ナチス強制収容所で子どもが描いた絵 「親子で見てほしい」約80点を展示 川越市立美術館

中里宏 (2019年7月24日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 第二次大戦中、ナチス・ドイツのユダヤ人強制収容所で子どもたちが描いた絵画約80点を集めた「テレジン収容所の幼い画家たち展」が23日、埼玉県川越市立美術館の市民ギャラリーで始まった。テレジンの生存者の取材を続け、各地での展示に関わっているノンフィクション作家野村路子さん(82)の地元・川越で初の本格的な展示。地域の女性たちでつくる実行委員会の主催で「特に小中学生に親子で見てほしい」と呼び掛けている。28日まで。
写真

収容所の塀を飛び越え、野原に遊ぶチョウを描いた作品。チョウは子どもたちの希望の象徴だった(作者のドリス・ヴァイゼロヴァーは1932年生まれ。1944年10月4日にアウシュビッツへ)=野村路子さん提供

遊園地の思い出、飛び回るチョウ 

 展示作品は、チェコ北部のテレジン収容所で親と離されて収容された10~15歳の子どもたちが描いた絵画。過酷な労働と粗末な食事で笑顔を失った姿を見た女性画家フリードル・ディッカーが、希望を持たせようと教えた。

 内容は、楽しかった遊園地の思い出や、自由に飛び回るチョウに思いを託したものなど。子どもたちのほとんどは、収容所で命を落とした。

 野村さんは1991年から、全国200カ所以上で展示を続けている。多くの関連本を出版していて、小学6年の国語教科書(学校図書)には作品「フリードルとテレジンの小さな画家たち」が掲載されている。

写真

「戦争はいつも子どもを犠牲にします。子どもたちの絵の前で、それを考えて」と語る野村さん(中)と、実行委の陸さん(左)、赤松敦子さん=川越市で

子どもたちの詩を基にした演奏も

 毎年、希望者10数人でテレジンやアウシュビッツを巡る旅も主宰。今回の展示は、旅に参加した川越市の女性たちが実行委(陸=くが=登美江委員長)をつくり、子どもたちが訪れやすい夏休み中の開催を企画した。

 期間中は野村さんが会場で説明をするほか、27日には午後1時半から、テレジンの子どもたちが残した詩を基に作られた歌約10曲を演奏するミニコンサート「テレジン もう蝶々(ちょうちょう)はいない」が、美術館アートホールで開かれる。

 問い合わせは実行委事務局=電話090(7828)4412=へ。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2019年7月24日

あなたへのおすすめ

PageTopへ