杉浦太陽さん×産後クライシス【記事一覧】 夫婦の危機の乗り越え方 9つの質問に答えます

写真 東京すくすくオンライン講座 杉浦太陽さんに聞く 夫婦の危機の乗り越え方 全9回

 子育て世代が気になるテーマを楽しく学べるようにと、東京すくすく開設3周年を記念してスタートした「東京すくすくオンライン講座」。第1弾の「性教育」に続き、第2弾では、子どもの誕生後に夫婦仲が急速に悪化する「産後クライシス」を取り上げます。ゲストに4人の子を育てている俳優・タレントの杉浦太陽さんを迎え、読者の皆さんから寄せられた夫婦関係や子育ての悩みについて一緒に考えていきます。

4児の父 妻の辻希美さんと山あり谷あり

 「仕事と育児で24時間が終わるような毎日を過ごしている」という杉浦さんは、2007年に結婚した元モーニング娘。の辻希美さんとともに、中学2年生の娘、小学5年生・小学3年生・3歳の息子を子育て中です。結婚15周年を迎え、「大変なことはもう1周、乗り越えた」と振り返る杉浦さんですが、子育てのスタート期には夫婦のケンカも多く、離婚の危機もあったといいます。

写真 夫婦関係について話す杉浦太陽さん

 杉浦さんが、子育てのスタート期の夫婦のすれ違いについて語ったインタビュー「家族のこと話そう」は、開設3年目の1年間、すくすくで最も読まれた記事となりました。今回は、その杉浦さんをお迎えし、読者の皆さんの質問に答えていただくという形で、産後クライシスに陥ったきっかけや気づき、その後、夫婦関係を立て直すまでの歩みを詳しく聞きました。すくすく編集チームからは、編集長の今川綾音と、杉浦さんと同い年の谷岡聖史記者がご一緒しました。

 妻の立場からも夫の立場からも関心を持っていただける質問ばかりです。順次公開していきます。ちなみに、谷岡記者のイチオシは(1)、編集長・今川のイチオシは(3)です。(2)は、多くの家庭で「わかる!」「うちも!」とうなずいてもらえるのではないでしょうか。各質問の記事ページから、その部分の動画をピンポイントで見ることができます。

9つの質問の内容は…

  1. 「産後クライシス」はありましたか?3月5日公開
  2. 子どもが生まれ、夫婦のケンカが増えました。「こういう言い方をされれば素直に受け取れる」など、夫側の気持ちは?3月5日公開
  3. 1人目で手いっぱいで、夫を遠ざけてしまいがち。2人目、3人目もほしい気持ちはあるのですが、こういう時期をどうやって乗り越えましたか?3月6日公開
  4. 家庭のことに、どのくらい関わっていますか?3月7日公開
  5. 忙しい時、夫婦で話す時間をどのようにして取りましたか?3月8日公開
  6. 息子には夫のようになってほしくありません。男の子の子育てで気を付けていることはありますか?3月9日公開
  7. 男友達との付き合いや、仕事のやりくり、どうしていますか?3月10日公開
  8. お子さんたちのケンカには、どのように対応していますか?3月11日公開
  9. コロナ禍、家の中でどのように工夫して遊んでいますか?3月12日公開

写真 杉浦太陽さん(右)と話す今川綾音記者(左)と谷岡聖史記者

産後クライシスとは

 出産後に夫婦仲が急速に悪くなること、冷え込むことを危機(=クライシス)と捉えた言葉。特に第1子の誕生後に陥りやすいとされる。放っておくと離婚や第2子以降の出産をためらう要因にもなる。「家庭の問題」と捉えられがちだが、「男は仕事、女は家庭」という根強い固定観念や長時間労働を前提とした働き方も絡み、子の養育や少子化に影響を及ぼしかねない社会的な課題。

杉浦太陽(すぎうら・たいよう)さん

写真 杉浦太陽さん

 本名・杉浦太陽 (すぎうら・たかやす)。1981年3月生まれ、40歳。大阪府寝屋川市出身、東京都在住。2001年にドラマ「ウルトラマンコスモス」で主演を務める。2007年、元「モーニング娘。」でタレントの辻希美さんと結婚、現在は中学2年の娘(14歳)、小学5年(11歳)・小学3年(8歳)・3歳の息子の4児を子育て中。家族の日々をブログ・インスタグラムでも発信している。

 育児に関する受賞も多く、2011年には「ベスト・ファーザーイエローリボン賞」、2012年には「イクメンオブザイヤー」、2016年には妻とともに「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー」を受賞。「趣味の園芸 やさいの時間」(NHK Eテレ)、BS日テレ「旬感レシピ」、TOKYO FM「TOKYOこどもTIMES」などに出演中。

今川綾音(いまがわ・あやね)

写真 今川綾音記者

 1978年生まれ、埼玉県出身。中1の娘、小5と小1の息子の3児を子育て中。生活部で子ども・子育てを担当。東京すくすくの2代目編集長。

谷岡聖史(たにおか・きよふみ)

写真 谷岡聖史記者

 1980年生まれ、三重県出身。6歳と2歳の娘を子育て中。さいたま支局、社会部の警視庁担当などを経て、文化芸能部で歌舞伎や落語を担当。

2

なるほど!

7

グッときた

3

もやもや...

6

もっと
知りたい

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ