東京すくすく

東京新聞 TOKYO Web
発達・健康
夫婦関係・祖父母
仕事との両立
孤独・孤立
ひとり親
保活
親子関係
おでかけ
スマホ・ネット・SNS
学習・受験
いじめ
~0歳
1~2歳
3~5歳
6~9歳
10歳以上
妊娠・出産
保育園・幼稚園
働き方
教育・学校
くらし
支援
病気・事故
家族

「11人の優しいお兄さん」が子どもを支援! 荒川区でボランティア活動

(2018年7月24日 東京新聞朝刊)
 20~40代の男性が中心のボランティア団体「バイタル・プロジェクト」が2018年春に発足し、荒川区で活動を始めた。ユーチューバーやフラワーアレンジメントの先生、法律事務所の秘書ら、多様な11人がメンバー。孤立しがちな生活困窮家庭、ひとり親、不登校などの子どもたちの「伴走者」となっている。

「お兄さんたち、すごく優しい」

 7月上旬の夕方、飲食店の「吉(き)まぐれ屋」(南千住一)に、小学生や母親らが集まった。週1回、5月からオープンしている子どもの居場所。児童らは夕食のカレーライスを食べ終わると、メンバーと相撲を取ったり、勉強したり。笑い声があちこちから聞こえる。小学6年生の男子(11)は「こんなお兄さんたちと会ったのは初めて。みんなすごく優しい」と笑顔を見せた。

子どもたちと一緒に食事をするバイタル・プロジェクトのメンバーたち=荒川区で

 理事長はYouTuber

 バイタル・プロジェクトは、吉まぐれ屋のコンサル事業をする檜沢大海(ひざわひろうみ)さん(33)、その知人のユーチューバーで理事長の向(むこう)祐哉さん(28)、副理事長の秋田博さん(46)らが中心。秋田さんはシングルマザーの家庭に育ち、ひもじい思いもしたが、近所の人に声をかけられ、ごちそうになったという。商店街で泣く子どもに誰も声をかけない最近の風潮を感じ、「昔の自分のような立場の子たちを支えたい」と居場所づくりを構想。2人や他のメンバーが賛同し、団体を設立した。

 荒川区社会福祉協議会によると、区内の子ども食堂や居場所の担い手は中高年が多く、若い男性が中心なのは初。視察したスクールソーシャルワーカーの鈴木洋子さん(46)は「若者だと話しやすい子どもも多い。多様な居場所が増え、受け皿が広がる」と期待した。

 居場所(月曜午後4~8時。食事代は子ども100円、大人300円)のほか、秋からは学童保育での運動指導や中学校、高校の運動部への指導員派遣などをしていく。秋田さんは「子どもたちに未来への道しるべを示したい」と意欲を語る。

 「あらかわ子ども応援ネットワーク」の「バイタル・プロジェクト」紹介ページはこちら

[元記事:東京新聞 TOKYO Web 2018年7月23日]