子どもをたたいてしまう、怒鳴ってしまうなら…「とりあえず電話して」 匿名でOK? どう話せば? 相談員に聞きました

子育て世代がつながる

イラスト

 「子どもをたたいてしまいそうなとき、誰でもいいから、ただ話を聞いてほしい-」。東京すくすくの記事のコメント欄は、子育て中の母親からのSOSであふれています。「話を聞いてほしいだけで相談窓口に電話をしていいの?」「何て言って切り出したらいいのか分からない」。寄せられる声からは、そんな戸惑いも見えます。全国の保護者から子育ての電話相談を受けている「子どもの虐待防止センター」(東京都世田谷区)のアドバイザーで臨床心理士の高田真規子さんに、どういうふうに相談したらよいのかを聞きました。
特集・変わりたいあなたのために

「ただ話を聞いてほしい」SOSのコメント続々

「気軽に電話をかけることができて、ただ話を聞いてくれる機関があったらうれしいです。追い込まれているのは大抵1人のときだし、知り合いにはたたいてしまったことなどなかなか打ち明けづらいので…」

「子どもへの暴言は、息子と2人きりのときに出てしまいます。こんなこと誰にも相談できません。匿名で、誰にも言えない愚痴や悩みを吐き出せる場があるといいと思います」

 -東京すくすくには、こういった声がたくさん届きます。子どもをたたいてしまいそうなときや、誰でもいいから話を聴いてほしいときに、電話をしてもいいのですか?

 はい。たたいてしまいそうになったら、電話をくださいね。1人で抱えていると、頭も気持ちもごちゃごちゃな状態になり、先が見えなくてつらくなってしまいます。誰かと言葉を交わしながら、自分の抱えている悩みを聴いてもらいましょう。

 聴いてもらうと、ごちゃごちゃになっていた頭の中や気持ちが整理され、気持ちに隙間が空き、ゆとりが回復してほっとします。私たちは、そのお手伝いをします。相談員に話すことで、自分の思いを聴いてもらい、自分自身も気持ちのゆとりを回復していきましょう。

<子どもの虐待防止センターの電話相談>
03(6909)0999(平日午前10時~午後5時、土曜午前10時~午後3時)

混乱した状態でいい。話をするだけでも違います

 -「相談の仕方が分からない」「どういうふうに切り出していいか分からない」という声もあります。

 考えがまとまらないまま電話をかけてくる方も多いです。それでいいんですよ。相談員は相談者の言葉を拾いながら「こういうことなの?」と尋ねます。そうしながら今の気持ちを受け止め、確認していくことが、相談を受ける側の一つの役割だと考えています。つらい思いがあふれてかけてきて、相談員の息づかいや相づちを聞くことで安心して、何も言わずに切る。そういう方もいるんですよ。

 「自分の気持ちや悩みを整理してから相談しなきゃ」と考えなくてもいいんです。自分が何を話したいのか、何をつらいと感じているのか、どうしたいのか、相談員とのやりとりで見えてくることもあります。

イラスト

 相談員は「こういうことかな? 違う? もし違ったら教えて」と相談者とやりとりしながら、気持ちにフィットする言葉を探していきます。主人公は相談者です。一緒に言いたいこと、抱えている気持ちを見つけるお手伝いをします。途中でだまる方もいますし、怒鳴る方もいます。相談員はそれらを全部受け止めながら、相談者の息づかいを感じて、言葉を紡いでいきます。

思いを言葉にすること自体に意味があります

 -実際にはどんなアドバイスをするのでしょうか?

 どのような機関にどのような形で相談をするとよいかなど、相談の内容に応じて具体的なアドバイスをすることもあります。

 でも、気持ちや考えをただ聴いてもらうことで整理ができて、相談者が「スッキリしました」「気分が軽くなりました」「たいしたことじゃないと思えました」と言って日常に帰ることも多い。それはとても大事なことだと思っています。自分の思いを言葉にすること自体に意味があります。

行政に相談するための「練習」にもなります

 身近な人に話すと「こんなこともできないんだ」と評価されたり批判されたりしそうだからと、相談をためらう人も多いと思います。センターへの相談は、名乗る必要はありませんこちらも、どこの誰かは聞きません。批判されるかもしれないと思うと、相談しにくくなりますよね。ここの電話相談は評価するところではなく、話を聴く・気持ちを聴くところなので、安心してかけてきてくださいね。

イラスト

 行政などの窓口に相談に行く際も、電話相談でいったん練習しておくと楽に伝えることができます。「こういう形で相談すると、分かってもらいやすいんじゃないかな」とアドバイスすることもあります。実際に行って窓口で対応する職員の表情を読んで、相談者がためらったり遠慮したりしてしまうこともあるので、「窓口で話しにくくなってしまったら、もう1回連絡をちょうだいね。どうしたら分かってもらえるか、もう一度一緒に考えましょう」と伝えています。相談者が自らの力で動けるようなお手伝いもします。

相談員もいろいろ。相性のよい人を見つけて

 -「相談したけれど、自分の役には立たなかった」「自分の子育てを否定されて、さらに追い詰められた」と感じたことのある人もいるようです。

 中にはそういう方もいると思います。「今日の相談員はダメね」と言って電話を切る方もいます。対面の相談は担当者が固定されることが多いですが、こちらの電話相談は匿名で相談できます。相談員も匿名で受けます。今のその気持ちを受け止めるので、電話の都度、相談員は違います。

 センターの相談員にもいろいろな人がいます。約50人の相談員は、子育て支援の相談員やケースワーカー、児童相談所の児童福祉司や児童心理司経験者、保育士や教員経験者など職業もさまざまです。皆、専門性を前面に出すのではなく、「隣のおばさん」のように話を聴いています。何人か相談してみると、自分と相性のよい人が見つかるかもしれません。「合わない」と思っても、ぜひもう一度、電話をかけてみてくださいね。

子どもの虐待防止センターの電話相談

 子どもの虐待防止センターは1991年、子どもとの関わりに悩む親たちを支えようと、子どもの虐待防止に携わる医師や保健師、弁護士などの専門職と市民が開設。これまで受けた全国の保護者からの相談は10万件を超えた。相談は、03(6909)0999へ。平日午前10時~午後5時、土曜午前10時~午後3時(日曜・祝日休)。

すくすくボイス

子育ての悩みを窓口で相談したことはありますか? 相談してよかったことや、残念だったことなど、体験を教えてください。

いただいた投稿は、東京すくすくや東京新聞など、
中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    窓口の相談員から私の身内から今年の4月から現在まで100回を越える相談の連絡があると連絡を受けました。
    子育てに身が入っていない状態で電話をしないと落ち着かない様子がうかがえて相談員一同非常に心配していますと連絡がありました。どうすればいいですか?

  • 匿名 より:

    まず、平日10〜5、土曜10〜3。。
    仕事をしてて到底無理。本当に聞いて欲しい時に誰も居ない。昔相談した事ありますが、「お母さんそれね〜、みんなそうだからね〜」の一言で終わった。こういう窓口があるのは助かりますが相談員の差がすごい。片手間のおばちゃんとか全然いる。
    合わないと思ったらすぐ切るべき。イライラするし悲しみと悔しさしか残らないから。で、違う窓口を探すかかけ直す。誰かに寄り掛かりたいけど、最後踏ん張るのは結局は自分。
    なんかもっと本当に辛い時に頼れるものはないんですかね。。

  • 匿名 より:

    相談したかったけど時間外…相談したい時に出来ないって…
    子育ては24時間365日休みがない。いつ何が起こるか分からないのに…
    投稿見ると対応して下さる方によって様々…救いを求めてるのにダメだよとか否定される事言われるなら相談するのはやめようと思いました。ダメなのは分かってるからだから助けて欲しいんですよ?分かりますか?

  • 匿名 より:

    子どもの虐待防止センターに電話しました。
    苦しかったので、すぐ解決したいと思いました。相談員の方が(いい意味で)休憩中に一緒にお茶を飲みながら話しているくらいの寄り添い方で、肯定してくれる安心感ややわらかい建設的な意見に、とても気持ちが楽になりました。
    私は「今日この後どうしたらいいと思う?」という相談をしたので、お話も聞きやすかったかと思います。

  • 匿名 より:

    電話相談しようかと思ったけど、コメント欄の経験談を読んでやめようと思った。
    よくあるとりあえず形だけの機関だけのようですね。

  • 匿名 より:

    電話相談の人によって、助けられたり、追い詰められたりすることがありました。
    『お母さんがそんなゆとりないとダメよ。』『お母さんが不安になると、子供も不安になるよ』『そんな言い方して、子供がどんだけ傷つくか』、、。
    わかってるんです。自分がいけないのは。ただ、聞いてほしい、受け止めてほしい、また前向きに子供と向き合えるようになりたくて。でも、教科書通りのことを言われ、責められると、本当に消えたくなりました。逆に、話をしっかり聞いてくれ、『わかるよ、そんな時あるよ!イライラするし、言っちゃいけないこということあったよ私も!』と共感してもらえると、涙が溢れて、気持ちが落ち着き、なんとかかんとか育児にむかえました。今日もイライラして、深呼吸しても離れてもダメでたまらず電話相談にかけました。ですが、男性の方が出て、『もしもーし?何かご相談ですかぁ?』と言われて。。子供を叩きそう怒鳴りそうと切迫してる中、子供に泣かれながら助けてとばかりに電話かけて、出られた男性の言い方にもっと苦しくなりました。

  • 匿名 より:

    保健所で相談したら、健診の度に腫れ物扱いの上、かなりの時間待たされる。周りの目も気になり、苦痛。
    精神科を勧められたけど、病気なのかな。
    みんなはどうしてるの?私が特別にクズ親なだけなのかな。

  • 匿名 より:

    4歳が何度も同じ事をしてきかなくなり、
    廊下に投げとばした。旦那にも行為と人格を否定され、自分なんて母親失格と自殺がちらつく

  • 匿名 より:

    電話したくて本当に藁にもすがる思いでこちらまでたどり着いたけど、時間外でした。夜中にやっている訳がないか…と思うけれど本当に切羽詰まる場合はそういう窓口が必要だと感じる。
    子供に手をあげられない、でもあげてしまった至らない自分。そしてどうにもならない思いは自分の頬を何度も叩いています。
    旦那は単身赴任中、自分の親は子供が好きではないので弱音をはけません。コロナの影響で毎日子供と家にいなければならず本当に辛いです。

  • 匿名 より:

    辛い。誰にも頼れず、子どもに当たって怒鳴って叩いてしまう自分が嫌。自分の母親みたいにはなりたくない。旦那にも失望されたくない。誰にもたよれない。死にたい。
    自分がいない方が子ども達は幸せになれると思うと辛い。

  • 匿名 より:

    全然繋がらない。今話聞いて欲しかったのに。何度もかけても繋がらず、もうお昼作らなきゃ〜と気持ちを切り替えます。

  • 匿名 より:

    <子どもの虐待防止センター>という名称自体がハードルになっているように思います。
    子育てしていく中で、時には声を荒げてしまう事こと、どうしようもなく手を上げてしまいそうになることなど頭でわかっていても感情が追い付かないこともあると思う。相談するだけでダメ親の烙印を押され、それをきっかけに虐待と判断され子供を奪われるのではと考え、相談できない人も多いのでは。

  • 匿名 より:

    時間が決まっているのがどうかと思う。日曜日は普通にお休みなんですね。
    こういうところとか、色々やることが中途半端だから、虐待は無くならないと思う。

  • 匿名 より:

    区のLINE相談中に、子どもが何回かウンチをしてしまい、バタバタ交換中に、また次回に、と寂しい思いをしました。
    内容は解決にはなりませんでしたが、気持ちを切り替えることができました。毎日電話してもらっていいといわれて気は楽になりました。

  • 匿名 より:

    1番イライラする寝かしつけの時間に相談出来ずに結局子供に手をあげてしまった。チャットでも良いから24時間相談を受け付けてほしい。

  • 匿名 より:

    今、聞いてほしかった。繋がらなかった。でも悩んでる人はいっぱいいるんですもんね。仕方ない。また溢れたらかけてみます。ダイヤルしただけでも、ここがあると知っただけでも、少し、救われました。

  • 匿名 より:

    地域の子育て相談に電話しました。最初言葉に詰まっていたら、相談員さんにもしもし?もしもし?とキツイ口調で言われ余計言葉を失いました…とりあえず話は聞いてもらいましたが後ろで高笑いする声が聞こえたりと嫌な感じでした、話終わると待ってましたとばかりにガチャンと電話を切られとても悲しい気持ちになり電話した事を後悔しました。

  • 匿名 より:

    働いていて
    電話かけられる時間帯ではないなぁ

  • 匿名 より:

    保健師さん、支援センターの心理士さん、保育士さん、栄養士さん、助けてもらっています。
    気持ちが楽になること、認めてもらえて嬉しいこともあります。話しただけでも違います。逆に自分の子育てを否定された気になってしまったことも。合う合わないもあるのでしかたないですが。
    助けは、今、必要なんです。ママは24時間365日休みなしです。
    同じように相談できるダイヤルがあれば助かる命があるのではないでしょうか。

  • 匿名 より:

    子育ては24時間休みなしです。電話の対応時間が決められていることに理解出来ない。仕事をしている人は相談すること自体のハードルが高くなる。相談者の目線での対応が必要なのでは?

  • 匿名 より:

    金曜日の昼間、このサイトに記載された、子どもの虐待防止センターに15回かけて、繋がりませんでした。その間、自分と同じように「いま」悩んで戦っている人がいるんだな、と思ったら、なんだか気持ちが落ち着いてきました。
    ほんの10分くらいだと思います。とりあえずかけてみて良かったです。また限界になったときにかけます。

あなたへのおすすめ

PageTopへ