫ぶ。旦那に制限時間をかけられた。
    毎日、宿題をやれ~と…疲れました。冬休みの宿題も当然進んでおらず。おまけに夏休み並みの量が出ています。
    こっちが、おかしいのか?私が勝手に発達障害だと思い込んでそうさせているのか?ペアトレも受けましたが、うちみたいな性格だと通用しないし、わかりきった事しかカウンセラーの先生も言わない。
    医師も外で普通なので…と診断名もつかず。結局は、病院に行っても解決するわけではないし、その場しのぎで、本人は、はい、わかりました!と。もう約1年、通院すらしなくなってしまいました。
    皆さんのお子様は、宿題とかどうされていますか?自らやるのでしょうか?(T_T)
    うちは、旦那が仕事の都合で基本的に月に2回くらい帰ってくればいいほうなので(日中のみ)ほぼワンオペです。3歳の娘の方が可愛くて。

  • 匿名 より:

    ADHDと学習障害を持つ小5女子の母です。
    ほんと理不尽で悲劇のヒロインぶりに疲れます。いい加減にしてくれってなります。2つ下に弟がいますが、やり取りをきいてるとほんと下の子が不憫。でも気持ちの切り替えも姉とのやり取りもなんか私より上手です(笑)
    だから余計お姉ちゃんの行動が悪目立ちしてイライラしてきてしまいます。いつも弟ばっかりって言われるけど、そんな理不尽な事やったり汚部屋作り上げるのはあなただもの。ほめることが難しいです。最近はなんか機嫌良さげなときはあざといって感じてしまったりして、素直にほめられないし抱きしめられないです。一緒にいて笑えない。
    母子家庭なので私もお姉ちゃんもお互い逃げ場がない。自分で気持ちを整理するしかない。そんな私と姉に挟まれて、弟君は雰囲気を感じ取って泣き出すし、弟君の心が心配。
    身の回りにこんな感じの子がいたら、関わらないようにするだろうな。めんどくさいもん、、、

  • 匿名 より:

    ペアトレを実際に受けましたが、すべて少なくとも頭ではわかっていることばかり、実際には待った無しで次々に難問がふりかかり、そんな気休めのテクニックでは救われないのが現実です。

  • 匿名 より:

    コメント欄を見て慌ててこちらに投稿しようと思いました。私自身2年生の長男が発達障害のグレーゾーンで通常クラスで支援していただいています。なので、同じようなお子さんや、それ以上に手がかかってしまうお子様を持つ親御さんが日々苦悩を抱えていらっしゃるのは少しはわかると思います。
    私は先日まで、息子が発達障害かもしれないと理解しつつも、どこかで実は違うかもしれないとか受け入れてない自分がいました。でも、先日同じような通常クラスで支援を受けている小学中学の保護者のつどいというのが自治体であり参加してきました。
    それまで誰にも言えなかったうちの子だけどうして…のような経験を、みなさん同じようにお持ちでした。
    解決策が見出せたわけではありませんが、同じような親御さんに会えたことで、うちだけじゃないんだ、同じようなことで共感してもらえる人がいるんだということにとても救われました。
    他の方がおっしゃってたのは、自分を責めてはいけないということです。誰も悪くないんです。ただ、現実を受け止めてお互いにとって1番良い方法を実行すればいいんだと思いました。それからの私は、うちの子は他の子とは明らかに違うと認めて、一般的なしつけなんてものは通用しないからやめようと決意しました。ただ、息子に必要なことをしてあげなければいけない、できないことは助けてあげなきゃいけない。息子が何歳だとかそんなのは関係ないと、なんだか吹っ切れました。
    私も一時期無感情になり、息子が可愛く思えず、育児放棄しかけた時もありました。
    でも、そんなことは誰も望んでいないし、みんな本当は子供がかわいい、仲良くしたいんじゃないでしょうか?
    自治体やどこかに、同じ境遇の方と出会う機会はないでしょう??そんなのではダメでしょうか?発達相談センターや療育機関、どこでもいいので、とにかく親御さんのケアが何よりだと思います。
    調べたりしていると、本人の症状が良くなるということは難しいようですね…
    でも、愛情さえ伝えてあげれば、一番の理解者はお母さんお父さんだとわかってくれているのではないでしょうか?
    どうか、どうか自分を責めず、以前の優しいお母さんお父さんに戻ってほしいと思います。まずは苦しんでいる親御さんが救われないといけないですよね…
    偉そうなことを言ってしまい申し訳ありません。

  • 匿名 より:

    うちも6年の女の子です。幼児の頃から療育、ペアレントトレーニングと必死にやってきました。だけど、その場しのぎの対処法と最近気づきました。ウチだけかもしれませんが、その子の根本の成長はそんなにしない気がします。期待してました。いつか成長するんじゃないかと思ってました。やっていなかったら今より悲惨だったかもなと思うようにしてます。
    半年前ぐらいから『うるさい』と反抗する様になり、本を読んで動かない事が増えました。多分反抗期なんでしょう。が、私の中でプツッと何が切れました。食事のマナー、身体も髪も正しく洗えなくて毎日世話が必要。シャツは中に入れない…など朝から晩まで指示して支えていました。だけど、『うるさい』と怒り出す様になって、私もイライラが止まらずわかっていても以前の様な気持ちで向き合えなくなりました。切り替えが苦手で、言葉の指示が通りにくい、先の見通しを立ててあげて…など理由はわかります。だけど、プツッと切れました。3日前からノータッチ。何も言わなくていいのは楽です。
    もちろん、母親としての仕事はします。だけど話す言葉が出てきません。会話が思いつきません。
    多分お互いに楽になったけど、これでいいのかはわからない。愛情が昔のようにない様に思います。目を見て笑顔で話せなくなってしまいました。

  • 匿名 より:

    ペアレントトレーニング良いかなと思ったのですが、読んでみて、これをしたところでどうせ何も良くならないと思ってしまいました…
    毎日投薬チェックややり忘れ防止にホワイトボードにマグネットをつけてひっくり返すのを一年生の頃からやっていますが、結局6年の今でも習慣化する事はありませんでした。頑張ってボードやマグネットを切ってマジックでイラストを描いた意味…と思いながら今日ゴミの日なので先ほど捨てました。もうボードに書かれてる事を忘れてもフォローは一切しないと本人に言いました。嫌いになりそうです。
    6年生なのに学校でトイレ行き忘れて玄関先でお漏らしもするし、家でもトイレ失敗するし、出先でもするし、食べ方が犬みたいに汚いし、下の2歳児の方がとても綺麗に食べるし、平気で言っちゃダメな事を言うし、オシャレしたがるくせにアトピーの保湿やケアはせず身体中掻きむしってそこを注意しても次の日には忘れて悪化させ何度も病院に連れて行かされるのもイライラするし、ろくに何もできてないのに注意したら態度悪いのも腹が立ちます。
    最近優しくできません。
    下の子は健常で問題なく成長しているから手がかかる歳ですが楽過ぎて怒る事が無く余計に比べてしまい上の子を怒りすぎている為今日はお菓子を食べながら色々お話ししようと思っていても顔を合わせたら怒らせるような事をして結局そんな気持ちにはなれず、フォローも出来ずにまた怒鳴るの繰り返しです。
    このまま通学中に事故にあってくれたら…と幾度となく思います。どんどん自分が毒親になっているようで死にたくなります。でも死んだら子供達が傷付くと思うとそれもできず、でも優しくもできず辛いです。死にたいけど死なない。

  • 匿名 より:

    ペアレントトレーニングは実際何歳ぐらいまで効果があるんでしょうか。
    小学低学年までならよさそうですが、小5の息子は声掛けなんかそもそも聞いてないか、聞こえても知らんぷりです。
    子どもが帰ってくると鬱になります。
    子どもだけでなく、子どもとまったく同じ傾向の夫もいる土日は、もうないほうがいい。

  • 匿名 より:

    自閉症スペクトラム、学習障害の小4男子。ペアトレ受けたら少し楽になるのかと考えても、自分にその余裕(気持ちも時間も)がないです。子育て楽しいなんて思えない。息子に「殺してやる!」と言われ、刃物持ち出される。ちょっと自分の思い通りにならなかったりするだけで怒り狂うのか理解できない。こっちも怒鳴るしかない。
    とにかくしんどい。

  • 匿名 より:

    ADHDの娘、六年生です。いつも怒ってばかり。冷静に注意したら舐めて生意気な態度と顔でちゃんと聞かない。結局我慢しても調子にのるから最後には怒鳴り散らしてしまう。反抗期とお年頃になり肝心なことはしないのにオシャレや雑貨作りは頑張っていて部屋は散らかり玄関は娘の靴だらけ…。幼児がいるので刃物や針をテーブルに放置されるのが一番頭にきます。怒るばかりではなく褒める事も頭ではわかっていても褒める事よりも余計なことの方が毎日10倍以上やるので褒めるのも嫌になってきました。。

  • 匿名 より:

    理不尽に疲れた

  • 匿名 より:

    ADHDの息子がいます。中1なのでやらなければならないことが増えたにも関わらず、できることが小学生の低学年くらいなので周りへ迷惑をかけることが多くなり気が気ではありません。
    2の好ましくない行動が3倍くらいに増えていて、1に書いたものは本人は馬鹿にするなと怒りそうなもよばかり…。

  • 匿名 より:

    ペアトレ受けたいのに市では、やっていない。ASD、グレーゾーンの育児が楽しくないです。

  • 匿名 より:

    ありがとうございます。何かヒントをいただきました。

  • 匿名 より:

    一年生の孫を叱る娘夫婦の事を思い浮かべて、孫が心配になります。この記事をうまく伝えられると良いのですが。

  • 匿名 より:

    21歳、18歳、14歳の子供がいます。
    なるほどそうだったのかと、腑に落ちることだらけです。もっと早くこの記事に出会いたかった!

  • 匿名 より:

    ADHDの子を持つ母親です。
    子どもは小学校2年ですが、毎日同じこと(朝顔を洗う、歯を磨くなど基本的な日常行動も)を言わないとできず、苛立ってしまうことが多く怒ってばかりで悩んでいました。
    書き出してみると、意外と1もあることに気がつきました。褒めると調子に乗り空回りしてしまうことが多いので、子どもにできていることは「よし!」認めるようにしました。
    2ならそこまで叱る必要もないのかもしれませんね。
    3のときはしっかりと叱る。メリハリを持って子どもに接しようと思いました。
    とても役立つ考え方だと思います。

  • 匿名 より:

    私も最近怒ってばかりで嫌になってました。
    早速やってみたいと思います。少しでも自分が落ち着けたらいいですね。

  • 匿名 より:

    学童保育の現場で、子どもの気持ちを中心に見守り安全配慮で過ごせるようにしたいのですが、一人一人の気持ちを優先するあまり、支援員がブレているということを痛感します。差別ではなく、気持ちを言える子どもと言えない子どもへの対応を、一人ではフォローしきれないからです。
    教室、学校、部活動というルール違反だから、注意したという時の、その子の気持ち。なぜルール違反したのか?聞き取れないうちにレッテルを貼る。そういうコミュニケーションとフォローが学べる情報発信と研修は、家庭と地域でも必要だと思います。嫌なことされた、した、どちらも自分以外の誰かの行動があって、自分も同じ事をしてしまう引き金になっている、だから、自分で考えてわからなければ聞く。それに対して大人は、常識だから、マナーだからで終わらせず、知らないなら教える。どう思うか、子どもに聴いて考える時間を作る。その子が知らないことを大人が知らずに、ただ注意や怒ることをしてしまいがちだから、子どもらからの声として、言っても無駄、どうせ聴いてくれない、につながる事を、日々目の当たりにして子どもの気持ちを無視しないことの、信頼を作るか壊すかの一瞬の判断をしなければならない現場の中で、繰り返し繰り返し、あの時が話を聞く時だったなと、反省して思います。取り返しがつかないように。そのための今回のLINEの取り組み、すごく気を使う事ですよね。答えは、わかってくれる大人がいる事なんだと思います。担任はイヤだけど校長先生は優しい、でも、副校長先生はいつも怒るから怖い。そんな受け止め方の中で、優しい校長先生と怖い副校長先生のバランスは、家庭でも同じですし、学童保育の支援員の役目も同じです。誰の言葉で自分を守れるか、探している子どもらに、親も教室も学童保育も地域も、全部が子どもに向き合う社会であろうとすることを当たり前にできる取り組みになりますように。そして、それが子どもを脅かす者への最強の味方と防御と反撃になることを祈る思いでおります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ