所沢は妖怪の街! 角川武蔵野ミュージアムで企画展、全国の300種類を紹介

加藤木信夫 (2021年6月1日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

妖怪たちを間近で見られる部屋もある=所沢市で

 妖怪をテーマにした特設展「妖怪大戦争展2021 ヤミットに集結せよ!」が、埼玉県所沢市の角川武蔵野ミュージアム・グランドギャラリーで開催されている。全国の「ご当地妖怪」や、3D映像のろくろ首が迫りくる「覗(のぞ)きからくり」などを楽しめる。

語り継がれてきた妖怪伝説

 雷や噴火といった自然現象から妖怪が生まれた変遷をたどれる「妖怪回廊」、47都道府県のご当地妖怪300点を紹介するコーナーなどがある。埼玉エリアでは、僧侶の姿で子どもを連れ去る「夜道怪(やどうかい)」、毛むくじゃらで人とも獣ともつかない「血塊(けっかい)」などのパネルを展示。覗きからくりでは、壁穴からのぞき込むと、「世にもおぞましい女性の姿に出会える」(広報担当)という。

 京の都や、最初の幕府が開かれた鎌倉に通じる道が整備された所沢は、古くからにぎわい、さまざまな妖怪伝説が語り継がれてきたことでも知られる。アニメや漫画などポップカルチャーの発信拠点を目指す角川武蔵野ミュージアムは、妖怪についても随時発信する方針で、今回もその一環という。

 9月20日まで。チケットのオンライン購入価格は大学生以上1600円、中高生1000円、小学生800円、未就学児無料。 

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2021年6月1日

あなたへのおすすめ

PageTopへ