「産後クライシス」調査でわかった妻の本音 夫婦仲が悪化する原因は? 夫が理解すべきこと、社会全体でやるべきことは?

(2019年11月18日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
〈ニュースがわかるAtoZ〉
 出産後、夫婦仲が急速に冷え込む「産後クライシス」。放っておくと離婚や2人目以降の出産をためらう要因にもなる。「家庭の問題」と捉えられがちだが、「男は仕事、女は家庭」という根強い固定観念や長時間労働を前提とした働き方も絡み、子の養育や少子化に影響を及ぼしかねない社会的な課題だ。11月22日は「いい夫婦の日」。最新の調査から夫婦関係を考える。

「夫を愛していると実感」する妻 0歳児期に74%→45%と激減

 「産後クライシス」は、本来は新たな幸せの始まりであるはずの出産を機に、良好な夫婦の関係が急に悪化する状態を「危機(クライシス)」と捉えた言葉だ。2012年のNHKのテレビ番組に登場したのをきっかけに、ここ数年で広まった。

 根拠となった数字がある。ベネッセ教育総合研究所が配偶者への愛情の変化を追った2011年の調査。夫を「本当に愛していると実感」している妻は妊娠期に74.3%いたが、0歳児期には45.5%に激減。子の成長に応じてさらに減る傾向にある。

図

愛情が赤ちゃんに向くから? いいえ、原因はむしろ男性にある

 産後に夫婦関係が冷え込むのは、出産を境に、愛情が夫から子どもに向くという妻の「心変わり」が原因とされてきた。ただ、男性の育児への意識改革セミナーを企業向けに開くファザーリング・ジャパン理事の塚越学さん(44)は、原因はむしろ男性にあると指摘する。「育児が始まった時点での男性の関わりの薄さと、妻が産後に陥る心身の深刻な状態への理解のなさこそが、妻の愛情を冷めさせる」

図

カラダノート「産後クライシス調査」2019年/乳幼児を育てる妻1202人にネット調査

 実際、産後まもない女性は出産による身体のダメージを抱えたまま、睡眠不足の状態で赤ちゃんを世話している。ホルモンバランスの崩れもあり、心身ともに不安定な状態とされる。

 夫婦での育児を後押しする活動「patomato(パトマト)」代表の狩野さやかさん(46)は、産後の夫婦の状況を「出産による環境の変化が、隣り合って暮らす男女で全く異なる。女性の側の変化は想像をはるかに超えて激しく、高負荷だ」と説明する。

写真

「妻の生活は産前産後で激変してしまう。夫も自分にできるところから行動を変えてみてほしい」と話す狩野さやかさん

 しかし、「日本の男性は、こうした女性の事情を事前に知る機会が少ない。知識と心の準備がないまま父親になってしまうことが多い」と塚越さんは問題視する。そして妻側も「本当は限界なのに、『お母さんはみんなやっていること』との思い込みから、SOSを発することをためらう人が少なくない」(狩野さん)のだという。

調査で分かった妻の本音 「生活が変わらない夫」への強い不満

 産後クライシスの態様はさまざま。今年9月に、子育てアプリ開発会社・カラダノート(東京)が子育て中の全国の母親1202人に「産後クライシス調査」を実施した。なかなか表に出てこない妻側の本音を聞き出したユニークな調査で、心身ともに大きな負担を強いられている妻が、「生活が変わらない」夫に強い不満を抱いている傾向が浮かび上がった。

 調査に寄せられたリアルな妻の声の中から、代表的なものを6つのテーマに分けて紹介する。
   

夫への気持ちが冷え込むきっかけとなった出来事や発言は?

妻のコメント「産後のつらさに寄り添ってほしいのに」 何度訴えても産後の体のしんどさを分かってもらえない。「子どもを見ておくし、家事もできるところまでやるから、気の済むまで寝て」と言ってほしい。(東京・37歳/夫35歳) 「そんなにつらいなら実家に帰ったらいいよ」と言われた。「一緒に頑張ろう」と言ってほしかった。(愛知・28歳/夫35歳) 子どもが泣き止まないのに、夫は寝てしまう。少しでもあやしてくれたり、「疲れているから寝かせてほしい」の一言があれば。(神奈川・32歳/夫31歳)

妻のコメント「夫だけ生活が変わらない」 泣く子を放置する夫を注意したら、「俺のやりたいことはいつやるんだ」と言われた。私は24時間体制で赤ちゃんのお世話をしているのに対して、夫は仕事に行けば休憩もあり、一人でぼーっとしたり食事したりできるのに。自分と同じように子どもファーストにしてほしい。(愛知・32歳/夫35歳) 私は妊娠前と比べるといろいろできなくなって極端に生活が変わったけど、夫はさほど変わらない。飲み会など、変わらずの回数と帰宅時間。私は家出余り物をちょっとした時間に立ちながら食べてるのに。たまにはゆっくり食べて、ゆっくり寝たい。(奈良・36歳/夫24歳)

妻のコメント「指示待ちにうんざり」 育児や家事をもっと手伝うように言ったら「言ってくれればやるのに、言わないからやっていない」と言われた。(千葉・30歳/夫26歳) 指示をしないと動いてくれない。ぐずっていると、抱っこしてあやすこともしていないくせに「おなかすいてるんじゃない?」と言ってくる。(静岡・27歳/夫32歳)

妻のコメント「私が全部やるの?」 料理を作ろうとしたら、「赤ちゃんは誰が見ているの?」。誰の子だよと思った。(埼玉・28歳/夫35歳) 「俺は働いとる。お前は育休中なんやから子どもと家のこと全部できなあかんやろ」。(石川・27歳/夫28歳)

妻のコメント「一人の女性として接して」 スキンシップや子ども以外の会話が減った。前と変わりなく愛情を伝えてほしかった。(東京・31歳/夫31歳) 話をちゃんと聞いてくれない。昼間は赤ちゃんと二人きりの生活で、話したいことがたくさんある。赤ちゃんだけでなく、私にも目を向けてほしい。(長野・26歳/夫25歳)

妻のコメント「こんなんじゃ第2子以降を考えられない…」 夫の家事育児の協力が少ないので2人目は無理。もう一人子どもができたら私が倒れる。(神奈川・30歳/夫31歳)

「妻一人では背負いきれない」という危機感を、夫婦で共有する

 深刻な産後クライシスに陥りがちな時期を乗り切るには、どうすればいいのか。狩野さんは「まず育児初期の家庭にかかる負担は、質量ともに、妻一人では背負いきれないと、夫婦双方が危機感を持つこと」と指摘する。

 この前提を確認した上で、次は現状に目を向ける。産前産後の変化を夫婦双方で書き出すと、互いの状況を客観視するのに役立つ。狩野さんは「自分のペースで食事や睡眠が取れているか、家族以外と会話することがあるかといった変化を挙げてみると、夫と比べ、妻が圧倒的な変化を強いられているのが分かる」と話す。

 こうして現状を把握したら、最後は家事・育児分担の見直しだ。妻はまず「一人では限界」と伝えよう。狩野さんは「夫はまず、妻が高負担で危険な状態と知って言葉をかけてほしい。そして少しでも家事を担えるよう工夫して」と方針転換を促す。

個人の意識改革には限界がある。企業や行政が制度を整えるべき

 育児休業などの制度を活用できればいいが、男性の育児休業の取得率は6.16%(2018年度)と伸び悩んでいる。千葉商科大専任講師の常見陽平さん(45)=労働社会学=は「子どもの誕生を機に働き方を緩められないのは、社内の人の目や男性自身の納得感も障壁になっている」と背景を分析。「個人の意識改革には限界がある。人生の一時期、働き方を緩めても不利にならず、職場も円滑に回るような評価や役割分担の仕組みや制度を、企業や行政の側が整えるべきだ」と話している。

すくすくボイス

出産後、夫(妻、パートナー)への気持ちが冷え込むきっかけとなった出来事や発言はありましたか? そのエピソードや「本当はこうしてほしかった」という内容を教えてください。逆に、うれしかった出来事や発言がある方も教えてください。

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    夜中の授乳時、疲れと睡眠不足から真横で赤ちゃんが泣いているのに気づけず起きられなかった。翌朝それを責められました。疲れてるんだと気付いてほしかった。2人の子供なのになぜ私だけが責められるのか。

  • 匿名 より:

    朝少し寝かせて欲しいと言ったら育児放棄と言われた。新生児で大変な時にガレージにずっと居た。自分の趣味を優先。めまいがしてると言って倒れているのに8ヶ月の子を置いて別の部屋で寝てた。別の日にも日中めまいがして起きれなかった時に義理の両親が遊びに来て私を置いて外食に行った。

  • 匿名 より:

    平日、私はご飯もろくに食べられないほど育児と家事を優先して自分のことは後回しで過ごしているのに、土日の夫は自分優先で過ごしていること。
    離乳食の準備を◯時までにしてほしいとお願いしてたのに、夫がのんびりごはん食べてる間に子どもが待ちきれなくなり、結局、離乳食を受け付けてくれず大泣き。おっぱいだけになってしまった。
    もともと離乳食への食い付きが悪くて悩んでもいたし、そうなることも伝えていたのにこの有り様で、ほんと腹が立つ。

  • 匿名 より:

    出産後すぐ息子が私の抱っこでしか寝ない時期があり、息子の横で旦那がゲームしていて私がお風呂に入ったらすぐに眠くて泣き出してしまいろくにあやしもせずに泣き止まないから早く出てきてとお風呂の前までつれてこられて体もほとんど洗えずに急いでお風呂を上がり髪もびちょびちょのまま抱っこを変わりました。ゲームが途中で早くゲームに戻りたかっただけ。泣いてても頑張ってあやしてくれていたら息子もそのうち信頼してなかないようになってくれるのにと情けなくなりました。毎晩毎晩夜中までボイスチャットでオンラインゲームをして声が寝室にまで聞こえてくるしただでさえ細切れ睡眠で寝不足なのに自分が眠たくなったらこっちの状況お構い無しに寝室に入ってくるので起きなくてもいいタイミングで目が覚めその後またすぐに子供が泣いたと思ったらガーガーとイビキが聞こえてきて子供もなかなか寝付かないし私もイビキが気になって寝れないしを繰り返してるうちに朝になり寝不足のまま子供をリビングにつれていきお世話開始。夜子供が泣いても全く気付かず起きることなく翌日旦那は昼近くまで寝ている。起きてきたと思ったら用意されたお昼ご飯食べてまたリビングで寝る。なぜお前が寝る!日中眠くなるなら夜早く寝て子供の相手してよ!って散々思ったし何回か話したけど治らなかったのでもう無理だと思って諦めた。育児なんて簡単でしょ。お風呂も一人で入れれるでしょみんないれてるんだから。って言われた。一人で最初から最後までお風呂いれたこと無いくせに。知らなそうだから教えてあげるね服脱がせて着せるところまでがお風呂いれるって言うんだよ。離乳食もミルクも私が用意したやつをあげてるだけ。それはやってるって言わないよ。準備も片付けも全部やって初めてやってることになるの。イクメン気取りもほどほどにしてほしい。

  • 匿名 より:

    元々同じ会社で働いていたので夫の職場の人間や労働環境がブラックなのは分かっていました。心拍確認後すぐ報告し里帰りしない予定なので会社に頼んで、泊まり勤務無し・育休も取得可能という事で会社がOK出し書類も提出し受理してもらいました。しかし産後やっぱり人が足りないからと育休は無し、退院すぐ泊まり勤務ばんばん入れられました。やっぱりかと落胆しましたが1番は夫が自己保守に走り何一つ断ってこなかった事です。初産で里帰りせず夫の帰ってこない家で赤ちゃんと1日中2人きり、ボロボロの体で命の責任が重くのしかかるこの状況夫には分からないでしょうね。

  • 匿名 より:

    14才・9才の娘がいる40代後半の母です。フルタイムで働きながらずっとワンオペ育児家事担ってきました。この記事はまんま私のことです。最近の若パパはずいぶん事情が違うと思ってたのに、記事やコメントを見るとあんまり事情が変わってないんですね。ガッカリしました。
    私の場合は
    ・長女出産後に流産。手術後、携帯着信音で麻酔から覚めたところ、夫が「俺の晩飯は?」と言うので殺そうかなと思いました
    ・古紙回収は何曜日だっけ?と10年聞かれ続けてお前も回収に出すぞと思いました
    ・転職を検討していたところ、俺は何もしないからな(家事育児やらないよの意味)と言われ、ハナから当てにしてねーよと答えました
    ワーママでワンオペ。綱渡りです。針のむしろです。修羅場です。
    しかし、夫は時間もお金も湯水のように自由に使います。既得権益は手放しません。私にとってそれらは海外から取り寄せる高級なミネラルウォーターのようなものです。生きるために必要なものですが、手に入れるために多くのハードルがあります。
    娘たちが大きくなったら一人になりたいです。夫の世話はしたくない。娘たちが結婚する頃には社会環境は変わっているのでしょうか。そのためには私も頑張りたい。

  • 匿名 より:

    私は子供が生まれて生活も考え方も一変した。
    でも旦那は生活スタイルも考え方も変わらない。
    そこに大きな隔たりを感じる。もっと言えば旦那だけ成長していない(父親になりきれていない)ように感じる。
    いつまでも恋人みたいなイチャイチャを求めてくる所も、そこに子供がいる事を分かってるのか?子供に見られてもいいのか?と疑問。恋人気分は卒業して欲しい。
    子供の成長に関しても「大丈夫大丈夫」「そんなに心配しなくても」と楽観的。子供の事が心配じゃないのかと思う。

  • 匿名 より:

    記事にかかれてるエピソード、そのまんまうちの夫だと思ってしまいました。いま8ヶ月と3歳の子供おり育休中ですが、夫 家事育児ほぼやりません。妊娠してる時もせまいトイレでお腹が辛く、悪阻で吐きながらトイレ掃除したり、お腹がはっていても上の子をあやしたりして結局切迫になりました。
    上の子が産まれた時も現在も何も変わりません。私が仕事してようが具合悪かろうが、夫は自ら何もしません。夜泣きしててもいびきかいて寝てるし、寝かしつけてると「うるさい!」と言ってきて、やっと眠りそうになった時トイレに起きて、わざと子供の枕外して起こすし。
    育休中のいまは「お前が育休なんだから家事育児全部やるのが、当たり前だろ」だそうです。だからと言って、私が復職しても何もしませんでした。休みの朝くらい寝かせてくれと言われるけど、子供より早く寝て、遅く起きて昼寝もしてふざけんな!と思っちゃいます。私は遅く寝てミルクやって家事して早く起きて、子供がいるから昼寝できない。子供が寝た時に家事をするから。夫に子供を頼むと、泣かせたまま自分はテレビ見たり昼寝してる。だから家にいるのはラクだと思っているに違いない。以前「じゃあお前が管理者やれよ、そしたら家事やってやるよ、俺と同じ給料稼げるのか」と言われた。短時間勤務でも、家事育児の労働時間のトータルは私のほうが多いから始まった口論だったが、腹が立ちました。同じ会社で夫は管理者、私も正社員。フルで働けば給料はたいして変わりません。そして育休のことも「男がとれるわけないだろ。あんなのとるの仕事なくしてもいいやつか、つかえないやつだけだ」とか言って、管理者がこんなんだから働くママは大変なんだと思いました。
    夫は家事育児やらないだけではなく、普段私や子供の話も聞かない。ただ話を聞くだけでいいのにテレビばかりみて「聞いてる?」と言うと「タイミング悪い」と言って聞く気がない。私は人が話していたら耳を傾けるのが普通だと思っているので、私って人間性以下なのかな?って考える。喧嘩の時、あなたみたいな人は結婚せず独りでいるべきだ、話もしないのに私たち一緒にいる意味はない、と言いましたが何も変わりません。子供が話しかけても聞いてないことが多く、私が間に入ったりします。上の子にたいして当りがきつく、ちぎったり、足で蹴る真似をしたり、ふざけて鼻血を出させたり、異常なんじゃないかと思うこともあり、いつも喧嘩になります。
    私の話をちゃんと聞いて欲しいし、私だってゆっくり眠らせて欲しい。ゆっくり落ち着いて食事させて欲しい。誰かが作ったご飯が食べたい。たまには誰か部屋を掃除してくれないかな?洗濯をたたんでくれないかな?お出かけしたとき、よそのパパが羨ましくみえる。みんな楽しそうに話しているのに、うちは私と3歳の娘が話してるだけ。黙って話も聞かず嫌そうにベビーカー押してる。悲しいというか虚しくなる。最近、夫が1週間入院し、いないほうがいいということが分かってしまいました。子供もパパがいないと泣くこともなく、私達のペースでご飯食べてお風呂に入って、就寝することができます。そうすると朝もきちんと起きて保育園に通うことができます。夫に期待したり、苛つくこともなく、子供イライラをぶつけることもなく、皆が心穏やかに過ごすことができたのです。
    夫から嬉しいことは何もされていません。ただ子供の成長を励みに頑張るのみです。

  • 匿名 より:

    泣くと、ホルモンバランスのせいだ。と、言われ、泣けなくなった。

  • 匿名 より:

    ・出産し退院して家についた途端、「(俺の)ラーメン作って!」と夫に言われた。
    ・夜泣きでヘロヘロで赤ちゃんおんぶしながらやっとの思いで夕食作ったのに、「(俺の)つまみは?」と夫に言われた。
    ・立ち合い出産で一回家帰って荷物取ってくると言った夫。生まれそうになって電話しても全然でなくて家でぐうぐう寝てた。
    …あれ、長男を産んだのに、すでに1番手のかかる大きい長男(=夫)がいたとは。。自分のことは自分でやってほしい。
    そんな大きい長男(夫)も少しずつ成長し、今や三児の父となり、育休も取得し、家事や育児にも積極的になりました。ひとり目であきらめなくて良かったです。

  • 匿名 より:

    第1子で母親だってネットや育児書見ながら必死で育児してるのに夫は指示待ち。なぜ指示しないと動かないのか聞くと、何していいか分からないし間違ってると怒られるからと。冷蔵してた母乳を温めないで飲まそうとするとか、育児書読んでいれば分かることを出来ないから怒るのであって、全ては当事者意識のなさが招いている。また初めての育児で不安と孤独の毎日なのに、たまたま夫の仕事が忙しくて帰りは遅く、私は毎日泣いていた。部署異動してほしい、育休取って欲しいと訴えたけどはぐらかされた。
    仕事が大事と言っても心身ボロボロの妻より大事なのか?とガッカリした。
    ちなみに家庭より仕事を重視した結果、離婚された同僚を目の当たりにして、考えがかわったようで、2人目の時にはかなり子育てに積極的になり、私の入院中も上の子と2人きりで過ごせるくらいになりました。上の子が大きくなって一緒に遊ぶのが楽しくなったそうです。

  • 匿名 より:

    妊娠出産からノンストップで続く育児と、産休明けすぐ復帰せざるを得なかった仕事。
    さすがに限界で体調悪いから少し寝かせてほしいと休みである日曜に頼んだが、いいよと口では言いつつパソコンに向かったまま子どもをあやしもしない。ぐずっているので耐えかねて寝かしつけ、私も横になったが、子どもの泣き声で目を覚ますと夫がいない。スマホを見ると、出掛けてくると一言LINE。ごめんの一言もない。
    さすがにありえないと伝えると、寝たからいいと思った。自分で寝かしつけてたからいいと思った。空気が悪くて家にいたくなかった。具合悪そうにされるとこっちまで具合悪くなる。等自分勝手なことばっかりで、逆ギレ。それまで二人で協力して育児をするために必死に伝えたり里帰りせずに頑張って来たけど、そのときもう疲れたからいいやと、何かが途切れました。
    相手に期待しなければ楽なのは分かっていたけど、『生涯のパートナー』にはせめて期待させてほしかった。
    実務を分担してほしいわけじゃなくて、ただごめんとありがとうの気持ちをお互いに持っていたいだけなのに。
    せめて息子のパートナーに将来こんな思いをさせないようにしたいと強く願っています。

  • 匿名 より:

    娘は1歳を迎えた夏、毎朝5時に起きていた。夫は仕事の関係で、朝は8時半まで起きない。その為私は娘に朝食を食べさせ、朝の7時頃から公園につれて行き、夫が起きる頃に家に帰り、夫に朝食を出していた。天気が悪く出かけられなかったある日、娘がぐずって泣いていた時、まだ寝ていた夫に「うるさい!」と怒鳴られた。
    その後も暴言に等しい発言が多々あり、家事も育児も全くしない状態だった為、娘が高校2年となった今年、離婚に踏み切った。私は娘が1歳9ヶ月の時に職場復帰し、フルタイム正社員で働きながら家事・育児を全て担いつつ、更に夫の分も含めた生活費をずっと負担してきた。その中で貯蓄し、娘の大学卒業までの学費の目処もたったので、今後の生活に不安がないとは言わないが、離婚したことに後悔は全くない。

あなたへのおすすめ

PageTopへ