ストップ 子ども虐待〈高野優 思春期コロシアム〉あの子も同じだったのかな

(2019年2月15日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる

写真

大切な居場所

 高校生になって寮生活が始まる日、荷ほどきをしていたら、ほっとして涙がこぼれた。楽器とレコードとノイズがひどいオーディオだけの殺風景な部屋だけど、わたしにとっては、やっと見つけた大切な居場所。

 親だから、子どもになにをしてもいいわけではない。親だからこそ、子どもとの関係を丁寧に紡いでいくべきだと思う。闇雲(やみくも)に怒鳴られていい子どもも、殴られていい子どももいない。

 わたしたちがなにげなく瞬(まばた)きをしているこの瞬間も、どこかで小さな子どもが泣いている。その声に耳を傾けられる大人でいたい。たったひとりでも、本気で救おうとしたら救える命があるはずだから。

たかの・ゆう

 漫画家。真面目な(?)大学生、保育士を目指す短大生、サッカー漬け高校生の3姉妹の母

<特集「ストップ 子ども虐待 わたしたちにできること」トップはこちら

あなたへのおすすめ

PageTopへ