双子育児のリアルな声が続々!「前後に抱っこひもでガン見」「お人形遊びとオセロを同時に」

小野里美保 (2021年12月10日付 東京新聞朝刊)
写真

「ふたごキャラバン」で東京すくすくが出展したブース=東京都立川市で

 双子など多胎児を育てる家族が交流できるイベント「ふたごキャラバン」が11月23日、東京都立川市で開催されました。昨年に引き続き「東京すくすく」も後援し、ブースを出展しました。

 南家真紀子さんが双子育児をイラストとエッセーでつづる本紙の連載「MIRACLE TWINS」を展示したところ、来場者から「いつも読んでいます! 共感して泣けます!」というリアルな声をいただきました。「今だから笑って話せる子育てエピソード」も募り、手書きのメッセージが約100件も集まりました。

写真

たくさん集まったメッセージ

 「男女の双子で、ママと遊びたい事がバラバラ。お人形あそびをしつつ、リカちゃんの手でオセロをひっくり返してた」「離乳食、2人がピーチク・パーチク…、ひなにえさをあげる親鳥の気持ちでした!!」「前と後ろで抱っこひも、母は腰痛、周りはガン見。数年たてばそんな日もあったと懐かしい」など、双子ならではの情景が目に浮かびます。

 0歳児の双子を連れた母親から「ドタバタすぎてまだ笑えない…」という声もありましたが、大変だった日々もいつかは笑って話せる日がきっと来るはず。時間も余裕もない子育ての合間、ちょっとした息抜きに手軽に読んでいただけるように、東京すくすくのインスタグラムでは、集まったエピソードも一部紹介していく予定です。

0

なるほど!

1

グッときた

0

もやもや...

3

もっと
知りたい

あなたへのおすすめ

PageTopへ