息子も、家族もいてくれる。幸せに違いない。でも…〈清水健さんの子育て日記〉53

(2023年7月26日付 東京新聞朝刊)
blank

宿題やろう!とは言いたくない。でも、頑張れ息子、頑張れ父親です

清水健さんの子育て日記

息子の成長と、自分の活動への迷い

 いよいよ夏休み。息子はうれしそうに日にちを数えていました。楽しみだよな、僕もそうだった。親となり、さて、どうしようか。

 「宿題は!」。言いたくないけど、今年もきっと毎日、言っている僕がいると思う。算数の桁数も多くなってきて、丸つけにはメガネが必須になり、自分の年も感じるけど、2023年、今年だけの夏。

 最近、今、自分がやらせてもらっている活動について迷うことがある。息子の成長とともに、その迷いは大きくなっている気もする。僕自身は前に進めているのか。

 先日、高校生に向けての講演会があり、生徒たちの感想を先生が送ってきてくれました。みんなが、それぞれに感じたことを素直に言葉にしてくれていた。

 同世代のお父さんの前で話す機会もあった。おそらく、日々忙しいお父さんたちが「想像したことがない」「想像したくない」ことを僕は話したと思う。感想では「家族」という言葉を多くもらった。

 また別の講演会では、主宰するオンラインサロンの奥さまを亡くされたシングルファーザー仲間と、対談形式で当時の闘病生活、今の生活を語った。もしかしたら、思い出したくないことを思い出させたかもしれない。対談後、「清水さんはいつもこんなことを話していてしんどくないですか?」。本音だと思う。

 しんどい。つらいこと、後悔していることを思い出して話し、自分をいじめてどうするのかと思うこともある。でも、「久しぶりに当時を思い出せてよかったです」とも伝えてくれた。

 あえて話すことではないけれど、僕には話すことができる場所がある。

「今、幸せですか?」そう問われて

 ある高校生の感想の一部です。「僕は、今回の講演の感想を、うまく言葉にすることができません。言葉には正解がないから、何を言っても清水さんの思いに答えられないように感じます。でも、自然と、大切な人を思い浮かべていた僕がいました」。当たり前の毎日を特別な毎日に感じてもらえていたらうれしい。

 質疑応答で「今、幸せですか?」と聞かれたことがある。息子もいてくれる、家族もいてくれる。幸せに違いない。でも、一瞬、立ち止まった僕がいました。

 息子に講演会後に配布する資料の整理を頼んだことがある。何枚も何枚もふたりで一緒に。「パパの話、こんなに多くの人が聞くの?」。もう少し頑張ってみよう。幸せを伝えられるように。

清水健(しみず・けん)

 フリーアナウンサー。8歳の長男誕生後に妻を亡くし、シングルファーザーに。

4

なるほど!

49

グッときた

1

もやもや...

5

もっと
知りたい

すくすくボイス

  • 空 笑顔の写真 says:

    素直なお気持ちに我が家の過ぎた日を想い 生かされて来た時間が浮かびました。夫は高校教師をこの春35年務めさせて頂き 定年退職を致しました。家族それぞれ、色々な形がありました。

    悲しいニュースになるような家庭もやはりありますが、殆どは大切なお子さんを思い 夫も精一杯頑張る姿に感謝しています。しかし先生だけでは解決出来ない事が山積みでした。頭を抱える姿を見ている時 私はいつも 清水健さんの言葉を夫に伝え励みになったと言ってくれていました。

    我が息子は若くに亡くなりましたので、今幸せ?と聞かれたら…幸せになれるように毎日を大切に生きていたいと思っています。還暦を迎えた私ですが
    清水健さん 何よりも健康で夢を持って頑張りたいですね

    毎月の投稿が我が家の宝物です。ありがとうございます🙇‍♀️

    空 笑顔の写真 女性 60代
  • 南初子 says:

    清水さん、講演会お疲れ様です。
    息子さんも夏休みですね。息子さんも宿題が多くて大変ですね!仕事と子育ての両立をしている清水さんを尊敬しています。そして子育てで悩んでいることをシングルファザーさんに聴いて貰える場所があるのは幸せだと思います。子供さんに宿題を早くしなさいしなさいと言う毎日になるかもわかりませんが清水さんは頑張り屋さんだから頑張れると思います。あまりイライラしないでくださいね。そして息子さんと夏休みの思い出をたくさん作ってくださいね。これからも体に気をつけて頑張ってくださいね。応援しています。

    南初子 女性 70代以上
  • まき says:

    話すことで気持ちを整理できたり、当時を振り返ったり、後悔したり…色々な気持ちが湧き上がってくることと思います。

    私も父を亡くして、当時もっと一緒にいれば良かった。とか、こんな話したかったとか、今になって思いつくことばかりで、どっちかというと後悔の方が多い…。

    でも、人に話すことで自分の中の父への思いや、まだ元気でいてくれてる母との時間を大切にしないといけないことに気づかされたりするので、やっぱり話すことって大切だと思います。

    清水さんの飾らない話し方や、子どもとの接し方、子育て中の学びにさせてもらったり、いつもあたたかい気持ちにさせてもらえます。これからもご活躍されること、応援しています。いつか講演会を聞ける日を…。

    まき 女性 無回答

この記事の感想をお聞かせください

/1000文字まで

編集チームがチェックの上で公開します。内容によっては非公開としたり、一部を削除したり、明らかな誤字等を修正させていただくことがあります。
投稿内容は、東京すくすくや東京新聞など、中日新聞社の運営・発行する媒体で掲載させていただく場合があります。

あなたへのおすすめ

PageTopへ