東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「産後クライシス」夫婦仲の悪化を防ぐには? 夫は「一番大変な3カ月」を逃すな!

(2018年12月4日付 東京新聞朝刊)
写真

塚越学さん(立っている男性)のアドバイスを受け、妻との関係について話し合う参加者=東京都港区で

 出産後、急速に夫婦仲が悪くなる「産後クライシス」。岐路となるのが第1子の誕生後だ。出産後も良好な夫婦関係を保つにはどうしたらいいか。育児のスタート地点で夫側がつまずきがちなポイントを教えるセミナーがあると聞き、訪ねてみた。 (今川綾音)

「離婚」が頭に浮かぶ女性はどれくらい?

 「産後、離婚が頭に浮かんだことのある女性の割合は、どのくらいだと思いますか?」

 11月に、NTTドコモのグループ会社「ドコモ・サポート」(本社・東京都港区)で開かれた「イクメン応援セミナー」。講師を務めたファザーリング・ジャパン理事の塚越学さん(43)が、参加した男性社員25人に問い掛けた。

 「答えは約半数です」。塚越さんは複数の調査データを紹介しながら「産後の夫婦が良好な関係を築けるかは、育児に手がかかる時期に夫がどう関わるかにかかっている」と説明した。

ホルモン影響と細切れ睡眠でヘトヘト

 出産直後に夫がしてしまいがちな対応は2つ。育児のスタートを一緒に切らないことと、「赤ちゃんはママが一番」と思い込み、育児を妻任せにすることだ。

写真

  前者は働き方の影響も大きい。産後の3カ月間、妻はホルモンの影響で心身が安定しない。その上、睡眠が細切れかつ昼夜逆転している新生児の世話で疲弊しやすい。


〈関連記事〉夫婦仲が悪くなる「産後クライシス」回避のカギは離乳食作り


 塚越さんは「産む性ではないからこそ、父親の自覚を養う特別な期間が必要。一番大変な新生児期を一緒に体験し、夫婦で親になるために、育児休業や有給休暇など使える制度を利用して」と呼び掛けた。

里帰り出産で夫が気をつけること

 妻任せの育児になりやすいのが「里帰り出産」。塚越さんは「実家の妻子に会いに行く際、祖父母からの『さあ1杯』という誘いに乗らない。泊まり込み研修と思って夜中の育児を経験すれば、妻は連続して睡眠が取れる」とアドバイス。「スタートで夫婦の育児スキル格差が生まれると、妻からダメ出し・口出し・手出しされることで多くの『イクメンのたまご』が死んでいく」と指摘する。

 「本当の戦いは退院後3カ月と知っていれば、夫も祖父母も職場も行動を変えられる。積極的に育児を担う男性が増えれば、産後うつや虐待、離婚、将来の熟年離婚まで予防できる」

写真

「イクメン応援セミナー」の講師を務めたファザーリング・ジャパン理事の塚越学さん

セミナー参加者の”地雷”体験…「お前とは仕事が違うんだから」

 セミナーでは、参加者が、妻との育児・家事分担の現状や、「妻の地雷を踏んでしまったと思った自分の言葉・態度」を書き出した。

 育児・家事分担を書き出すことで、「だいぶ妻に負担がいってしまっていることが分かった」という声も。「地雷」体験もグループで話し合い、「子どもが寝た後に家に帰る」「スマホやゲームばかりやっている」「お前とは、やっている仕事が違うんだから(と言ってしまった)」など、自らの言動を見つめ直した。

写真

「妻の地雷を踏んでしまったと思った自分の言葉・態度」を書き出す参加者たち

 受講した岡部将司さん(45)は「3歳の娘の出産時は有給休暇(有給)を2日取っただけだった。今考えると、長期間休みを取って育児のスタートに深く関われば良かった」と振り返り、「来年は幼稚園に入るので、勤務時間をずらすスライドワーク制度や有給を使って、積極的に送迎や行事に関わっていきたい」と今後の目標を話した。

 4月から長野市に家族連れで転勤した長瀬翔さん(31)は「妻は平日、2人の子にかかりきり。夜泣きでなかなか睡眠時間を確保できていないため、休みの前日などは自分が1人で夜泣きの対応をするようにしている」と話し、「社内の職場環境支援を担当しているので、同僚のワークライフバランスにも目を配っていきたい」と気持ちを新たにした。

 出産直前から3週間の有給を取ったという西谷準一さん(38)は「会社が取りやすい環境を整えてくれていること、部署でも快く送り出してくれたことにとても感謝している」と職場の後押しについて触れ、「生まれたての赤ちゃんの世話をしたことで、育児の大変さがよく分かった。協力ではなく、分担して夫婦一緒に育てていきたいと思えた」と振り返った。

放送作家・鈴木おさむさんが育休を取った理由は?

写真

 放送作家の鈴木おさむさん(46)=写真=は第1子の長男(3つ)誕生後、1年間の育休を取得した。子育て中のブログ読者のコメントから「子どもが生まれてからの過程で夫を恨んでいる妻が多い」と感じたという。

 鈴木さんの妻は、お笑いタレントの大島美幸さん(38)。女性が産後に陥りやすい状態を知っていたため、「無理難題」とも思える家事育児を巡っての妻からのダメ出しも、「これが話に聞いていた『産後のイライラだな』」と冷静に受け止められた。

 育休取得で、妻と向き合う時間が増えたと言う鈴木さん。「子が巣立った後、最後に残るのは夫婦。よい関係を築けるように育児家事のシェアや感謝を形にしていきたい」

 今年6月に刊行した著書「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)で、3年間の子育てや、出産によって変化した夫婦の関係をつづっている。

★鈴木おさむさんに、夫婦関係や育休についてインタビューしました。
【前編】愛する順番は「妻が一番、息子が二番」最後は夫婦の人生だから
【後編】育休で変わった夫婦関係と仕事 何かを諦め、何かを発見する

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2018年12月1日

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    20数年前に結婚し、長女5歳、長男3歳の時に妻が育児放棄で家を出て離婚。シングルファーザーとなりました。当時は無責任な奴だと憤っていましたが、この記事を読んで元妻の育児放棄は産後クライシスが原因だったのではと思い、無責任だったのは自分が先だったかもと当時を思い返しています。昨年初婚の方と再婚し子供も産まれましたが、当時の反省を生かして上手く家事育児を分担出来ていると思います。男女や個人で得意不得意が有ります。そこを補い合って家事育児が出来ると良いですね。

  • 匿名 より:

    育児や家事を母親だけがする時代は終わり!協力してやっていくべき! なら、家計費も対等に分担しましょう。ダブスタ女性が激増しているので男性は要注意です

  • 匿名 より:

    良い記事だけど、妻側も具体的にどうすべきか書いてないのは残念

  • 匿名 より:

    私は男で産後5ヶ月でほぼ離婚です。妻は産後里帰りして4ヶ月以上いました。子育ては全て出たがり義父母が中心でやりました。結果的に私の居場所は無くなりました。でしゃばり暇人の義父母のおかげで離婚です。

  • 匿名 より:

    怠け妻って…結婚やめたら?

  • 匿名 より:

    怠け妻を助長させてるみたいで腹がたつ。心の底から憎い。

  • 匿名 より:

    育児や家事を母親だけがする時代は終わり!協力してやっていくべき!それを男性が気づくべき!祖父母が気づくべき!母親にすべてを押し付けるな!女性ではなく男性がその事を発信してくれた。ありがとう。この記事の考え方が沢山の人に広まりますように!!!

  • 匿名 より:

    子育てが戦いと言ってほしくない、しかも赤ちゃんですよ…赤ちゃん相手に戦うのですか?綺麗事ではなく、赤ちゃんは1日1日、いえいえ瞬きしたその瞬間にも成長します。私は、二人の子どもを育てましたが、小さい頃ほど、楽しくて充実した毎日でした。イライラしたのは、一回。何故か泣き止まず、大人用ベッドにポイッと1メートルほどでしたが投げてしまいました。でも、翌日中耳炎だったと分かると赤ちゃんの我が子に謝りました。勉強不足の私が悪かったのです。しかも私は、保育士。不勉強に情けなくなりました。子育て楽しむには、赤ちゃんの成長を理解することです。病気も理解することです。分かっていれば、イライラも減ります。対処が分かります。妊娠する前から必要です。男女共に。小さい頃から、異年齢と関わり、赤ちゃんや子どもの成長を勉強すべきです。保育園~高校までの長いスパンで、経験を積みながら、学ぶ機会を設けるとよいです。親になるチャンスがなかったとしても、仕事や地域の中で、役に立つことができます。

  • 匿名 より:

    一年間も育休取ってくれたなんて、すごい。お金があるから出来るのかもしれないけれど、お金があってもしない人だっている。

  • 匿名 より:

    良記事につき自分の経験していることを少し記述。
    産後1ヶ月経たない頃に私が失神して数分間意識を失っていたというのに、次の週には同僚と泊まりでキャンプ。産後3ヶ月まで仕事が休みの土日は毎週昼間に一人でお出かけ。(大した用事があるわけでなく、一人で喫茶店に行きコーヒー飲んで本を読むだけ)
    子どもが泣いていても自分は携帯見てほったらかし。その割には実家に帰ったときはイクメンぶって抱っこしたがり、家に帰ってきた瞬間にベビーベッドにポイ。
    土日の夕食作りは夫が担当しているが、洗い物はしたりしなかったり気分による。そして食事作ってやってる感を出す。
    夜間授乳して細切れ睡眠であることも全くわかっておらず、「家事を完璧にしろ」「毎日遊んでる」と地雷発言。
    産後の無理がたたったのか、子ども10ヶ月でめまいがして動けない状態にも関わらず、労わりの気持ちは全くなし。気に入らないことがあったからと「離婚するぞ!」と寝込んでる私に向かって言ってくる。
    これらのことは一生忘れない。
    見せかけイクメンに注意。
    こんな男ども、世の中に必要なし。
    モラハラ男の横行している日本よ、もっと危機感を持って下さい。

  • 匿名 より:

    うちも、まさに産後クライシス。夫の全てにイライラする。なんで私がやらなきゃいけないの、自分のことは自分でやれ!と。作った食事にモンクつけるな。最近、そうゆうの、全部ちゃんと言うようにしてる。言われたくない言葉を無神経に言ったら、もうその場で反撃する。泣きながらもう実家に帰りたいと正直に話したら、かなり反省した様子で家事をやりはじめた。