小中学生の学習、無料で支援します 国立のNPOが9月から 参加者・講師の大学生募集

竹谷直子 (2020年8月10日付 東京新聞朝刊)
子育て世代がつながる
 東京都国立市の認定NPO法人「ジャパン・カインドネス協会」は9月から、市内の小中学生を対象にした無料の学習支援を始める。参加者や勉強を教える学生らを募集している。協会マネージャーの渡辺かおるさん(54)は「勉強の習慣を身に付ける機会や学校以外の居場所として活用してほしい」と呼び掛けている。
写真

学習支援のチラシを手に活動を紹介する渡辺さん(右)=国立市で

毎週火曜、宿題などの教材を中心にサポート 

 ジャパン・カインドネス協会は、自動販売機を利用して寄付を集める「ゆび募金」を通じ、障害者スポーツや盲導犬の普及に取り組む非営利団体の活動支援などをしてきた。学習支援は、地域に貢献できる活動をしたいと企画。協会事務所内に専用のスペースを設け、参加者が持ち込んだ宿題などの教材を中心に学びをサポートする。

 名称は、リラックスできる居場所にしたいとの思いから「居心地の良い」を意味する英語を使い「くにたち Cozy Space」に決めた。渡辺さんは「来たいという子はみんな受け入れられるよう、一人一人の子どもに合わせて臨機応変に学習をサポートしたい」と話した。

 9月1日から毎週火曜日に実施。勉強を教える大学生、大学院生には交通費込みで時給1500円を支給する。申し込みや詳細はジャパン・カインドネス協会=電話042(571)2233=へ。

元記事:東京新聞 TOKYO Web 2020年8月10日

あなたへのおすすめ

PageTopへ