「エンガブ」 Takassyさん 余命宣告された父に、自分はゲイだと告白しました

草間俊介 (2021年11月22日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
写真

ENVii GABRIELLAのTakassyさん(市川和宏撮影)

家族のこと話そう

出張の多い父 母は家中に写真を

 針のように細いピンヒールを履き、歌って踊る3人組「ENVii GABRIELLA(エンヴィ・ガブリエラ)」のリーダーです。YouTubeチャンネルへの登録者は16万人を超え、ラジオのレギュラー番組も。ファンは20~60代の女性が多いです。

 父母と妹の4人家族です。父は大手カメラメーカーのカタログなど広告ツールを手がけるデザイナー。専業主婦の母も出産前まで、同じデザイナーでした。2人はデザインの専門学校の同級生。母のほうが成績がよく、父は「デザインは俺より上かも」と母を尊敬していました。

 母は母で父が大好き、父は出張が多く、寂しさをまぎらわすため、家中に父の写真を張っていました。

 父は「デザイナーはスーツなんか着ない」と、いつもアロハシャツで出勤。かっこよくて、かっこよくて。「自分の好きなことを仕事にしろよ」と。高校卒業後に音楽の専門学校に進むのに反対はしませんでした。

父の言葉を励みに、音楽を続けて

 卒業後は派遣で働く傍ら、音楽活動を続けていました。「父が黄疸(おうだん)がひどく病院に行った」との連絡で駆けつけると、「がんで余命6カ月」。父は自然体で告知を受け入れていました。

 それまで、自分がゲイと伝えていませんでした。20歳で同性の恋人ができた時は、友だちと紹介していました。ただ隠し事をしたまま父が亡くなったら嫌なので、病院で「私も言うことがある」と告白しました。母が「何だ、そんなことか」と。両親とも気づいていたものの、言わないようにしていたのでしょう。

 父の病気で音楽をやめようかとも思いました。父は「おれのせいでやめないでくれ。死んでも死にきれない」。その言葉に励まされ、音楽を続けました。

 父は最期まで「苦しい」とか言わず、亡くなりました。父55歳、私25歳の別れです。

 それから10年余。大手レコード会社からメジャーデビューでき、記者会見もさせてもらいました。定職に就かず、結婚もせず、時に衣装代とか母に無心してきました。「迷惑をかけたので会見の場に来て」と、母に来てもらいました。

 会見の場に立ち、「やっと父に報告できる」とホッとしました。会見場では母と話をできませんでした。しかし家に帰ると、仏壇の前に私たちユニットのグッズがあり、線香をあげた跡も。母が父に報告してくれたのです。よし、がんばろう。熱いものがこみ上げてきました。

 コロナ禍です。私たちを見て「元気をもらえた」と言ってもらえるのがうれしい。明るく楽しく元気よくがんばっています。

Takassy(タカシ)

 神奈川県生まれ、音楽専門学校ボーカル科を卒業後、本格的に音楽活動を開始。2017年3月、総合エンタメユニット「ENVii GABRIELLA(エンヴィ・ガブリエラ=エンガブ)」を結成。今年10月、「Moratorium(モラトリアム)」を配信リリースしてメジャーデビュー。活動・配信予定などはENVii GABRIELLAの公式サイトで紹介している。

すくすくボイス

この記事の感想をお聞かせください

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

コメント

  • 匿名 より:

    素敵なご両親ですね。読んでてウルウルしてしまいました。これからも応援をさせて頂きます。エンガブの動画を見て、元気をもらっています。これからの活動活躍を楽しみにしています。

  • 匿名 より:

    元々エンガブ応援してたけど、もっと応援したくなった!!
    これからも輝き続けて天国のお父さんに届けてほしい!!

  • 匿名 より:

    尊敬する人を両親と言っていたTakassyママ。
    好きなことを仕事に出来るようになるまで子供を信じ、その意思を尊重するお父様。
    ご自分の中では一大決心だったであろうカミングアウトをさらりと受け止め笑ってくれたお母様。
    ママがご両親に愛されているのがよくわかります。
    本当に素敵なご両親ですね。

    この記事読んで改めてメジャーデビュー出来て、今は亡きお父様にも報告出来てよかったですね✨

  • 匿名 より:

    難治性の病にかかり数十年、未来も見えず心身辛い日々のなかエンガブに出会いました。美しく力強さの裏に沢山の悲しみや苦しみがある部分に惹かれました。衝撃でした。沢山笑って音楽も集めて目標はライブに行くことです。行くためには体力をつけたり心身の調子を整えること。生きる目標をくれてありがとうございます。

  • 匿名 より:

    ママの気持ちが通じます…昔から好きなので…そのお陰で生きていられます。

  • 匿名 より:

    社会人一年目です。社会にでて責任の重い仕事柄、疲れが溜まり、夢と現実のギャップに苦しんでいました。
    両親が私を信じて出してくれた教育費を考えると、元を取るまで辞めることもできません。
    そんな時に、エンガブさんの動画を見て、元気を貰いました。歌を聴いて、自分を奮い立たせて、今、働けています。
    傷ついても、夢を追いかけて叶えた姿に勇気を貰っています。素敵な記事ありがとうございました。

  • 匿名 より:

    僕もゲイです。親子の関係や兄妹の関係がこんなに素敵で、また父親をこんな風に尊敬できる家族関係をとても羨ましく感じます。
    うちは兄がいじめを受けて死に、父は働かず。離婚していなくなりました。母は兄が死んだときに気をおかしくして、僕を殺そうとし、死ね死ねと言い始めました。
    お前が死ねば兄ちゃんが生き返るはず。お前が死ねばあたしは楽になれる。お前は死ね死ね。
    その言葉と共に僕は生きながら死にました。暴力もたくさん受けました。そのたび、繰り返し死んでいきました。

    そんな僕がエンガブのファンになって、生き返りました。
    エンガブの3人のゲイだという共通項に始まり、真っすぐなお考えやら行動をYouTubeで見ていくうちに亡くなった兄を思い出しました。(実は兄もゲイでした。僕しか知りませんが)
    僕はエンガブよりも年上ですが、死んでた(気持ちが)時期を抜かすと年下でしょ、な謎な理論でエンガブの皆さんを尊敬しています。

    そんなタカシママの涙な物語なんでしょうが、僕にはうらやましく輝くお話でした。

あなたへのおすすめ

PageTopへ