「ほろ苦さも、育児の醍醐味」高野優さん(漫画家)

子育て世代がつながる

 東京すくすくの開幕、おめでとうございます! 

 最初、「東京すくすく」を「東京くすくす」と読み間違えてしまい(そろそろ老眼鏡が必要なお年頃)育児で疲れている保護者に、くすっと笑える話題を提供するのねと、ひとりで納得。わが家の3人の子どもたちは、「すくすく」どころか、気づいたら「どかどか」と大きく育ち、そろそろ完成形へと突入。こんなことなら、すくすく期をもっとたのしむべきだったなぁと、胸の奥がちょっとだけほろ苦い。そんなほろ苦さを抱えるのも、育児の醍醐味。

たかの・ゆう

 育児漫画家。大学生、短大生、高校生の三姉妹の母。最新刊は子どもたちとの日々を漫画とエッセーで描いた東京新聞生活面の連載「思春期ブギ」を加筆、再編集した「思春期コロシアム」。オフィシャルブログはこちら

 東京新聞の子育てサイト「東京すくすく」のスタートにあたり、日ごろ子どもたちとかかわったり、子育てを支えたりしているさまざまな分野の方たちからメッセージをいただきました。

あなたへのおすすめ

PageTopへ