東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

誰もが虐待グレーゾーン…「子育ては一人では無理」 大日向雅美さんが説く母性観の幻想

(2019年11月5日付 東京新聞朝刊に一部加筆)
写真

「完璧な親なんていない」と語る、恵泉女学園大学長の大日向雅美さん(戸田泰雅撮影)

特集・変わりたいあなたのために
 児童虐待防止法が2019年6月に改正され、「しつけ」の名での体罰が禁じられるなど「子どもへの暴力はNO」という認識が社会に広がっている。一方で、親たちには「自分は大丈夫か」との不安が強まっているように見える。育児ストレスなどの研究者の大日向雅美・恵泉女学園大学長(69)は「完璧な親なんていない。一歩を踏み出して自分に合う相談先を見つけて」と話す。

子どもへの虐待、3種類の「ゾーン」で考えよう

 大日向さんは子どもへの虐待を「『ゾーン』を分けて考えることが大切」とする。日常的な暴力を止められず、児童相談所や警察など専門機関が関わる必要があれば「レッド」。そこまでではないが、親の強い不安感から子どもに矛先が向かう場合は「イエロー」で、保健所や子ども家庭支援センターなどが連携して支える必要がある。

 「誰もが足を踏み入れやすいゾーン」と大日向さんが挙げるのが「グレー」だ。子どもに適切に関わりたいと思っていても、ぐずりがひどいとか、自分が疲れているなど悪条件が重なると、思いがけず手を上げたり、怒鳴ったりしてしまうケースだ。

親が異常なのではない ワンオペ、主婦の不安…

 「親が異常なのではなく、ワンオペ育児だったり、専業主婦が社会に取り残されているような不安を感じたり、要するに環境の問題」と大日向さん。「子どもにとっては、グレーであっても暴力はつらい。だから、パパママには一歩を踏み出してほしい」と地域の支援窓口での相談するよう助言する。リフレッシュのための子どもの一時預かりの利用をためらう親もいるが、「浪費ではなく、優しいママでいるための必要経費」と活用を勧める。

 相談員との相性もあるため、「気持ちを分かってくれないとがっかりすることがあっても、あきらめないで別の人や相談先を探してほしい」と呼び掛ける。

写真

1970年代から育児ストレスについて研究してきた大日向さん。関連する著書も多い

忘れられない 鏡に映った「悪魔みたいな顔」

 2人の娘を育てた大日向さんも、グレーゾーンに陥った。長女が3歳の頃、保育園から帰り、疲れて洗濯をしている時に、駄々をこねてまとわりついてきた。「後でって言ったでしょ」と払いのけた手が頭に当たった。「娘は悪くないのに『ごめんなさいお母さん、良い子にするから』と謝った。鏡に映った自分の顔は悪魔みたいだった。忘れられない」

 育児ストレスを母親が口にすることすらできなかった70年代に比べ、今は社会問題として取り上げられる機会も増えた。でも、親たちの孤軍奮闘ぶりはあまり変わっていない、と大日向さんは感じている。だからこそ、苦しい思いを社会を変える力にしてほしいと願う。「あなたが弱いわけでも、悪いわけでもない。社会に解決すべき課題があるとのシグナルをキャッチして苦しんでるのです。それを社会に訴えていくことで、社会はきっと変わっていく」

完璧なお母さんなんていない。白旗を揚げよう

 多くの親の悩みを聞き、支えてきた経験から、父親たちにも「母親の同志として、当事者として育児をしてほしい」と呼び掛ける。そしてこう断言する。

 「母親はいつでも慈愛に満ちているはずという母性観は幻想。『自分1人で子育ては無理です』『家族も地域の方も一緒に子育てを見守ってください』と訴えて。負けではないけれど、白旗を揚げるの。完璧なお母さんなんていないんです」  

写真

大日向雅美(おおひなた・まさみ) 

 専門は発達心理学。1970年代初めに相次いだコインロッカーに新生児が遺棄される事件を機に、母親の育児ストレスなどを研究。2003年から東京都港区の子育てひろば「あい・ぽーと」施設長。9月に始まった厚生労働省の「体罰等によらない子育ての推進に関する検討会」座長。

 11月は児童虐待防止推進月間。虐待を防ぐため、親子を支えたり助言したりする人々から、子育てに奮闘する親たちへのメッセージを〈特集 変わりたいあなたのために〉として随時掲載します。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年11月5日

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    福岡県で育児に苦悩の日々を送る2児の母です。ネットで色々検索して、色んな方のお話を読ませて頂きながらここにたどり着きました。
    私は、根拠のない3歳児神話にまんまとハマり、3歳までは、3歳まではと手抜きをせず頑張って来た母親です。下の子が産まれても、2人とも3歳までは、、、と。それで4歳になった息子が「この3年間は何だったの??」という状態なり、私自身が潰れるような、、いえ、心はとうに潰れてます。でも目の前にいる2人の子の生活だけはちゃんとしなきゃって思う一心で今に至ってます。
    お兄ちゃんの魔の4歳期、、苦悩の日々は続くのに旦那はDVで、私の育児も家事も馬鹿にして、何か相談しても「お前が悪い」と馬鹿にし、「お前も世の中も間違っている!俺みたいに…」俺論を語り、子供の世話をしながら聞いていると「話をちゃんと聞いていない!」と殴る蹴る、、しかも彼の稼ぎでやって行けないので、私も働いてて、家事も育児もワンオペ。
    それでも子供を幼稚園に預けている事が子供に申し訳ないので、少しでも多く子供達と過ごす時間も取らなきゃっと考え、気付くと一日、育児家事と仕事(労働)の時間しかありません。1人の時間と言えば、通勤と子供の送り迎えで自転車を漕いでいる時間だけ。
    そんな状態の私は今朝子供達を園に送る自転車で、自転車のシートベルトを外す息子を危険だからと怒っていると、状況も知らない通勤中の40代半ばの男性に抜き去り際に「可哀想に、虐待かよ」と聞こえよがしに言われ、ここ数ヶ月の頑張りも何とか耐えていた心も完全に折れてしまいました。
    息子を幼稚園バスに乗せ、娘を保育園に預け、出勤したのですが、もう涙が止まりませんでした。結局、仕事も出来ず泣き続け、息子のお迎え時間にも足が震え行けず、預かり時間を延長しました。娘を抱きしめると心が震え涙が出るし、息子に至っては視界に入るだけで手足が震え、呼吸も苦しくなります。
    息子が居る時間が怖いです。いまの息子は怒らなくてはいけないような事を数秒おきにします。人の迷惑になる、、車にひかれる、、様々な理由があって怒らなくてはいけない状況がうまれるわけですが、、、今朝の男性の言葉に、呼吸も出なくなるほどショックを受けました。
    世の中、虐待だ虐待だと騒ぎ立て、前後の親子の状況や、子供のした事を知りもしない第三者が口出しをする。口出しというか、自転車の抜き去りぎわに「子供可哀想っ!!虐待かよ!!」なんて言うのは正当な注意ではなく、ただの誹謗中傷、それこそ言葉の暴力です。そういう心無い、育児がわからない人の言葉に傷ついた母親が、子供との関係を上手く築けなくなる可能性だってあります。それこそネグレクトにつながったり…。
    先生のように、折れた心に添え木してくださるような言葉を、きちんとお話しできる方でない限り、第三者が介入するのがこんなにも母親の心を破壊し、育児にも悪影響を及ぼす危険な行為だと身をもって経験しました。
    虐待法案が通り、ますます世間の目は子供を連れた母親に厳しくなりました。冷たくなりました。だから、声を大にして言いたい!発信してほしい!虐待ニュースは何千何万人のうちの1つであって、何千何万人の母親達は、苦悩しながらも必死に子育てをしているんだって、そういう愛情いっぱいの母親の心を打ち砕き、愛情が生み出せなくなるように追い詰める人を増やさないでください!!
    虐待法案も、メディアも、世の中の育児しない父親も、おかしいです!ダメです!無知すぎます。雅美先生、、助けて。。

  • 匿名 より:

    しつけとはいえ子どもに手をあげるのはしてはいけないとはわかっていても抑え切れないことがあります。児童相談所へ相談すればすぐ子どもは一時保護し母親と引き離すだけ。
    私は子育てサークルの先生や信頼出来る先輩ママ、自分の親に相談して助けてもらってます。

  • 匿名 より:

    自分がグレーゾーンもしくはイエローなのかもしれない、そんなことは頭では理解しています。
    でもどうしようもない。
    虐待夫から子供を連れて逃げて、一人で生計を立てて子供を育てている。時間に追われて食べさせて寝かせることで精一杯。夜も11時近くになれば怒鳴り付けて寝かせるしか手段がない。
    記事を読んでいると、たったそんな言葉や行動で虐待なの?とへこみました。自分はもっときつい口調で言ってる。
    結局日々を生きるのに必死で相談なんてする場所も時間もない。
    結局変わりたい私は何をどうしたらいいのか具体的に分からなかった。

  • 匿名 より:

    実際に虐待している親は、どこにも相談しないと思います。保健所などに頼ったら大ごとにされてご近所に知れたらと言う不安もあり、どんどん孤立していきます。